因果応報

    564 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
    入院中の出来事
    隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性.の話
    この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
    最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

    毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
    薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
    「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
    男性.は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男性.に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
    「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
    「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
    「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
    「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
    「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
    「お前のせいだ、お前が悪い」
    これを来る日も来る日も繰り返してた
    男性.はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
    なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
    長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
    「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
    「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
    「私が先天性.の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
    「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
    「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
    「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
    という言葉を来るたびに繰り返してた
    娘さんたち、まだ若くて学生かな
    それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
    奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
    娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
    そのせいで俺が夜うなされたほど

    話をまとめると男性.は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
    そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
    それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
    「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
    次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
    その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
    「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
    と返されていて同情心が吹き飛んだ
    これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
    こう言いつつも三人とも男性.の身の回りの世話はしてたから女性.ってすごいと思う
    俺は先に退院したけど、男性.は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた

    701 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/08/13(木) 22:08:29 0
    私の幼馴染のAちゃんちの話です。
    AちゃんとAちゃんの夫、それに私と、後に出てくるBさんは小学生くらいから家が近所でした。

    Aちゃんははじめは近距離別居だったんだけど、トメさんが亡くなり、
    元気だったウトさんが脳梗塞で身体が動かなくなり、寝たきりになってしまったので、
    ウトさんの介護をするために同居になった。

    Aちゃんちはまだ小さい子供が二人いて、しかも一人が病気もちだったんだけど、
    Aちゃん夫は激務などで介護にはノータッチ。
    さらに、、Aちゃん夫のお姉さん(Aちゃんのコトメ)も、仕事が休みでも海外旅行に行ったりして何もしない。

    Aちゃんのウトさんはすごく優しい人(私も近所で、幼い頃優しい声を掛けてもらったりした)で、
    見捨てて置けないからAちゃんもめいいっぱい頑張った。
    でも、子供が病気というのもあり、どうしても24時間365日の介護はムリだったんだ。

    そこで助けてくれたのがBさん。
    Bさんは元看護師(しかも老人施設勤務)で、ヘルパーの資格もあるんだけど、
    今は優雅に医者の夫とDINKS生活を楽しむ専業主婦。
    Bさんは私とAちゃんの共通の友人でもあり、すごくしっかりしてて優しくて姉御みたいな頼れる人。
    このBさんが、週2~3日介護と家事の手伝いに来てくれることになった。

    もちろんAちゃんはBさんと契約書を交わし、きっちりお金を払うんだけど、
    Bさんのはからいで、本当に激安お友達価格。
    なのに仕事は完璧以上。ウトさんの優しい性.格もあってか、Bさんも「役に立てて嬉しい」と言っていた。
    介護と育児に疲れてげっそりしてたAちゃんも、Bさんのヘルプでみるみる回復し、万事上手くいってた。
    Aちゃんのコトメ2人が横槍入れるまでは。

    110 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/03/31(火) 13:34:30 0.net
    うちの義兄嫁、言ったことがすべて自分に返ってきている。
    義兄夫婦は義実家で同居、義兄嫁実家とも我が家とも近距離。
    私は生活に支障が出るほど生理痛が重くて通院している。一度義実家で倒れてしまったので事情を説明した。その時義兄嫁から、
    「女として終わりって感じだね。子供産めないんじゃない?」
    と笑いながら言われた。泣くほど悔しかったけど、義母と二人きりになった時ぼそっと
    「あの子は人に攻撃した事が全部自分に跳ね返って来る。今は耐えてあげて」
    と言われた。
    あれから数年経った後、私は子供がいるけど義兄嫁は病気に罹って子供がいないまま子宮摘出した。
    義母の言葉を思い出してみると確かにその通りになっていた。
    不況でうちの夫の会社が傾いた時、
    「無職まで秒読みだね!うちに集ってこないでよ?」
    と言った義兄嫁。夫の会社は持ち直したけど義兄と義兄嫁の会社(同じ勤務先)は駄目だったみたいでリストラされた。
    親族の子が顔に湿疹が出た時、
    「それ治らないよ~女の顔に痣って可哀想~」
    と言った。親族の子は痕も残らず完治したけど、義兄嫁は病気の後遺症で顔に赤いブツブツが残った。
    他にも日常の細かい嫌味が全部義兄嫁に返ってきていて、ちょっと怖くなる程だった。
    周りの人間はみんな義兄嫁の発言をたしなめるんだけど、義兄嫁自身は言霊とか因果応報を信じていないみたいで知らん顔してる。
    ド田舎だから付き合いを断ち切れない。そのせいで義兄嫁を子供の頃から知ってる人がたくさんいるけど、やはり若い頃から発言が自分に返ってきてるらしい。
    転勤で私はしばらく疎遠になってたけど、最近また義実家の近くに越してきた。久しぶりに会った義兄嫁に
    「これ新車?信号無視に突っ込まれそうなフォルムしてるねw」
    と言われた(付近で信号無視による交通事故があった。)
    その二日後に義兄嫁の運転する車に飲酒運転の車が突っ込んできて、義兄嫁は無事だったけど車は廃車になった。
    義兄嫁ももういい歳なんだけど、まだ跳ね返りは健在なのか…とちょっと関心してしまった。

