仕事・パート・アルバイト

    771 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2005/01/03(月) 16:58:55 ID:EB+ofv2v
    社長の息子である部長が逮捕された。
    詳しくは書けないが社長の息子である部長の悪事を俺が警察に密告したからだ。
    翌日の朝礼で社長の演説は気合いが入っていた。
    俺をはじめ、社員一同を整列させ、声を張り上げる社長。
    「愛すべき我が息子はなぜ逮捕されなければならなかったのか!」

    俺は小声で「坊やだからさ」と囁いた。

    42 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/11/15(金) 09:46:47 ID:5j38MYA4
    教授の勧めで学卒で入った会社がスレタイ。
    参考までに教授と会社役員A氏は同期の桜で、俺の大学の先輩でもある。
    新卒は毎年150名前後が採用され、男女比は8:2ぐらい。
    でも女子が揃いも揃ってブスばかり。
    何度か教授、A氏に飲みに誘っていただいたのでブスだらけのわけを聞いてみた。

    理由は簡単で、可愛い娘はすぐに結婚して退職するけど、ブスは残る。
    長い目でみると会社の戦力になる。
    事務や総務といった内勤がメインだから、対外的にも悪影響はないからとのこと。
    大局的にはそうかも知れないけど、怨念渦巻く魑魅魍魎のブス同士の世界知らないからそんなことが言えるんだ。
    全てを見てくれとは言わない。
    同じフロアの、僅か十数名のブス社員だけでもいいから、よ~く観察してみてくれ。
    ブス同士の派閥、足の引っ張り合い、貶しあい、負の要素だらけだ。
    経営者から見れば、決算報告の数字上では利益を生む人材なのかもしれない。
    でももう懲り懲りだ。
    「やる気」「向上心」「モチベーション」そんなものはすぐに削ぎ落とされてしまう。
    ブス同士がスクラム組んで自衛しているから、自然と男同士で固まる。
    自然とあちこちに見えないカベができる。

    他社に入社した大学の同期のSNSを見てると、ほんっとうらやましい。
    「○○プロジェクトが大成功に終わり、慰労のバーベキュー大会!お子さま連れも若い女子社員も大はしゃぎ!」
    「秘蔵セクシーショット満載!秘書課の女性.たちと海水浴に行ってきました!つづきはPASSを入力してね!」
    こういうノリ、こちとら入社してからただの一度もねえんだよ。

    「来年度から美人も採用しようか?」
    はいもう手遅れです。
    ブスのブラックホールが永遠に存在し続ける限り。

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/04/04(月) 18:48:47 ID:frZITYkXa0404.net
    なんで自衛隊にいた奴がまた行くんだよ…

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/01/28(木) 14:34:40 ID:Ke7WhaIWa.net
    取引先の営業だったから、入札から外したワイ有能
    あとから営業課長と土下座してきたけど3時間くらいほっといたわ

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/10/31(金) 12:08:47 ID:hGiUWdZik
    うちの社長が先見の明があったというか
    7年前に流行りのマタハラだので苦い思いして
    3年前で女雇うの辞めた

    雰囲気的には皆下ネタ言いまくれるようになって
    怖い人が丸くなって業績アップして皆余裕ができた

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/03/24(金) 13:42:59 ID:HmFj/lHRd.net
    昨日の夜思い出したらすげームカついてきたから
    会話の内容思い出して文章にして打ち込み終わった
    パワハラにもほどがあるわ

