ハッピーな話

    726 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/10/11(火) 22:53:40
    このスレ新参者です。
    なんか言われた嫁さんみんな泣いてるみたいだけどマジ?
    にわかに信じられんのだが…。

    374 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/05/02(土) 05:18:17 ID:in.yg.L1
    自宅待機で暇だから、UVレジンを始めてみた
    通販サイトでスターターキットみたいな初心者向けのセットを購入したから手軽に始められたけど、初心者なので想い描いたようには上手くいかないけどとても楽しい

    小学生の時、液体のりを机の隅で固める遊びが流行ったことがある
    机の隅に液体のりを塗って、乾かしてから剥がして、作品とするような感じの
    男子はどれだけ広いものが出来るか、女子はどれだけ可愛いものが出来るか、各自試行錯誤していた
    広く塗っても剥がすときに破れないようにする工夫とか、可愛い形とか、ビーズを入れたりとか
    私は、どうにかして液体のりをぷっくりと盛り上がらせたかった
    透明で水滴のようにぷっくりしてたら可愛いだろうと思って
    私なりに工夫はした
    最初に一カ所にまとめて液体のりを出しておくとか、塗って乾燥させてはまた塗ってと重ねるとか
    でも完成したらペラペラになってしまって、全然成功しなかった
    まぁ、紙を貼り付けるための物なのだから、盛り上がったら用をなさないんだし仕方ないんだけど
    工夫しては失敗してがっかりする、を繰り返してた

    レジンはぷっくりと盛り上がる
    固形化した水滴のように出来る
    もうそれだけで嬉しい
    小学生の頃出来なかったことが出来るようになった気がしてトキメキが止まらない
    練習して、しっかり自分の思い描いているものを形に出来るように楽しみながら頑張りたいと思う

    661 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/11/05(月) 16:16:11 ID:gyb9DRoU0.net
    黒い過去と言えるか微妙だけどこの流れで

    うちも新婚早々に旦那がEDでレスになった
    (付き合ってるときは中折れしてるのに出たとごまかされていた)
    病院にも行ってくれないしサプリすら飲んでくれない旦那にイライラ
    どうしても子どもが欲しかったので旦那の味噌汁に色々な薬を盛ってた
    わざわざあかひげ薬局に赴いて購入した絶倫粉エンペラー、マカ、その他いろいろ
    途中からハマってしまい調合するのが楽しくて仕方がなかった
    匂い(獣臭)が隠せなかった日は今日は煮干しとカツオの合わせ出汁だけど入れすぎちゃった~とかごまかしてた

    今は娘がいて幸せです

    725 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/07/29(水) 11:21:07 ID:FQ.ms.L4
    私が長男を産んだ時の事なんだけど、分娩中に何故かルー大柴さんが降臨して「ベイビーは?ベイビーはカモンした?ねぇまだ?え、まだなの?メイビー?ベイビーはいつカモンするの?」と先生達に聞きまくってたのよ。
    自身の名誉の為に一応言わせてもらうけど、もちろん日常生活ではこんな事言ってないからね!
    2人目の妊娠がわかって嬉しいんだけど、またルー大柴さんが降臨したらどうしようかと戦々恐々としてる。

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/07/08(月) 23:03:08 ID:bqs

    どうしよう

    368 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/09/02(火) 18:15:32
    夫は教師。
    クラスに病気で手術を繰り返している生徒がいたんだけど
    次に入院することがあれば、もう命が長くないと常々言われてたらしい。
    そしてついに、入院せざるを得ない日がやってきた。
    夫はその知らせを聞いた日、帰宅したら
    2歳の息子を抱きしめておいおい泣いた。ご飯も食べずに泣いてた。
    夫の泣くところを初めて見た。

    あれから6年たって、こないだの週末。
    その元生徒さんがうちに来た。可愛らしい婚約者を連れてた。
    彼らが帰った後、夫はもう小学生になってる息子を抱きしめてまたおいおい泣いてた。
    息子が嫌がって逃げて、走り回って遊んでる姿を見て、笑いながらまた泣いてた。

    259 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/10/12(土) 20:07:34
    書き溜め終わったんで帰る前に投下