    140 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/19(土) 05:00:41 ID:H20
    新卒で入社した会社で、先輩女子社員に酷い目に遭わされた。
    その先輩女性.社員Kさんは、私の3歳上。女優の南果歩に似たシジミ目。
    とにかく仕事をしない人で、協同でするはずの作業も八割以上は私に投げっぱなし。
    あまりのハードワークに先輩社員に相談したら、創業者一族の遠戚(コネ)だから、我慢するしかないと諭され…
    就職して二年半で胃に穴が空き、腹膜炎を起こしかけて電車で倒れて救急車搬送→緊急手術→入院。
    自宅療養中にパニック障/害その他諸々の症状が出たので退職した。

    うちは、祖父と兄が不動産屋を経営し、
    父と姉が不動産管理会社をやっている。
    私は、管理会社の方で働かせてもらうことにした。
    その後、中学の同級生と26歳で結婚。子供も2人産まれて、忙しいが平和な日々だったのだが……

    私が30代なかばになった頃、祖父の不動産会社が管理するマンションに新規入居者が入ってきた。
    あのKさんと旦那さんだった。

    私が朝、共同集積所からマンションの前にゴミをえっちらおっちら運んでると、後ろから声。
    「あら! 私さんじゃないの! あら、どうしたの?」
    Kさんは、意地悪な笑みをニヤァーッと。
    私が作業着を着て、ゴミを通りまで運んでるのを見て、嬉しそうに
    「あらあら、お仕事中なの? ご苦労様ね。うちのゴミもお願いね。がんばってー」
    二十代の頃の私だったら、その場で固まっていたか、うろたえていたかもしれない。
    しかし、私も子供を二人産んで、強くなっていた。
    「おはようございまーす! このマンションに引っ越してらしたんですねー!」
    会社勤めだった時と大違いの、私の大声にKさんは驚いていたようだった。

    384 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/08/05(金) 04:15:34 ID:qt7p2fbH0
    寝れないから最近成就した復讐でも書き込むか
    俺は中学の頃に不良に殴られたり蹴られたりされて常に青たん作りながら学校生活を送っていたのだが
    とくにかくそれが嫌で県外の高校いって親元はなれて頑張る生活おくってて土建業に就職することになった
    かなり重労働とキツイ営業で仕事と寝るかの生活を数年送って仕事やめて

    俺は実家へ戻り独立することにした
    仕事はびっくりするぐらい順調で数年でその地区の業界で有名な会社になったわけだが
    下請けの会社の代表が中学の頃に俺をいじめていた不良だった
    中卒で土建業に飛び込んで成功したようなこの業界ではよくあるパターンだ

    とはいうものの10年以上たってるし、復讐というよりは興味が湧いたので接触してみることにした
    こっちは仕事を不良に回す役割なので向こうにとっては一つの生命線でもあり、気まずそうに丁重に俺を扱ってくれた
    不良にも家庭はあるし復讐しようっていう気持ちを抑えていいお付き合いをしていたんだけど
    (というより俺が不良の会社切っても別に潰れたりはしないのはわかってたってのもある)

    527 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/03/03(火) 10:33:03 ID:npX
    結果的に復讐を継続してできているんじゃないか、って進行形の話。
    よくある話だと思う。

