バイト

    886 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/01/06(日) 01:17:00 ID:cejxTI2T
    書き込みさせていただきます
    私はちょっと変わった体の一部分のモデルを副業に生活しています。
    その分野では結構有名で、ここの掲示板にいる方の殆どが私の一部を人生で一度は見ている筈です。
    有名といっても顔は出さず、本名を知る人すらあまりいない状況でした。

    しかしある日曜日、妻と子供とのんびり休日を楽しんでいると、急に玄関の呼び鈴がけたたましく鳴り響きました。
    出てみると、50代位の女性.が興奮した面持ちで立っており、「○○○(私の本名です)さんのお宅ですか!?」と言うのです。
    話を聞いてみると、あるテレビ番組で私の体の一部を見て一目ぼれをした、是非自分と付合って欲しいとのこと。
    驚愕して、なぜ私の名前を知ったのか、どうして我が家の住所がわかったのかを問い詰めると、金にものを言わせたと胸を張る始末。
    その婦人、某TV局の会長の姪っ子さんとのことでした。

    露/出の少ないよいバイトだと思っていたら、いきなり家にファンの方が押しかけてきたのが個人的に修羅場でした。
    ちなみに、私のしているバイトは内臓系なんですがね。
    ファンの方はいるんだなあとこっちでも修羅場でした。

    937 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/07/28(土) 00:16:32 ID:Rj38tory
    今の時代にも野心と情熱ってのを持ってるやつがいるんだな、と思った話。
    そいつのことは仮にAとする。

    そいつは仕事大好きで一緒に仕事してる人も大好きで、しかもそれなりに出来る奴だったから実績も良かった。
    未経験でバイトから入ったのに異例のスピードで社員になって
    役職ついてる奴と同じくらいの額の給料もらうとこまで、たったの1年でいきやがったらしい。

    なのにすっごい理不尽な理由で仕事奪われて違うとこの仕事やらされて、(ここが長いから割愛)
    でも自分が反抗すると自分じゃなくて自分が世話になった上司や
    一緒に仕事をしていた人たちにとばっちりが行くからって反抗をやめたそうだ。

    辞めようと思ったが一番必タヒに引き止めてくれたのがその上司だったから続けていたが
    ストレスのせいなのか、精神的にはかなり前から参ってたがついに体調にもかなり影響が出始めて、やっぱり辞めることに。
    一緒に仕事する時間がものすごく減ってもその上司や同僚たちのことは大好きだったし、
    最初にやってた仕事も楽しかったから本当に辛かったけど
    その分自分が違う仕事してるときに離れた場所でみんなが仕事してるのを見てるのが辛かったし、
    羨ましくもあってそのうち憎くさえなりそうだったらしい。

    んで泣く泣く辞めて同業他社にバイトで入って、
    そこでもやっぱり異例のスピードで社員になって、数年後主任にまでなる。
    そうなってからしばらくしてAが前いた会社が今Aがいる会社に吸収されることに。
    これは偶然とか運命じゃなくて、Aが前の会社にいたときに〝上下関係のある業務提携”をしてたから
    数年後にそうなるかもしれないってのは地元の人ならなんとなく察していたことではある。

    494 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/11/11(金) 21:18:37 ID:5hA
    修羅場だったけど結果的に嬉しいことになった
    今日の帰り、優先席に座っていたら50代ぐらいのサラリーマンっぽいおじさんに絡まれた
    なにか怒鳴ってる様子だったけどよく分からなかった。耳がほとんど聞こえないから
    若者である私が優先席に座っていることを責めているのはなんとなく伝わってきた
    『車内で地震や事故が起きた時に聴覚障/害者として誘導してもらいやすいように優先席に座れ』
    って親にも先生にも言われてるんだよね
    それに席はかなり空いてたのに
    よく聞こえなかったのは事実だから首をかしげて笑っていたら腕を掴まれた
    流石にまずいと思って障/害者手帳を見せようとしたら、二十歳ぐらいの男性.が来ておじさんを止めて下さった
    何やら話し合った末、おじさんは席を蹴って去っていった
    助けに入って下さった男性.は、よくよく見ると母の働いているスーパーでバイトとして働いている大学生の方だった
    たまに母の職場に遊びに行くから前々から面識はあった
    急いでいる様子でちゃんとお礼言えなかったから、明日にでも母と一緒にありがとうしようと思う
    人の善意に支えられながら生きてるんだなーって改めて理解して暖かい気持ちになれた

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/02/17(日) 21:37:51 ID:wXR
    ワイ「だってバイトみたいなもんじゃないすか」