    俺「飲み会って強制参加じゃないですよね」
    上司「別に来なくてもいいけど」

    俺「なら今日も俺はいいです。酒も飲めないし」

    190 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/18(日) 18:38:42 ID:EWe
    職場の話。
    先代の工場長は無茶苦茶だった。
    まずケチ。経費の使用をまるでそれが自分の金であるかのように渋り、
    必要不可欠な備品の購入すらなかなか許可を出さない。
    パワハラは当たり前。少しでも逆らうと嫌なら辞めろ。通院したいと残業を拒めば人格否定。
    ある先輩などは新婚旅行明けに出社したら真顔で辞めたかと思ったと言われ、数か月閑職に追いやられネチネチ言われ続けたそうだ。
    当然蛇蝎の如く嫌われていた。
    また職場のパソコンでエ□動画を見ていることも周知の事実だった。
    対して今の工場長は慕う人が多く、皆一刻も早い先代の退陣を望んでいた。
    俺は下っ端すぎて関わりがなくさして興味もなかった。
    でもある時、喫煙所で先代と営業部長、俺の3人になった。残業が多い時期で営業部長も応援に狩り出され、すこぶる機嫌が悪かった。
    (うちは営業は残業代0 工場は満額支給)
    営業部長が俺に、お前昼飯の時2台機械見てるだろと聞いてきた。たしかに俺の部署は昼休み1時間のみそうしている。はいと返すと、
    じゃあ忙しいときは1人で一日やれるよなと悪魔の笑み。
    答えあぐねて先代を見るとこちらも悪魔の笑み。終わったと思ったら営業部長に一言、おまえこいつを辞めさせたいのか。
    営業部長は狼狽してそんなこと一言もとしどろもどろ。先代は更にお前の言葉は業務命令になる。それに逆らったら辞めさせるのがうちのやり方だろと追撃。
    嫌な沈黙が流れた(俺としてはやりこめられた営業部長が可笑しくてしょうがなかったがw)
    先代はぼそっと、一日2台なんかかわいそうでやらせられるかと呟いた。
    営業部長は残業代のことを持ち出していたが、面接で説明受けたはずだしそれを補う営業手当だと一蹴された。
    それ以来俺は先代が意外とはいい上司なのではと思うようになった。
    少し前に先代が去って1年が経った。
    今の工場長になって変わったのは備品購入が楽になったのと、工場への風当たり。
    前者はありがたいが、どんなに些細なミスでも始末書を書かされ、それによる給料の査定も厳格になった。
    しかし時折聞こえてくる営業や他の事務方のミスで始末書が出たという話はついぞ聞いたことがない。
    気になって若いのに聞いたら全て上司が握りつぶしているとのこと。
    以前ミスで先代に怒鳴り散らされたのを思い出した。工場に響き渡るような怒声で杀殳されるんじゃないかと思ったくらいだ。それでも始末書は求められなかった。
    営業は無茶苦茶な納期の注文を以前にもまして取り、またろくに利益も出ない細かい注文も増えた。その切り替えで現場は慌ただしくなりミスが増え始末書が舞う。
    また生産量の明確でない注文もじゃんじゃん入ってきて、これが一番始末に負えない。足らなければ朝まででもやらされ、
    余ればロスを出したと工場のせいにされて朝礼で吊し上げを食らうこともある。
    今の工場長は怒鳴らないしパワハラもないが、経営陣と一緒になって営業や事務方が工場のミスを責めると若手の実力不足だと嘆いてみせる。
    だんだん皆の心が離れていき、やっぱりと思いつつも早すぎだろと引いていた。
    泣かされた女性.社員、新婚旅行の件の先輩までもが先代の時代を懐かしむようになった。
    そしてこないだ一番先代を嫌い今の工場長を待望していた人が、悔しそうにあの頃は良かったと言った。
    その人以外はもう皆もう当たり前のように先代の頃が良かったと言っていたので、ついに今の工場長はまったく支持を失ったことになる。もちろん下っ端の支持なんてなくてもいいだろうがw
    たった1年で・・・というのが衝撃。

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/11/22(日) 11:04:45 ID:RPj1qD81.net
    人事部の上司なんだが
    この話需要あるか?

    724 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/02/14(月) 21:21:26 ID:aHHKTDyM
    >>714
    いい親子だなあ。帝国ホテルと聞いて、武勇伝ではないんだが書かせてくれ。

    10年ほど前、年に一度の新商品発表会があり、俺はプレゼン(主催者側)として参加した。
    出席者は会社の営業を始め、販売店のディーラーさんが全国からやってきた。
    総勢300人ほどが集まっただろうか、夜の部はというと宴会場で立食パーティだ。
    正面入り口にはオードブルが、そこを一辺としてテーブルがコの字に配置され、
    寿司、サラダ、フルーツ、ケーキ、飲み物なんかが山のように積まれていた。
    会議の性.質上、我々スタッフ部門は昼が、営業&ディーラーは夜の部がメインとなる。
    スタッフ部門が営業に巻き込まれると何かと厄介であることは事前に知っていたから、
    俺はそそくさとメインのオードブルから世界の三大珍味をとり、人だかりから離れていた。
    恥ずかしながら三大珍味を口にしたのはあの時が初めてでね、どんな味がするんだろう
    とドキドキしながら味わってみたんだが、正直言って期待外れだった。
    キャビア・フォアグラ・トリュフ何れも美味いんだけど、日本人の味覚に合わないとでも言うか。

    そうこうしている内に場の空気が段々と営業色に染まってきたから、俺は宴会場の一番奥に避難。
    正面入り口のオードブル周辺と違って、こっちは全然人がいない。さあ安心して食うぞ、
    と思っていたらお蕎麦のコーナーがあり、テーブルの奥には若い板前さんが立っていた。
    そこにはわんこ蕎麦のように二口ほどの冷たいお蕎麦がお椀に盛られ、汁と様々な具
    (ネギ、納豆、おくら、とろろいも、うずらの卵等々)が入っていた。
    適当に一つ食ってみたらこれがバカうま!
    「う、うめえ!!!」
    『ありがとうございます。まだまだありますのでどうぞ』
    誰もいないのをいいことに俺一人で70杯ぐらいは食ったかなw
    よくよく話を聞いたらこの板前さん、俺と同い年で今は修行の身でいずれは実家に戻って蕎麦屋を継ぐ
    とのことだが、そこがなんと俺の故郷と一致。すっかり意気投合して俺はお開きまでそこにいた。

    今でも年に数回、帰省する度にそのお蕎麦屋さんには必ず立ち寄り、
    同い年の彼は蕎麦屋の名店○代目として腕を振るっている。彼曰く、
    『三大珍味より美味いとバクバク召し上がっているお客様(俺)を見て、すっかり自信がついたw』とのこと。
    食い意地も何かの役に立つことはあるんだなw

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/02/01(月) 02:30:04 ID:Aaak4wb40.net


    楽しそうやん

    このページのトップヘ