    俺には8歳上の兄がいるんだが、幼い頃からひどく暴力を受けていた。
    自分が親父に叱られた腹いせはもちろん、俺に関係ないことでも、何か気にくわないことがあったら動けなくなるまで殴られ、蹴られた。
    顔が青アザだらけで学校で心配されることもあった。
    俺はずっと、ひとつ屋根の下で暮らす兄に怯えて暮らしていた。
    「兄弟のこと」と軽く思われるかもしれないが、逃げ場もなく徹底的にボコボコにされる恐怖と憎しみを想像して欲しい。
    親父は、兄が武器を持って殴ってきた時だけ兄を叱りつけたが、それ以外は兄弟喧嘩として扱われた。
    父母に恨みはないが、高圧的で俺をサンドバッグ&パシリにしていた兄が大嫌いだった。

    そんな兄は二度の結婚をし、2人目の奥さんとの間に2人の子どもがいる。女の子と男の子。
    40過ぎてできた子どもだから、兄はそれはそれは溺愛している。
    子ども達の為にタバコをやめ、ビールは第三のビールに変えて、ローンで家と車を買った。
    仕事を休んでまで習い事の送り迎えもしているらしい。
    溺愛はしているが、言うことを聞かなかったり失敗したりすると手をあげるのが気にかかった。
    「子どもを叩くのはやめなよ」と言うと「何だと!?」と俺が殴られた。

    一方俺はアラフォーになっても結婚できず、盆や正月に実家に集まると兄に
    「結婚できないなんてクズだ」
    「まぁお前にはムリだ」
    「子どもの顔を見せないなんて親不孝しやがって」
    とニヤニヤ言われ続けた。
    俺は、歯向かっても殴られるだけだと分かっているからスルーし続けた。

    72 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/07/11(土) 16:26:01 ID:32.wm.L1
    田舎住まいの義母が、義父の逝去後に急激にぼけたので我が家に引き取り同居した。
    結婚した時からこういうこともあるかとある程度覚悟はしていたので、
    同居は受け入れたものの、認知症の姑と暮らすのは大変だった。
    嫁いびり+私実家下げされたせいで、もともと関係性.は良くなかったし。
    でもまぁ、介護保険のサービス色々使ってそこそこ距離を保ちながら、なんとか生活が回るようになったんだが
    夫の妹が口を出す出す。「もっと家族として受け入れてほしい」
    「認知症を進ませないためには、できることを減らさないで!一緒に家事をしてあげて。料理を一緒に作ったりして、暖かい関係を作って!」だと。
    フルタイムで働いて疲れて帰ってきて、ボケ糞姑(文字通り)と仲良し家族ごっこできるかよ!

    という感じで煩かったんだけど、ある時期から義妹の口出しが急に減った
    おかしいな?と思って親戚伝手で調べたら、義妹の夫のお父さんが脳梗塞やって麻痺・血管性.の認知症発症したらしい。
    義妹家にも、引き取り同居または通いで介護してとSOS来てるのを、必タヒで言い訳して断ってるようだ

    で、義妹に会うたびに「お義父様大変ですね。今が大事だから、家族として温かい支援をしないと」とか言うのが楽しい。
    義妹、ギーッとなって「うちの家のことだから関係ないでしょ」とか返してくるから、「そうですね、他人が口出しすることじゃないですよね」と真顔で言ったら、うつむいてモゴモゴしてんの。多少は反省してるらしい
    介護保険の使い方良くわからないらしくて、教えてもらいたいみたいだけど「調べれば分かりますよ」でスルーしてる。
    長年苦労して得た介護関係の知識やコツを、そうそう簡単に教えてたまるもんか。(近所の奥さんたちには簡単に教えてるけど)


    167 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/12/01(火) 18:32:07 ID:XXM
    兄が因果応報かな

    すごくデキた兄でさ
    勉強はもちろん、スポーツも水泳以外万能、顔もよかった
    しかもさわやかで優しい性.格で、女子からも一部だがモテた
    彼女をとっかえひっかえ…ということもなく、何人か変遷はあったが二股もない、誠実な付き合い
    兄は小さい私の面倒もずっと見てきた
    親にとっても兄は自慢の息子だった
    すごく期待してて、親は大学も最高学府が当然と思ってたし、将来は政治家か実業家か…と

    でも兄は裏の顔があった
    周囲の期待のストレスなのかな、今思えば
    妹の私を虐待しまくった
    拷問に近い
    痕がのこらないように、私に"痛み"を与える
    それが兄のストレス解消法だったんだね