    上司「そのバイトみたいなもんより仕事出来ないお前はなんだよニートかw」

    ワイ「はい?ちゃんとやってますけど」

    上司「先月の能率表見た?」

    ワイ「なんすか」

    上司「お前より下なの嘱託の○○さんだけ、64歳の」

    ワイ「はぁ」

    上司「向いてないと思うなら辞めた方がいいよ」


    なんなんこの会社…

    318 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/03/10(金) 19:58:39 ID:eDO
    まだ学生だった頃の話
    バイトで初めて開店からのシフトで入った時、店内BGMを流す機器のスイッチを押したと思ったら
    間違えてその真上にあったとても重要で絶対に切ってはいけない機器の電源を落としてしまったことで店長にしこたま怒られてクビになった
    どうやらそれを切ると本社からお叱りを受けるらしいが…私、その説明を聞いてないんだよね…
    店内BGMの上にある機械がそんな重要なものだなんて一切
    店長には、これに触っていいなんていってないでしょ!?と怒鳴りつけられたけど、
    それをいうなら、これには触らないでって最初に釘さしとくべきだろ…と半泣きになりながら思ってた
    しかも見た目ほぼ一緒だったし
    あれから数年たって社会人として働くようになってからは余計に思う
    ダメなものはダメだって最初に教えるべきだし、なんならテプラかなんかで注意事項貼っとけって
    ダメだってっていう刷り込みさえあれば、わからなくなっても他の人に確認だって取れるだろ
    そりゃ正規の社員であるあなたにとっては常識だったかもしれんが、バイトでしかない私にはわからないよ
    教えられてもいないことを察しろなんて到底無理
    よくあんなんで店長になれたよなー教え方ド下手過ぎんだろ…

    960 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/03/09(木) 23:20:45 ID:11N
    それくらいで最大の修羅場なんて・・・と思われるかもしれないけど、子供の頃だったから本当に修羅場だった
    高校生になって家が貧乏だから学校に許可をもらってバイトをすることになった
    そこは新しくできるラーメンのチェーン店で、新規でバイトを募集してたこと
    家から自転車で五分でつけるので、夜遅くなっても安全なことから親にも学校にも勧められて応募した
    バイトに受かった子たちは厨房を除いて女性.しかいなくて、それも皆レベルの高い子ばかり
    飲食店なのに髪染めてる、ネイルしてるのうな人も混じっていて、飲食店っていってもこんなものなのかな?と思っていた
    最初はバイトの女性.だけで25人くらいいたんだけど、短期間にどんどん女性.が辞めていった
    一ヶ月後には10人ほどしか残らない
    しかも残った子は何やら店長と親密な感じだった
    女性.が減っていくに連れて、店長は女性.にバイトの後の予定を聞いて誘い出すようになった
    中学卒業してまだ三ヶ月もたってないようなお子様な私にはその意味が全くわからなかった
    そのうち店長が私にも声をかけるようになった
    だけど私は親との約束もあるので、断ってすぐに帰っていた
    でも店長はそんな私に「親の門限なんとかならないの?」と言い出し、それも無理だと断るとイライラした様子を隠そうともせず「俺の誘い断ったらバイト続けられないのわかってる?」と言い出した
    本当に意味がわからず、「え、何でですか?私何かしましたか」と真面目に答えると、見かねた厨房の高校生バイトくんが「店長、勘弁してやってください」と言い出した
    私だけ状況を理解できなくて、でもとても危険な誘いをされていることだけはわかって怖かった
    店長は「処/女っぽいから食ってやろうかと思ったのにこんなブスどうでもいいわ、二度とこなくていいよ」と吐き捨て、何か言おうとする私を厨房の高校生が止めた
    家に帰ってバイトを首になったと話したら、両親や祖父母から「飲食店のバイトすら首になるような仕事しかできないのか」と情けない娘だと言われて今でもその時の言葉が胸に刺さってる
    大学生になったときに近所のスーパーで厨房の人と再会したんだけど、その時には私はもう大人だったから色々教えてくれた
    店長は若くて可愛い女の子だけを採用していたこと
    短期間にどんどんやめていったのは店長が食おうとして失敗した子をクビにしてたから
    残ってたメンバーは全員店長とセ○クスしまくってたこと
    セ○クスしまくってるバイトの人の時間も店長がいじって給料水増ししてたこと
    私はまだ16歳だったし手を出したらやばいよなーでも味見したいよなーと店長がよく口にしてたこと
    私が本気で真面目に家のために働いてるのを見て、こいつならクビをちらつかせればいいなりになると店長が話してたこと
    厨房の人が止めに入ったから未遂に終わったけど、厨房の人がそのせいでクビになったこと

    全部教えてもらったら急に怖くなって初めて膝が笑う経験をした
    初めて味わう部類の恐怖心に体が火照ってなんでか笑いが止まらなかった
    でも膝は笑ってるし怖くて仕方なかった
    私が辞めて三ヶ月くらいで店は潰れてなくなったんだけど、厨房の人の話を聞いたら全部納得できる

    今は結婚もしてるけど、バイトのときの経験と厨房の人の話から、性.交渉が汚いものだって気持ちが拭えない

    493 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/02/23(月) 12:04:22 ID:H6/OR/rW
    長文投下失礼。

    短大を出て就職した先に、年上の大学院生アルバイターがいました。

    彼の本業は学生なのでシフトは週2~3日くらいでしたが
    仕事が出来て、礼儀正しくて、勿論学業にも熱心で、人として尊敬できる人でした。
    実家が遠く、親元を離れて大学の近くで一人暮らしをしていて
    生活費の足しにバイトをしているとの事で金銭感覚もしっかりしていました。

