オカルト

    727 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/08/18(木) 22:41:31 .net
    式では、出席できなかった親族の手紙を代読することがあります。
    そのときに依頼されたのは、花嫁さんが13歳の時に亡くなられたお父様の手紙。
    結婚が決まったときに渡して欲しいとお母様に託されていたのだそうです。
    初顔合わせの時にその手紙をお母様からお預かりし、結婚式当日まで目を通すことがなかった花嫁さん。
    こちらとしても責任重大です。
    厳かに、娘を思う父親の気分になって読み上げました。

    「久しぶりだね、手紙からだけど話しかけることができてうれしい。
    結婚式には父がいなくて申し訳ない、一緒にバージンロードを歩きたかった。
    (中略)……これから健吾君と幸せになってくれ、父の分まで人生を楽しみなさい」

    感動で涙を拭う花嫁さん、ひときわ大きく起こる拍手。
    「精一杯がんばります」と宣言する新郎さん。

    読み終わった私は何気なく、手紙を開いたまま、花嫁さんの前に置きました。
    花嫁さんは懐かしそうにお父様の筆跡を追っています。
    ところが、途中で花嫁さんの視線が凍り付きました。
    それから挙動不審の花嫁さん。
    傍目で見てもぎこちなく式は進行し、やがて御披楽喜に。

    私は不思議に思い、控え室に退出された花嫁さんに理由を聞きました。

    花嫁さんが新郎さんとお付き合いを始められたのは2年前。近所の幼なじみではなく、地元の佐賀県から遠く離れた北海道の大学で知り合われたそうです。
    ちなみに13歳の頃、同級生には健吾君はいなかったし、お付き合いされている男性.もいなかったそうです。
    つまり亡くなったお父様は、新郎さんの事を知り得たはずがないのです。
    けれどその手紙には、確かにお父上の直筆で、新郎さんの名前が書かれていたのでした。

    721 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/05/30(日) 11:12:49 ID:BZlVAPzt
    数年前、淡水パールのチョーカーを同じアパートの元ママ友に盗まれた
    で、平然とそのチョーカーをして園に来たので問い詰めたら
    「あなたの物って証拠があるの?大体いつも安物しか持ってないのに
    こんな高いのがあなたのとか言われても誰も信じないし」
    としらばっくれついでに馬鹿にされた
    で、他のママさんたちに「落ち着いて!」と言われ泥ママを残し近くのファミレスへ
    どうやら泥ママ、あちこちで余罪らしきものがあったらしいが
    どれもしらばっくれて話にならないし泥ママ親(DQN)が出てきて
    自分だけならともかく子供に危険を感じるので泣き寝入りだったそうだ
    『家に入れない』という自衛策も「泥棒扱いなんてひどい!」と泥ママ大騒ぎ、親が出てきて(以下略)
    って訳で貴重品はママさんor旦那さん実家に避難させる位しか自衛できなかったんだそう
    旦那の仕事で引っ越してきたばかりの私は、初耳だった
    全部聞いた後で「お話を聞けただけでこちらも気をつけるきっかけになりました」
    と、お礼を言ってチョーカーのいわくを話した。するとママさんたちはびっくり
    「『私』さん、それは気の毒だったわねぇ」と同情的な目を向けられた

    それから数ヵ月後、単身赴任から帰った泥ママ旦那が泥ママを連れて
    ママ友さんたちとお茶をしていた所にやってきた
    パート先でロッカー泥とか横領とかやらかして芋づる式にママ友たちから
    色々盗んでた事もバレてお詫び行脚なんだそうな
    そういう事なので盗んだチョーカーを返すと言ってくれたのだが丁重にお断り
    何故か泥ママ勝ち誇ったように私を見ながら帰っていった
    しかしその場にいたママ友たちは皆チョーカーのいわくを知ってるので
    泥ママを止める事はしなかった

    その後、泥ママは浮気がバレて慰謝料をたっぷり取られ離婚、子供は旦那さんが引き取った
    泥親は揃って寝たきりになり、借金と介護に追われて泥ママも何か病気になって大変みたいだ

    いわくは板違いなので詳しく書きませんが
    チョーカーは独身時代に買った質流れ品、お清めの塩と一緒に保管してた逸品でした

    84 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/11/10(火) 22:36:25 ID:rlm
    車で祖父の葬式帰り、後続車に煽られた。
    冬の雨の夕暮れで道幅も狭く、どうしても法定速度以上は怖くて出せない状況だった。
    運転手は妹、助手席にはチャイルドシートに妹の子供(1歳)、後部座席に喪服姿の私。

    とりあえず髪の毛を振り乱して懐中電灯を自分に当てながらつけたり消したりを繰り返し後続車をガン見。
    とたんに後続車が減速。妹の子供大はしゃぎ。
    そのまましばらくレディガガを流しながら喪服で踊り狂い、交差点で隣に並んで後続車を見つめながら懐中電灯を高速でオンオフ。
    後続車の運転手は絶対に目を合わせまいと必タヒだった。
    お前の売ったケンカだろうが。お?

    このページのトップヘ