修羅場

    113 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/04/17(金) 08:03:36
    疲れたんで書かせて下さい。

    結婚2年、娘1歳。嫁専業主婦。
    育児は大変だとは思います。

    俺がやってる事。
    朝ご飯の支度
    自分の弁当の作成
    風呂掃除
    ゴミ捨て
    仕事
    帰宅後の自分の飯準備(基本チン)
    嫁の夜食のうどん作成
    それらの後片付け
    明日の米のセッティング
    洗濯機のタイマーセッティング

    家に居る時は子供も見ます。
    オムツも替えます。
    ご飯も作ります。
    掃除機もかけます。


    俺が帰宅して
    「疲れた~」と言うと
    「私も疲れた~」と返してきます。
    その後台所には9割立ちません。

    嫁には嫁の言い分があるでしょうが、自分的には頑張ってる方だと思います。
    子供の事や言葉の事で毎日喧嘩します。
    お互い相手が何を言っても腹が立つような感じです。
    喧嘩の時は、どうしても声が大きくなりますが、返される言葉はいつもこんな感じです。
    「近所に聞こえるでしょ!!」
    「すぐに大きい声を出すー」
    「これだから男は…」
    「子供に良くないよ、こういうの」
    誰が怒鳴らせているのかとか関係ない、自分の主義主張が一番正しいと思っています。


    正直疲れたんで、書かせて貰っただけでも落ち着いて来ました。

    931 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/01(土) 02:12:24 ID:nhW72e6Y
    昨晩帰宅途中、パチ〇コ屋の駐車場から若い男が出て来て
    「ナントカカントカという高級腕時計です、仕入れの分が残ってしまい処分することになりました、お得だからぜひ見てください」
    とかなんとか言ってる
    うざいから無視して通り過ぎようとしたら前に出て肩を掴まれて同じことを繰り返す
    しつこいから「時計なんていらない」と振りほどいて行こうとしたら
    「見るだけでもいいからちょっとこっち来て」と体当たりみたいに抱きつかれるようなかたちに
    ちょと怖くなったのでどくように怒鳴ったら
    「どきませんよ、こっちだって必タヒなんだあ!!!」と大絶叫
    どうにか逃げて来たけど夜の10時過ぎにあれやってものが売れるわけないでしょ
    怖かったなあ

    914 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/01/06(火) 00:08:02 ID:eVJKSuCf.net
    すごく間抜けな修羅場。しかも長いですごめんね。

    夫婦で地方から東京へ旅行に来て2日目、ピンヒールで歩き過ぎて、足がパンパンで痛いのなんの。
    ヨチヨチ足で引きずるように一旦宿に戻った後、旦那が所用で一時間程別行動を取ることになった。
    そこで、その間どこかで足のマッサージでも受けてれば?良さそうだったら後で俺も行くしという旦那からの提案が。
    またヨチヨチ足で外に出て、一番近くにあったマッサージ店の様子をガラス戸越しにうかがっていたら、中から小さい子供がニコニコしながらガラス戸を開けてきて、否応なしに入店する羽目に。
    奥から「イラシャイマセー」とお店の人が出てきて、あ、日本人じゃなかったか…とやや戸惑いながら靴を脱ぎ、足コース30分を依頼。客は私一人。
    荷物を籠に入れ、足湯を少ししてもらい、身体にタオルケットと顔にタオルをかけてもらって施術スタート。
    これ客私1人だし、こういうときに私みたいな田舎者が寝てる隙に現金抜かれちゃったりしちゃうんだろーなー。やだなー、気になるから財布だけでも身につけておけば良かったなー。等と今一つリラックスできない状態で足を楺まれに楺まれていた。
    楺まれている最中、お店の奥の方から子供の声と、もう一人誰か大人の声がひそひそ何やら話している声が聞こえるけど、日本語じゃないから何言ってるか皆目わからない。何言ってるかわからないひそひそ話って不安になる。
    そうしているうちに、枕元のカーテンが少し捲れる気配がして、少しすると表のドアが開いて誰か外に出て行く音が。しばらくするとまたドアが開いて誰か帰ってきたみたい。そしてまたひそひそ話声。
    落ち着かないまま時間が来てしまい、「オチャドゾー」とお茶を出してもらい、気になっていた荷物を開けると
    財布がないんだなこれが。

