アルバム

    108 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/02/19(火) 21:55:40 ID:VSqNHVG0.net
    ボランティアでアルバム制作・お別れ会企画してる人が、お迎えで皆が並んでるところに来て「○○できます?お別れ会でやってくれる人捜してるんですけど~…」と聞きにくる
    先生達に内緒で素早くコソッと聞きたいのは分かるけど、普段話したこともないのにいきなり用件だけ言われて断るとハイワカリマシタ~って去っていくのって失礼だと思わないのかな?

    548 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/11/17(金) 18:28:22 0.net
    「義実家への」ではなく相手は義姉だけなのでもしスレ違いならごめん。そして長くてごめん。
    長いと言われたので分けます。
    (1/2)
    当時の義姉は38歳で20年くらい外に出ていないらしい究極のひきこもりだった。
    ウトさんは、わたしと旦那が出会う前に亡くなっている。
    トメさんに「義姉がこんなんだから、私のことは気にせずにあまりウチには来ない方がいいよ」と言われてたんだけど
    「来るな」じゃなかったし、結婚前から旦那抜きで2人で遊びに行ったりしててトメさん大好きなわたしは月1~2くらいで旦那と会いに行ってた。
    そんなある日、いつも通り遊びに行くと、義姉がギャーギャー言ってるのが聞こえて慌てて家に入った。
    そこではじめて義姉のトメさんへの暴力暴言を見てしまった。
    「はやくメシ作れよクソババァ」だの「課金するから金よこせ」だの、それはもう聞くに堪えない言葉ばかりだった。
    旦那が義姉を止めて、わたしはトメさんを救出。
    この日この時までトメさんが義姉にこんな酷い事をされてるなんて知らなくて、呑気に遊びに誘ったりしていた自分を責めた。
    あとから聞いた話だと、旦那が就職とともに家を出た頃から暴言などが始まったらしく、
    「息子(旦那)に知られると嫁子ちゃんにも知られて結婚の話がなくなるかもしれない」
    「こうなったのは自分の責任で、自分が我慢すればいい話」と思って今まで旦那にも言えずにいたそう。
    こんなやりたい放題の義姉と一緒いたら、いつかトメさんがタヒんでしまうと思って、
    旦那が義姉を義姉の部屋(2階)へ連れて行って説教している間に、わたしが勝手にトメさんを家に連れて帰った。

    659 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/27(水) 09:07:21 ID:dhpVAeUQ.net
    姪御さんが1歳にならずに突然タヒしてしまったらしい知人
    なんかよくあるらしい?原因不明で朝起きたら…だったらしい
    それは痛ましいことだし、話聞きながら同情してたけど
    「これがね、お葬式の写真なの」
    ってアルバム出された時はさすがに「いやどうしろと!?見るのこれ!?」と内心パニック
    赤ちゃんだし、文字通り眠ってるみたいで痛ましいけど…○体じゃん……写真って…
    本音はぎゃああやめろバカ!ながらなんとか平静を装ってアルバムを開いて
    視線だけさりげなく外し気味にめくってたら
    「ほら、ここの前髪がこんなにかわいくて…」
    って、確かに赤ちゃんだからかわいいけど、だからお棺の中の○体…

    なんとか終わってホッとしたら、2冊目が出てきた(涙)
    (涙)←ほんとにこの記号を使いたいほど泣きたかったんだよ…
    堪えて2冊目を見てるふりしながらうんうん頷いて終わらせる

    3冊目も出てきた
    なんかもう言葉もない体験だった

    989 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/12/03(水) 05:02:40 ID:9tJLOBth.net
    皆で友人Aに結婚祝いを送ることになった
    5人以上いるのでスケジュール的にも1ヶ月半後に渡す算段で…と思っていたら
    自称Aの親友であるBが「常識的に考えて1ヶ月半後とか遅すぎるだろ、二週間以内!」と主張
    仕方がないので二週間以内で渡せる状態にしてBに預けた
    (自分から直接Aに渡すと言うので)
    それから三ヶ月後、Bに「まだ渡せてないのごめんね☆」と軽~く謝られ、
    最終的にAの手元に渡ったのは半年後でした
    (手作りボードやアルバム、ムービーのような金にならない物なので着服しようとしたわけではない)

    思えば学生時代も、「豪華なムービーとプレゼントで恩師を祝いたい!」
    →アイデア出さない、出たアイデアや下見してきたプレゼント案にも反応しない子だった…

    このページのトップヘ