    性.的な虐待とかは無かった
    というか性.欲あるかどうか疑問な雰囲気の兄だった
    痛みに対する反応だけが喜びだったような感じ、想像だけど
    私が痛みを堪えると余計に酷い目にあった
    かといって大げさに痛みを演じると、「ふざけるな」と怒鳴られて長引いた
    この痛みの虐待は6年くらい続いたかな

    でも兄が高3の夏、事故でタヒんだ
    皆はなんであんないい子がと惜しんだよ
    親は茫然自失

    でもたった数年で親はもうケ□リとしてる
    最初から居ないみたいな態度で、墓参りも私が言わないと絶対に行こうとしない
    それどころか全く関心がなかった私のことを唯一の子供であるように接してきてる
    葬儀で大泣きした兄の彼女は一周忌にすら来なかった
    兄のことを嫌ってた数少ない私の幼馴染は、「ペラッペラな人だった、うそ臭くて」と言った
    不思議とそんな幼馴染や虐待されてた私の方が、むしろ兄の話題を出すことが多かった
    でも、裏の顔を知ってるのは私だけ
    だから私だけが本当の兄を覚えてるみたいな錯覚に襲われる

    そういう私も、最近優しい彼氏が出来て兄のことはほとんど思い出さなくなってきた
    件の幼馴染も遠くの大学に進学してしまった
    プロポーズもされて家を出るつもりだけど、兄の事を忘れるだろうって予感をはっきりと感じてる

    若くしてタヒんだ事が、じゃない
    あれだけデキた兄がこんな風になにも遺さず消えていく
    それが、私を虐待してたことじゃなく、私以外の誰にも本当の顔を見せなかったことに対する因果応報だと思ってる

    270 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/30(土) 09:39:54 ID:YPm
    旦那とコンビニを経営してた近所のボスママ。
    彼女から、バイトの女の子に嫌がらせをし、クビにした話を自慢されたことがある。
    仕事やミスの押し付け、1日3時間ほどサービス残業の強要等した挙げ句、ある日突然シフトを削除。
    理由は自分がバイトの男子高生とホテルから出てきたのを目撃されたから。
    くだらなすぎてドン引きだったけど、共感しないと逆ギレされかねないから適当に流した。

    数年後、コンビニはライバル店のオープンと立地が悪さで客が減ったせいか閉店。
    その後ボスママを見かけない時期があったけど、最近市役所で再会。
    骨と皮だけの体に化粧っ気の無いしわくちゃな顔で、40代後半なのに20歳位老けてた。
    鬱になって無職らしく、愚痴を聞かされた。

    176 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/03/24(月) 09:06:57 ID:+3tacY820.net
    妹と俺の復讐
    高校時代、底辺と呼ばれる地域から市内一の進学校に進んだもんで、歪んだエリート意識の強い同級生のお坊ちゃん共にいじめられてた
    最初は殴る蹴るだったんだが、喧嘩慣れしてる俺としては他愛もないじゃれつき程度だったんで気にもしなかった
    そのうちノートに落書きだの机に花瓶だのといった精神的な嫌がらせに移行したが、負け犬の遠吠えだとこれも無視してた
    効果が無い(泣いて退学すると思ってたらしい)と焦ったいじめグループは、俺の妹を的にかけた
    具体的には中学生の妹を待ち伏せて集団で強カンした、これで俺も自分の甘さを思い知らされた
    妹は俺や父親も近づけない程の男性.恐怖症に陥り、親がブチ切れて警察に訴えるも対応最悪で更に引きこもる羽目に
    警察が何もしてくれないなら良いよね?というのが俺の感想だった
    だって罪はあるのに法が片付けてくれないなら俺がやるしか無いじゃないと
    だから登校して、そのままグループ連中を狩った
    当時の同級生曰く、あれは喧嘩とか暴力じゃなく虐杀殳だったと言われる勢いで
    泣こうが喚こうがお構いなしに、下着ごとズボンを引きずり下ろし股/間を強打しての公然玉潰し
    泡吹こうが漏らそうが一切お構いなし、しかもその間ずっと笑顔だったとか
    当然俺は退学、被害者()からも訴えられたが父親が強カンの件を持ちだして話を片付けてくれた
    確か慰謝料治療費等は払ってないと思う

    ここまでが俺の復讐

    このページのトップヘ