    223 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/06/09(木) 16:58:37 ID:ULrObJRI.net
    親が自分の財布からお金抜いてるとこ目撃した時が修羅場だった
    足元のカバンゴソゴソしてたから猫かと思ってみたらニヤニヤした母だった
    おもいっきり見てるし言い逃れできないのに言い訳しまくり
    父に言いつけるも「とうとうやっちゃったかー」という感じ
    犯罪者と1つ屋根の下なんてゴメンだぜと仕事辞めて県外逃亡
    それ以来会ってない

    183 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/06/07(火) 01:41:39 ID:Ha0aozA+.net
    平凡な人生なんだけど、あれだけは超修羅場だったと思うから語らせて
    被害女忄生がいるからややフェイクあり
    10年以上前
    当日実家住みの20代前半OLだった私
    20時くらいに駅から徒歩で帰宅してたら、
    広い駐車場の隅っこにエンジンかけっぱなしの車発見
    とある会社の駐車場なので、その時間帯は使われないはずだから
    違和感あったんだけど、小さい声で「ヒィ~」みたいな、弱々しい声が聞こえてきた
    馬のいななきのすごーく元気ない感じというか、新生児の力ない泣き声というか
    子猫とも聞こえる声だったから、少し期待して近寄ったら、
    制服の女の子がおっさんの下敷きになってた
    咄嗟に「うわぁっ」て声でて、最初はカップルかと思ったので退散しようとしたら
    子猫みたいな声だった女の子が「あっああ~」って言葉にならない声上げるから
    もしかしてヤバイのではと気付く
    「何してるんですか!」ってめちゃ上擦りながら聞くと、おっさんは慌てて車に乗って逃げた
    なんか「ごめんごめん」とかボソボソ言ってベルトカチャカチャしてた
    知り合いのつもり装ったのかな?
    ドラマに憧れてたので車のナンバーは携帯に打ち込んでワン切りで記録
    車種は分かんなかったけど色と車名は記憶
    そして女の子に声かけた
    ボーッとしてた
    詳細は避けるけど本当に痛々しかったし、
    見ず知らずの女の子だけど犯人がめちゃくちゃ憎くなった

    220 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/25(火) 12:13:02 ID:xvktQeaX.net
    ある結婚式場で働いてた時の話。
    奥様が超いいとこのお嬢様、ご主人が大企業勤務の会社員の裕福なカップル。
    少しイチャイチャしすぎの感はあったけど、二人ともずっと笑顔でほんとうに幸せそうで、更には美男美女のとても感じがいいカップルだった。
    奥様の付き人というすごく美人な女忄生が毎回必ず打ち合わせに同行して、お金持ちってすごいなーなんて思ってた。

    式直前前撮りの日。
    ウエディングド乚スに着替えた二人がスタジオに入ってきたのを見て、スタジオで待っていた付き人が「お願いします、もう許してください」といきなり泣き崩れた。
    奥様は付き人の元へ行き満面の笑みで、
    「付き人を選んだのはあなたでしょ、私は他の選択肢もあげたじゃない。
    1億円払ってくれたって、事務所に連絡して裁判をしたってよかったのよ。
    でも泣く程辛いなら今すぐ他のに変更してあげるわ、1億円は払えないでしょうから事務所に電話しますね」
    付き人は更に大泣きをしながら土下座し、
    「事務所に電話はだけはやめてください、でも○○さん(ご主人)のタキシード姿をこれ以上見るくらいならしんだ方がマシで…」
    遮るように奥様が、
    「そうね、し/ぬのはいい考えだと思うよ!
    あなたの様な人間のクズはしんじゃえばいいの!
    ね、ね、私のド乚ス綺麗でしょ羨ましいでしょ、彼が選んでくれたのよ!
    この指輪も式場も素敵でしょ!
    この世で一番愛してる人の結婚式を近くで見れる機会を与えてあげた私に感謝しなさいよ!
    ほんとうにどうしようもないクズだよね、生きてる意味ないよ、しねばいいよ!
    ね、○○くん(ご主人)もそう思うでしょ!」
    少し強い口調になったもののいつもの笑顔で付き人を罵る奥様を前に、訳がわからないスタッフ達は止めに入る事も出来なかった。
    ご主人は引きつった笑顔で、
    「うん…○○(奥様)の言うとおりだね」
    なんて言ってた。
    その後付き人は自ら立ち去り、唖然としてる私たちを奥様がリードし、何事もなかったかの様に撮影は終了。
    それから付き人の姿を見る事はなく、こちらからも聞けないまま、式は無事終了した。

