プレゼント

    59 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/01/03(日) 00:58:31 ID:2HQ
    自分が心が狭いのかも知れないけれど、他に吐き出し場所もないので…。フェイクありなので、おかしい部分はスルーしてください。
    私は三姉妹の末っ子、実家からは車で一時間半の距離に一人暮らし。長女は県外で義兄祖父と同居、5歳の娘がいる。この娘(姪)ちゃんに疲れた。
    去年まで、姉夫婦は義兄両親と敷地内別居だったのだけど、夏頃に別県に住んでいる義兄祖父と同居する事になった。それを機に、夫婦正社員で共働きを開始。それは別に構わないのだけど、長期休暇のたびに姪を実家に泊まらせるのを勘弁してほしい。
    二泊三日程度ならまだわかる、どちらかが一緒ならまだ納得する。しかし連休まるごと、一週間近く姪を一人で泊まらせるのだ。
    お盆、シルバーウィーク、それから年末年始。両親は面倒を見るのは構わないみたいだけど、巻き込まれる私はたまったものじゃない。
    車で一時間半とはいえ県内に住んでいる私は当然世話に駆り出される。正直私は子供が好きじゃない。子供特有のなんで?攻撃にも耐えられないし、心が狭いのだが、ちょっとのミスや揚げ足を取られるたびに~ですけど!と言われるのがイラついて仕方がない。
    しかし姪だし、長女には大学時代世話になったから我慢してきたけど、もう駄目。
    クリスマスプレゼントは事前に欲しがっていたものを買っておいたのだが、帰省前に別のものを欲しがっていると母に言われ急遽購入。従姉の子供にも、と同時に言われて財布の中身が一気にさよなら。
    これぐらいは我慢するか、と帰省してプレゼントを渡すと、事前に欲しがっていたキャラクター物は「私これ好きじゃないんだけどな」と言われる。
    私の給料は少ない、自分で選んだ道で、やりたい職種だからそれは良い。でも、クリスマスプレゼントを二つ買ったお陰で好きな店の福袋を諦めた。年末年始休暇の半分を姪の世話で潰した。去年、年末年始は食中毒だったから今年はゆっくりしたかった。
    もう無理だ、私は今後親に頼まれても帰らない。遊びに来た私の友人すら子守に含もうとするのもやめてほしい。
    夫婦共働きは偉いと思う。しかし、二人とも遅くまで働き、休み毎に預けるのはどうなのか。
    福袋が買えなかったのだけが一番ショックなんだと思う。買えていたらきっとこんなに嫌だと思わなかっただろう、楽しみにしてたんだ。
    自分では納得したつもりだったんだけど、なんだか急に耐えられなくなった。
    読みづらかったらすみません。

    479 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/11/12(日) 23:23:15 ID:JgkSBASC.net
    話題豚切りでごめん

    先日誕生日だったんだけど、旦那がニコニコ顔でプレゼントくれたんだ
    もう喜べる年でもないしお金もないしスルー予定だったから、まさかのプレゼントに喜んで受け取って開封

    謎の餃子のバッグチャームが出てきた

    旦那曰く、これきっかけでママ友さんとの話題も増えるね!とのことだったんだけど正直まったく嬉しくない
    二十代ならまだしも、私はアラフォーなんですけど?

    さらに驚愕したのが、市販のものではなくてハンドメイド作家さんの一点物で5000円くらいする事
    こんなのにお金かけるくらいなら子供つれてファミ乚スや回転寿司に連れていって欲しかった

    10 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/01/05(月) 18:15:53 0.net
    トリ出来たので投下
    2年前酷いモラ八ラで別れた元彼から届いたメール

    件名:久しぶり
    本文
    久しぶりだね。寒くなってきたけど○○は風邪など引いてないですか?
    ○○はしょっちゅう風邪を引いていたから心配だよ。

    ○○と離れて、一人知らない土地で生活を初めて、とても大変だよ。
    今、つくづく実感しているんだ。○○はやっぱり僕の女神だったんだと・・・
    ○○と離れてから嫌なことばっかりだよ。
    職場の人には怒られてばっかりだし、蓄膿症になるし・・・
    でも一番大変なのは財布を落としてしまったことかな。
    カードも免許証も全財産と共に消えてしまった・・・

    でも僕は思い出したんだ、○○という女神のことを。
    僕たちが離れ離れになってしまったのは4月だったね?
    そう、僕はまだ○○から今年の分の誕生日プレゼントをもらってないんだよ!
    僕の方が一回多く渡しているから、○○ももう一回僕にプレゼントを渡さないといけないんだよ!

