オタク

    788 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/08/19(水) 11:33:19 ID:PRTY/Pnz
    私は年甲斐もなく、DSゲームオタクで普段から鞄の中に本体&その日気分で
    持ち出したソフト数個が入ったケースをいれていたんだけど、ある日
    子供会の行事の前準備でAさん宅に役員数人で集まりました。

    準備中は私物は隣の部屋に置いて、準備が終わってAさんが用意してくれた
    お茶を飲みながら、たまたま誰かが私の持っているゲームソフトの話になり
    どんなゲームなのか見せてほしい、という事になって鞄から出そうとすると・・無い!

    私は家に置いてきたのかと、それほど気にもしなかったけどAさんが「我が家で
    無くなったみたいで・・気持ちが悪い」と言い出したので、Aさんの杞憂をなくすために
    往復3分wの我が家から、探知機の親機を持ってきて(これまでにしょっちゅう
    そこらにケースを置き忘れて大探しをする羽目になっていた私は、親器の
    ボタン一つで電子音で在りかをお知らせしてくれる子機(見かけはキーホルダー)を
    ケースにつけていました)で、親器で呼び出しみると、鳴りました!
    ・・・Bさんの鞄の中から。orz

    周りは工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工、Bさんは真っ青。
    大慌てで、鞄からケースを取り出すと「え・・何で?・・イヤダワー~
    誰か間違えて私の鞄に入れちゃったのねーwあっはあ・・」と笑い?ながら
    ケースを返してくれたけど、間違えるも何もしっかりチャックの締まった
    リュック式の鞄の奥底にどうやったら紛れ込むんだ?!

    取りあえず「何かの弾みよネ?」という事で、その場は収まったけど
    ハッキリ言って微妙~な雰囲気となり、Bさんはソソクサと帰っていき
    私は知らなかったけど、Bさんは一部の人の間で「手癖が悪い?」の
    噂があってゲームが無くなった時、Aさんが騒いだのは皆で鞄の中を調べ合って
    白黒ハッキリさせるつもりだったけど「まさか探知機が出てくるとはw」と、
    あまりのハマりすぎの展開に役員たちでプチ祭になりました。

    29 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/08/01(土) 14:55:08 O
    プチプチだけどカキコ。

    義両親はまぁ良いウトメ。問題はコウトで、偏食、男女差別、嫌韓中国、オタク、友達無し、無神経その他モロモロと夫婦+乳児でマンションに暮らしている。
    元々旦那たちにウトメが買い与えたマンションで、家を建てるまでの間、そこに住むことになっていた。

    コウトは契約社員で働いてはいるものの自分の食事と娯楽以外には金を払わない。(作っても文句&偏食でインスタントのみ)
    旦那も面倒だからと、なるべく関わらないようにしていたが、子供が産まれてからのキモい干渉&産後の私に「足太いしヒデー腹」「子供連れてこい」等々のウザイ発言。
    その上、私が大阪出身としると「西○ってニダが多いんだよね?だから住んでる人間も変人ばっかりでしょぉ~笑」「これだから大阪人は~」とコウトに嫌みを言われたと旦那とウトメに伝え〆られると、不貞腐れて無視。
    〆られたのが悔しかったのか息子をリビング横の和室に寝かせ、トイレに行くと子供の絶叫が聞こえてきた

    一回切ります。

    118 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/01/03(金) 01:17:18 ID:xIqp8NrI
    この前駅でレースクイーンの子を見かけた。俺はファン。
    何やらおばあさんに道を聞かれているようで
    「携帯でお調べしますので少々お待ち下さいね。荷物はお預かりします。」と優しく声をかけていた。

    そこで俺が「あっ荷物俺持つんで」とカッコよく登場し、検索の結果みんな同じ路線だったので一緒にいくことに。
    おばあさんの腕を抱えて優先席へ座らせてから違う車両へ。
    続きます。

    461 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/11/24(火) 00:48:28 ID:XDG
    変わり者なうちの姉の武勇伝。

    私は三姉妹の末っ子だが、2番目の姉がオタクで変人。狩りゲーと洋モノホラー映画が大好きで、vitaやりながらぐふぐふ笑ったり自分で借りてきたDVD観てはgkprしている素敵な姉。
    こやつが家では上下スエット+前髪パイナップル+のび太眼鏡がデフォだが、化粧して着飾ると化ける。
    もともと凹凸がはっきりした顔なので陰影が出て日本人離れした顔に、黒髪ウエーブなので「無原罪の御宿り」のマリアさまみたいになる。
    フォーマルな場に現れると登場というよりは降臨て感じなので、付き合い浅い友達からも結婚式に呼ばれたり、平社員なのに会社がらみの式典に参加させられたりと、けっこう忙しい。

    そんな姉と三年ほど前、地域の企業が連名で催行したクリスマスパーティーで偶然鉢合わせした。
    お互い会社の付き合いで来てたんでその場では軽い挨拶しかしなかったんだが、私の同僚がその様子を見ていて、マリア状態の姉に一目惚れした。
    翌日から紹介してくれと頼み込まれ、同期だし少しチャラいがイケメンだし、明るい人で悪いイメージは無かったから姉に会ってみないか聞いてみた。
    すると姉は渋り、「そういう人は信用できん」という。
    いくら美しいといえど当時すでに姉はアラサー。
    早く結婚してほしかった私は変なスイッチが入り、同僚をごり押し。
    私の顔をたててと懇願したら姉は仕方なし受けてくれた。