    元々俺が嫁にベタ惚れで付き合いだし半年でプロポーズ
    かなり渋られたが押しきって7年前結婚
    まだ嫁は学生だったが自分が卒業した後
    他の男にちょっかい出されるのが怖くかったんだ
    「絶対苦労させない」と約束し
    学校は半ば無理やり辞めてもらいそのまま専業主婦へ
    思えば嫁は俺のことは大して好きでもなかったんだと思う
    それでも新婚当初はそれなりに笑ってくれていたし幸せも感じてくれていた筈
    しかし2年目ぐらいからは完全にATM化したorz
    5年目以降ともなるとTVを見て笑う事はあっても
    俺に向けて笑顔を見せる事は完全に無くなった
    そして俺は結婚は人生の墓場と言う言葉を否定出来なくなっていた

    612 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/03/21(月) 16:32:45 ID:Z6r
    スカッととは違うけど、嫁の武勇伝を語らせてほしい。
    俺はもうあと数年で定年という年齢なんだが、嫁は俺より年下。

    今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。
    血筋としては俺の従兄弟とその嫁さんにあたる。
    車で一時間くらいのところに住んでいて嫁が妊娠しているときに助けられた理、逆に相手さんが妊娠しているときに助けたりとかなり仲が良かった。
    その夫婦の娘も俺ら夫婦の息子と年が近かったのもあってかなり仲がよく、子供特有の将来結婚するーなんて話もよくしていたのを今でも覚えている。

    そんな夫婦が亡くなったのは自動車事故だったけど、助手席に座っていた娘、A子とするけど彼女だけは無事だった。
    奥さんは後部座席の右側に座っていたのが原因で助からなかった。
    A子も酷い怪我で一年くらい入院していた。
    その間、俺親族、嫁、従兄弟の嫁さん親族全員が集まってA子をどうするかという話合いになっていた。

    嫁さん親族は既に年金暮らしとなった老夫婦で無理。
    俺親族、というが俺の両親もほぼ同様の状況。
    俺も息子がいて、高校生で大学受験を控えているため金銭面に余裕はないのでどうするかという話だった。
    そんな時に嫁が俺と息子にうちで引き取れないかという話をしてきた。

    俺は正直反対だった。
    金銭の問題ではなく、息子は思春期真っ盛りで、息子を信じないわけじゃないが男ならわかると思うが性.欲というのはバカにできないものがある。
    それにA子は両親を目の前で亡くしたショックで殻に籠ってしまっていて俺の手には余る話だと思っていた。

    そしたら嫁が、私は掃除府でも何でもしてお金を稼ぐ。
    息子の動向にも常に気を払う。
    全ての責任は私がとるといいだした。

    結局その言葉に負けて俺は承諾。
    けど息子は渋っていた。

    129 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/01/18(金) 10:58:15 ID:zlkRfWyl0.net
    俺は離婚してから一年後、20年音信不通だったど真ん中と連絡できて、付き合うことになった。
    向こうから 今さらだけどずっと忘れられなかった ずっと好きでいた 今も大好きなんて言われて感激した

    付き合ってから1日も欠かさず、LINEも電話もした

    付き合って1年経つ少し前に入籍

    入籍してから今は1年と4ヶ月。
    高齢出産ながらも元気な子供を産んでくれて。子供は6ヶ月半。デキ婚ではないんだよ。

    俺は場合はただただラッキーだったということ

    再度接点を持つのが1年、2年遅かったら…?
    この目の前の可愛い子供は存在しなかったかもしれない 嫁の年齢的にね

    ど真ん中と再婚して人生変わったよ
    それまでの人生はクソ
    今は毎日が楽しい

    782 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/17(日) 20:54:27 ID:JUIyeg75.net
    修羅場といえば修羅場なので投下させてもらいます。

    少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。
    バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。
    2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。

    父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。
    深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。
    お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。

    当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。
    父子の会話が明瞭に聞こえてきた。

    娘「これナホちゃん食べたいなー」
    父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」
    娘「ぎゅどんておいしいー?」
    父「うん、すごくおいしいよー!」

    呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。

    父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」
    俺「他にご注文は?」
    父「以上です」

    え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。
    この父子をよく見れば、父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。
    娘はもう5月も終わる時期なのにスウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。
    荷物は汚い大き目のリュックひとつ。
    明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。

    続きます

    このページのトップヘ