    377 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/10/26(水) 14:18:53 ID:esp7Tf6k.net
    十年ぶりにSNSを通じて連絡がきた男と付き合った。
    10年間ずっと好きだったと言われほだされた自分も悪かったと思う。
    付き合ってすぐにプロポーズ、誕生日には婚約指輪を買いに行こう、と言われ、80万程のリングを粘って40万で購入した。

    彼は地元にいて私は別の県で仕事をしていたため、遠距離恋愛だから頑張ろうと思って仕事に励もうと思っていたら、会いたいからという理由で家に勝手に来る。
    私が家にいる時ならいい、いない時に勝手に上がり込み酒を搔っ食らう。
    帰った頃にはもうベロベロ、酔っ払った時は㬥言、蒫別用語、他人批判のオンパレードだった。
    その時点で冷めた目で見ていたが、酒を飲まなければいい人だから、30手前で付き合ったから、ちゃんと結婚したいと思っていた。

    しかし酔っ払って職場にも電話をかけてくる、両親への㬥言、あげくの果てには男と寝て金を稼いでこいと言われた。
    婚約から半年ほどたったとき、収入は実は200万もないと言われた。
    あれだけ毎日きてたら、そりゃ収入はないだろうし、早く地元に来いと言われても、お金がなかったら生活できないからと言うと、地元でパートをフルで入れと。
    でもコンビニや試食販売は俺の嫁がそんな所で働いてると~とかよくワカラナイ理由で却下。
    そんな都合のいいパートなんてあるわけもない。

    一度、酔ってない時に話そうと言って電話で、今までこれだけ言われて、こんな事を言われて傷ついた旨を説明すると、そこから連絡がとれなくなった。
    ラインや電話、SNSを通じて連絡してもなしのつぶて。
    やがて三ヶ月だった頃に手紙が届き、婚約指輪を送り返せと書いてあった。

    長いので分けます。

    191 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/22(土) 20:11:06 ID:NZlX0YMh.net
    父親が事故にあったと連絡受けて病院に行った時からが修羅場
     結果父親は解雇され、父親の有責で両親離婚。
     父方の祖父母には散々嫌味言われたが、俺と妹は母親実家に引っ越した
     解決するまで2年ほどかかって、俺まで部分ハゲができた

    496 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/12/11(木) 06:10:26 ID:Jv0q3r2N.net
    先週のことだが出勤したら事務所は荒れ放題、部屋の中心には涙と鼻水で顔がぐちゃぐちゃのままうずくまる店長、椅子には疲れた顔のオーナーの
    状態だったので入った瞬間修羅場に突入したことに後悔したな


    後から他の人に話を聞いたらオーナーが店長に仕事を頼んだら「私はそんな一度に出来ないもん!」って発狂したらしい
    うちの店はオーナーと副店長が超有能だから店長が日頃疎外感を感じていたこともあってそれが爆発したみたいです

    その後の店長の「ごめんね騒がせて、、、」って痛々しい笑顔が見てて辛かった

    835 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/05/04(金) 13:35:25 ID:dp+mqi0f.net
    自分の母親が他人を修羅場にしてしまった話
    以下全て伝聞だが

    何年か前、母がいわゆる振り込め詐欺に遭遇した
    役所のものと名乗る人間から携帯に電話がかかってきて、
    「還付金の手続きがされていないのでこのままだとウン十万円を受け取り損ねます」と言われて信じてしまった
    母はそのまま電話の声の指示に従って、ATMで還付の手続き(実際は犯人の口座への振り込み作業)を行ってしまった
    ATMから吐き出された明細を見て、ようやく詐欺だと気づいた母はその足で地元の警察に駆け込んだ
    ここまでであれば、よくある振り込み詐欺で終わる話なのだが、
    警察で事情説明をしている時に再び母の携帯に詐欺師から着信があった事で事態はややこしくなる
    不審に思いつつ出てみると「まだ還付の手続きが完了していないようですが、どうされましたか?」と詐欺師は噛み合わない話をしてくる
    よくよく聞いてみると、母は詐欺師の指示を聞き間違えていて、指示されたのとは別の口座に振り込み作業を行っていたのだった
    しかもその間違えて振り込んだ口座が、本当に存在する口座で関係ない第三者に何十万円かが振り込まれてしまっていたのだとか
    この後は全部警察と銀行に丸投げして、しばらくしたらお金は帰ってきたのでそれ以上のことは知らないが
    間違えて振り込まれた第三者は修羅場だったことだろう
    申し訳ないやら、結果的にお金が帰ってきてありがたいやら、本当に迷惑かけたと思う

    このページのトップヘ