    でも、僕たちは今離れ離れ。○○は僕の欲しいものがわからないだろう?
    大丈夫、変な気は使わなくて。
    ○○のほんの心ばかりを振り込んでくれればそれでいいよ。
    もし、振り込みが嫌なら郵送にしてもらってもいいよ。
    その方が○○も手紙が書けていいだろ?
    ○○の気持ち、届くのを待っているよ。

    アイシテル

    217 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/12/09(日) 14:24:57 ID:4SPxE1IY0.net
    さっき宅配便が来た
    俺が出ようとしたら「私が頼んだ物だから私が受け取るね!」と嫁が慌ててすっ飛んで来た
    かなり大きく重たそうな箱で、宅配便が届く日だとも何か大きな買い物をしたとも聞いていなかったから、一体何を買ったのかを尋ねても、
    「この間あなたに貰ったお小遣いで買ったの」としか言わない(結婚記念日だったから数万円程渡した)
    何度も聞くうち嫁の機嫌がみるみる悪くなり、「あなたへのクリスマスプレゼントだよ」と言い荷物を残し子どもが昼寝している部屋に戻って行った
    これ中身開けてもいいのかな?

    664 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/06/19(土) 15:54:51 0.net
    義弟嫁と縁を切ったのに今近くに引っ越されて困ってる

    10年ほど前、義弟夫婦が結婚して、近くに住んでいた。
    私は専業(妊娠中)で義弟嫁は兼業で、仕事帰りに顔を出すことがあった。
    そのとき、何故かちょっとしたプレゼント(バレッタとかポーチとか)をくれることがあった。
    全然趣味じゃないし使用感もあるし、自分のお古くれてるのかと思っていらないと何度も言ったんだけど
    いらないなら捨ててください、といわれて毎回置いていかれて、気持悪かったので引き出しに放り込んでおいた。
    その後義弟嫁が妊娠して仕事を辞め、私も出産したり親が病気したりして、ちょっと疎遠になっていた。
    しばらくして、うちの子が通っている幼稚園に義弟嫁の子も通うことになった。
    義弟嫁とは送迎で顔をあわせることもあり、それを避けるため遅刻ギリギリでいったりしていた。
    ある日、用事でうちに来た時、義弟嫁の自転車につけてある雨のカバーを「これいいね」と何となく言った。
    そしたら大喜びで「これ、本当にいいんですよ」と嬉しそうだった
    半月くらいして、突然「これどうぞ」と同じカバーをもってきてくれた。
    明らかに使用感があるので自分の分を分けてくれたのかと思ったら
    「私は私で使ってるから、安心して使ってください」といわれた。
    新しく買ったのを自分でつかって、古いのをくれたのか?と思ったけど、何と無く気持ち悪かったので引き出しに放り込んだ。
    それからしばらくして、ママ友さんから「Aさん(義弟嫁)って親戚なの?噂聞いてる?」といわれて
    話を聞いてみたら、義弟嫁、ママ友さんのものを盗んだりして、孤立してるらしい、と聞いた。
    それまでも家に行き来しているママ友さんから、Aさんが帰った後色々なくなる、という話はあったらしいけど
    他人の自転車のカバー盗んでいるところを目撃されたのが決定打になったみたい。
    ・・・それ、私がもらった奴じゃないの?と思ったんだけど、ママ友は詳細知らないみたいで
    仕方なく園長先生に相談をしてみた。
    園長先生は不確定な話も多いし、親同士のことなのでどこまで口が出せるかわかりませんが、といいながら
    一応多少動いてくれる、ということになった。

    84 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/02/08(月) 10:21:45 0


    前の方の皆さんに比べたら小さな悩みなんですが相談に乗ってください。
    トリついてるかな?

    先日、義兄2人(長男&次男)が偶然会って飲んだらしく、
    「今年は両親(ウトメ)の結婚○周年だから家族旅行をプレゼントしよう
     ってことになったから。まだ秋頃ってことしか決めてないけどそのつもりでいて」
    という連絡が夫(三男)にあったそうです。
    最初は「ふーん…」と思っていたのですが、よくよく聞いてみたら、
    義兄1(独身)+義兄2夫婦(小梨)+ウトメ+夫+私+子供たち(秋には4歳&2歳)
    で行くらしい。
    私、行きたくない。子供も参加させたくない…。