    喜んだ私はセッティングを買って出て、個室のあるレストランを予約。
    デート当日、姉はロングワンピにペンダント、アンジェラ・アキ眼鏡に控え目メイクとパーティーの時のような派手さはないけど綺麗なお姉さんて雰囲気で、私に写メを撮るよう言った。
    なんだかんだで乗り気じゃんとからかったら、「そのうち解る」とニヤニヤして出かけていった。

    午後5時に待ち合わせたデートだったけど、姉は8時前に帰ってきた。
    ずいぶん早いんでどうかしたかと聞いたが姉は「紳士だからさ」と答えただけですぐスウェットに着替えてゲーム。
    同僚にメールしてみたら「せっかくだけど、合わないかも」と返ってきた。
    自分から紹介してくれ言ったくせに何だよと思ったが、問題は次の出社日から起きた。

    同僚、姉のことを「化粧落とせば普通」「若作りしてたけど近くでみれば年増」「危うく騙されるところだったw」と好き放題に言いふらしてた。
    確かに姉はピッチピッチに若いわけじゃないが、それでも充分すぎるくらい綺麗だった!って論より証拠、姉の写メを皆に見せた。

    結果、大多数が同僚の言ってることは検討違いで姉は美人と認めてくれた。
    残り少数は紹介してくれと言ってきたのでお断り。
    同僚は日頃の行いも相まって、女子社員から総スカンを食らうようになった。
    いろいろ悶着はあったが違う部署だしたまに恨み言食らうくらいでウザーで済んだ。

    んで今年、姉の結婚が決まった。
    相手はどこで見つけたか、めちゃくちゃかっこいいネイティブアメリカンの方。
    マリア状態の姉に一目惚れしたのは同僚と一緒だが、その後控え目な姉にマジ惚れ、猛アタックしたそうな。オタク剥き出しの姉を知っても愛はさめやらず、一緒にゲームしてる。

    挙式から少し後、どこから聞きつけたか同僚が、姉の結婚相手についてどんな人か尋ねてきた。
    30過ぎでよく結婚できたね~なんて言ってたからpgrするつもりだったんだろうが、映画のワンショットみたいな二人のスナップと結婚式の神写真見せたらどっか行ったw

    色々やらかした罪滅ぼしに、いつか生まれる甥姪を可愛がると約束したが、来年夏ごろに願いが叶いそうだと今日聞いたもので、さっぱり眠れない。

    341 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/07/03(月) 10:38:40 ID:J9W
    小学校4年生くらいの時の話

    近所のちょっと大き目なスーパーマーケットへ母と親父と買い物に来ていた
    二人は鮮魚コーナーで晩に食べる刺身を物色しに、自分は食玩が欲しくておもちゃ・お菓子コーナーへ直行
    到着して食玩を吟味していると後ろを誰がか通って買い物カゴがぶつかってきた
    いてぇーなーと思いながら見るとワカメみたいな髪にメガネのオタクっぽい人が食玩の前でウロウロしてる
    無視してほしい物を2つ選び鮮魚コーナーの方に向かおうとしたけど、そこにはオタクの兄ちゃんが座ってる…
    邪魔やなこの人…と思いながら最短距離を行くことしか頭にないんで「通してください」と断って後ろを通って鮮魚コーナー近くの通路へ出た

    両親の姿がなかったのでキョロキョロと周りを見渡していると、急に後ろから「おい!」と声をかけられた
    振り向いた瞬間顔の左側面、左耳、首の左側に強烈なチョップを食らってその場にひっくり返った
    何が何だかわからず転んだまま見上げるとそこには食玩コーナーで後ろを通ったワカメヘアーのオタクが顔を真っ赤にしてフーフー言いながら立ってた
    呆気に取られて見上げているとなおも何かしようと近づいてくるオタクの後ろに拳を振りかぶって飛びかかってくる親父が見えた
    瞬時に後頭部を殴りつけられてオレのすぐ前に膝から崩れ落ちるオタク、それをなおも執拗に殴りつけ襟首を引きずってオレから引き離そうとする親父
    オタクよりも親父の形相と勢いにびっくりして半泣きになっていると母が飛び込んできて引き離された

    その後は店員も事の次第を見ていたようですぐに鮮魚コーナーの人が氷の入った袋を渡してくれ、警備員が飛んできてボコボコになったオタクの胸倉をつかんで引きずり起こしている親父を止めに入ってた
    その場で親父がオタクに「どうしてうちの息子を殴ったんだ」と詰問すると「どけぇ!って言われたんで…」と言ってた
    母親はオレを見て「本当?」と聞くので「通路に座ってたから通してくださいって後ろを通った」と言うと「通路に座るな!」と親父が更にオタクを殴りつけ始めた
    その光景を見ていて、この人本当にオタクを杀殳してしまうんじゃ…!と慌てふためいたのを覚えている

    後の事はわからないけど、とりあえずスーパーの店長さんが警察に通報してくれたみたいでオタクと親父は連行されていった
    そりゃあそうだろうなと今では思う、だってオレは顔の左側と首筋を一発殴られただけだけど、相手のオタクは親父に十数発殴られてボロボロだったし…
    けどこの時は親父が刑務所に入れられるんじゃないかと不安で滅茶苦茶泣いた
    まぁ夕飯の時には普通に居たんだけど
    この話を当時高校生だった兄に話すと大爆笑してた
    何もそんなに笑わなくても、と言うくらい爆笑してた
    親父は苦々しい顔してた

    後日、そのオタクが近所の警備会社で働いてることがわかってそこの社長が謝りに来てた
    仕事の関係で親父とは知り合いらしくて生まれて初めて生で土下座を見た
    親父も「社員を一人潰してしまって申し訳ない」とか謝ってたけど「あいつは自業自得」と社長が切り捨ててた

    このページのトップヘ