    趣味が同じでだんだん親しくなり、携帯でメール交換したり、
    仕事が終わってから2人で食事に行くようになりました。

    出会って1年半、ずっと片思いでしたが好きが高じて私から告白。

    結果は玉砕でした。「今は彼女と過ごす時間はない」
    もっともな答えで、浅はかな告白だったなぁと反省しました。
    その後、2人で食事に行ったりはしなくなりましたが、
    彼は職場でも態度を変えたりすることなく接してくれて
    私はまだ好きでしたが、鬱陶しがられないように「良い仕事仲間」を心がけていました。

    告白から2週間後。彼から携帯に突然の着信が。
    (今までメールでしか連絡をしたことがなく、初めての着信)
    「今から会えませんか?」とのこと。

    wktkせずにはいられず、喜び勇んで待ち合わせ場所に行き、彼と合流。
    ちょっと場所を移動したいと言う彼に従い、待ち合わせ場所から電車に乗って移動。

    ‥‥その電車の中で、彼に痴/漢されました‥‥。

    あぁ、百年の恋も冷めた瞬間‥‥。昨日の出来事です‥‥。

    246 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2005/12/01(木) 13:58:10
    私のなかでは結構な修羅場だった話・・長文です。

    もうだいぶ前の話だけど、
    バイト先で知り合った社員さんと付き合う事になった。
    超がつくくらいラブラブだったんだけど、
    あとで同じバイトの友人に聞くと婚約者がいるのに
    ずっとフタマタかけられてた事が判明。
    相手は同じバイトの女社員さんだった。

    それが判明してから彼に追求したら「婚約者とは別れるつもりだった」と。
    でもやっぱりなかなか別れないし、口だけじゃん!とケンカしてすぐ別れた。

    そっから、その女社員が私の事を知ったみたいで、
    30歳で結構結婚焦ってた彼女はブちぎれて色んな事してきた。
    まずはバイトの帰りに待ち合わせて、路上で「この泥棒猫め!!」と罵られ。
    「私もフタマタかけられてるって知らなかった。あなたと別れるって言ってたけど、
    別れなかったからすぐ彼とは別れた」
    って説明しても、馬の耳に念仏。
    「あんたのせいで彼が冷たくなった!!ぎゃあああ!!」と馬乗りで殴られ。
    もう興奮してるしダメだと思って、必タヒで逃げたよ。。
    そのあとも実家に電話して親に
    「どういう教育してるんですか?人の男を盗るような教育してたんですかぁ?」
    と電話してきた。
    親にはちゃんと説明したら納得してくれた。

    結局彼とその女社員は結婚したんだけど、
    結婚から半年たらずで別の友達が
    「ねぇねぇ、実はさっ!今○○さん(その彼)と付き合ってんだ(はぁと」
    って私の元彼としらずに暴露してきた・・。
    あぁまた修羅場になるぞ・・とか思ってしまった。

    119 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/02/09(土) 22:43:46 ID:zP+sUtrq
    パン屋の店長をしていたときの話。私が休み明けに出社すると、
    バイトの子に「昨日おかしな客が来たんですけど…」と報告された。
    若い男の客が、大量にパンを買って金を払い終わった後、その場で
    「これ捨てたいんだけどゴミ箱はどこ」というらしい。
    対応した女の子は怖いので言うとおり捨てたという。
    私はバイトの子たちに「来たら私にすぐ教えて。私がいなかったら
    刺激しないようにそいつの言うとおりにしておいて」と通達した。
    何週間かあとにもまた来たと報告があったが、私は所用で店にいなかった。
    お店の子達は「刺されそうな容貌だった」と不安がり、親に辞めなさいと言われた子もいた。
    私が店長になってから、赤字だったこの店を盛り返すためにバイトの子達と
    一生懸命やってきた。人材は宝。辞められるのも痛手だが、彼女たちに危害を
    加えられるかもしれないと思うと不安で、悔しくて、どうしたらその男を
    撃退できるか日々考えた。
    そいつの3回目の襲来のとき、私は店に居合わせることができた。
    入店直後から様子がおかしかったが、レジの前で「うおおおお」と
    小さく声を上げたとき、私は例の奴かもしれないと思って対応を頭に
    思い描いていた。案の定大量のパンを袋詰めし終わったとたん捨てたいと言い出した。
    私「そういうことを承ることはできません」
    男「別にお金払った後のものをどうしようと勝手じゃないですか!」

    118 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/01/25(月) 05:56:47 ID:Qxb
    ※虫話注意

    昔フリーターだった頃、寮に入った。
    寮といっても、バイト先のオーナーが不動産業の方で所有している普通の賃貸で、
    今何部屋か空きがあるから一人暮らしを考えてるんならどう?と誘われた感じ。
    話を聞いたら、建物は少し古いけど駅が近くて人気のある立地、更に部屋も広い。
    それを相場の3分の2程度の家賃でいいというので飛びついた。
    建物の1階が飲食店だという所はちょっと引っかかったけど、住む部屋は6階だったからまぁ大丈夫かなと。でもそれが甘かった...。

    このページのトップヘ