    義兄2夫婦は旅行好きが縁で結婚したようなもの。
    対して、私はもともと旅行があまり好きではないし、親しい人とも温泉に一緒に入るのが嫌。
    ましてやトメや義兄嫁(結婚式含め、過去3回しか顔を合わせたことがない)なんて…。
    「育児にまつわる義父母との確執スレ」に常駐しているような関係だし。
    ウトメは距離梨で月に2度は会いたがるし、我が家を一人暮らしの自分の息子の家ぐらいの認識でいる。
    3週連続で会わなきゃいけないことになったこともある。
    (どうしても、という状況にされた。4週目は無理やり断った)
    たぶん、義兄たちは「普段疎遠なんだからたまには親孝行するか」ぐらいのつもりでいるんだと思うけど、
    私からしてみたら、普段から親孝行を強いられてきてるのにまだ求めるのか!という感じだし、
    親孝行って言っても、結局は「息子たちと旅行」じゃなくて
    「孫たちと旅行」なんでしょ?とか思ってしまう。
    なんかうちばっかり損してる気分。
    スケジュールも宿泊先も子連れってことは考慮されそうもないし。
    (大人がたくさんいるんだから何とかなるさー、大丈夫ーという考え)

    427 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/08/08(日) 23:27:13 0.net
    旦那の浮氣が判明して、その後再構築をした妻です

    旦那の金銭管理について相談したいです。

    不イ侖前から、お昼代込みで月3万円渡していました。
    今、慰謝料として月2万円の天引きをしています。
    (W不イ侖で相手方の旦那に慰謝料を払って旦那の個人財産が尽きたため。2万円×50ヶ月で100万円。)

    8月に私の誕生日があります。
    色んな記録から、不イ侖相手にはいいお値段のプレゼントをしていたようです。
    私も、3万円くらいのものでいいので欲しいと言いました。
    (でいい、という表現で済ませて問題ないレベルで不イ侖相手にはプレゼントしていたので。)

    旦那は用意できないそうです。
    不イ侖相手には3万円どころかもっと高額なプレゼントをしていたのに。
    月1万円あまるはずのお小遣いを使わずに積み立てておけばいいのに。
    なんと、自分の目先の食欲を満たすために、お昼ご飯代に使っちゃったと...。

    不イ侖されたトラウマが消えず、たまに叫びそうになるくらい辛い思いをしているのに。
    なんで私のことをそんなにボロクソに扱うんだ、
    不イ侖相手よりも露骨に格下の扱いをして馬鹿にするんだ、と問い詰めても
    ごめん、とか、そんなつもりはなかった、と謝るばかりで具体的なコメントは出てこず...

    そんなつもりがないならなんでたかだか昼食を抜くくらいのことが出来ないのか。
    そんな発想もできないくらい馬鹿なのか。

    誕生日、クリスマス、結婚記念日、ホワイトデーでそれぞれ3万円分は尽くしてもらうつもりでいるので、じゃあプレゼント代も月1万円天引きしようかと提案したら、「それはDⅤだ」とか...

    255 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/11/07(土) 18:45:12 .net
    お菓子屋で、チョコレートのボックスとクッキー一枚を2つずつレジに持っていって、
    これとこれでひとまとめに包んでください、とチョコとクッキーワンセットって感じに置いたら
    店員さんがクッキーには紙袋がつかないのですが…と言ってきたので、
    そりゃクッキー一枚で包んでくれなんて言わないだろと思って
    これとこれでまとめてほしいのですが…と言ったら、わかりました、と
    渡された袋を家帰って見たら、チョコレートは剥き出しで、クッキーが一枚ずつ袋に包まれていて
    渡す用の袋とかは特になかった
    どうしてそうなるんだ

    477 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/12/20(土) 08:39:28 0.net
    兄嫁から姪のクリスマスプレゼントのリクエストがきた
    クロエの財布
    「どうしても欲しいって言うんですーもー目が肥えちゃってー」
    姪、小学校4年生
    秋に会ったときは「カープ優勝すると思いますか?」とか言ってたはず

    226 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/05/12(水) 06:45:30 0.net
    婆もしかして自分が思ってるより心が汚いのかしら
    子供が誕生日プレゼントにイヤホンくれたんだけど真っ先にえ、いらない…って思ってしまったわ
    ていうかこれ買うのに電気屋行ったの?緊急事態宣言出てるのに?とも考えてしまってありがとうって言う反応が遅れてしまった
    そのせいで喜んで無いことが子供にバレて子供が泣いて部屋にこもってしまった

    このページのトップヘ