一方的

    24 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/08/04(日) 12:11:27 ID:yY.ln.L1
    今更リトルマーメイドの実写化を知って思い出した話

    だいぶ前からリトルマーメイドで歌われてる「キス・ザ・ガール」って曲が本国で「男性.の一方的な視点で歌われてて性.暴力を助長する」って騒がれているみたいなんだ
    それ聞いたときは声を奪われてる中でキスしなきゃ泡になって消えるって誓約なんだし
    普通に映画観てればあの歌詞になるだろ何言ってんだ大袈裟なって鼻で笑ってた

    そんなことも忘れてたある日、自分とこの部署に派遣で若い女の子が入ってきた
    その子は少し吃音があって性.格もかなりおとなしめで必要以上に喋ることがなかった
    でも仕事はできるし顔もかわいかったから皆とはすぐに打ち解けてた
    で、ある日外回りから帰ってきたら社内がざわついてる
    何事かと思ったら休憩時間に同じ部署の30代の男性.社員がその子に倉庫で二人になったとき無理矢理キスしようとしたとかなんとか
    男は「彼女は俺のことが好きに決まってる!でも彼女は口下手だから俺を口説くことができない!仕方ないから俺から口説いてやろうとしただけだ!彼女だって待ってた!」みたいなことを言ってた
    明らかに男が言ってることはめちゃくちゃだったし女の子には彼氏がいるって別の女性.社員が言ってたんだけど男は「いや彼女は俺のことが好きなはずだ!」の一点張りで
    女の子本人は泣いてたしパニックになってたからか余計に普段より話せなくなってて状況説明が全然出来てなかった
    結局男の方は厳重注意で終わって女の子の方は小さい会社だったのもあってか「あっちもその気にさせるような態度だったんじゃないか」みたいな噂を立てられてしまい辞めてしまった

    完全に自分は部外者の立場のまま話が進んで終わってしまって
    なんだかなと思ってたときに入った店でディズニーメドレーが流れてた
    そこでキス・ザ・ガールの歌詞が聞こえてきたときにその男の言い分がカブって一瞬で鳥肌が立った
    ロマンチックな歌だと思ってたのに映画から離れた瞬間あの男がチラついてしまって嫌悪感がすごかった
    そこであの女の子に急に申し訳なくなってしまったしそのときの印象が強すぎて理不尽なんだけどディズニー全般まとめて嫌になってしまった

    とにかくあの女の子がもう変な目に遭ってないことを願う

    789 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/10/02(木) 00:38:38 ID:???
    俺が1年半前まで勤めていた会社では、毎週月曜日の朝礼のときに脳のトレーニングをしていた。
    俺がいた部署は10人ほど社員がおり、社員たちが持ち回りでなぞなぞ等を考えてこなければならなかった。
    会社としては「脳を活性.化させて生き生きと仕事をしよう」ということだったが、
    特に出題者は疲労困憊するだけだった。

    そしてある女性.社員(既婚)に出題の順番が回ってきた時、彼女は物凄い問題を出してきた。
    今考えても、あれほど衝撃的なことを言った人は他にいないと思う。
    その問題は「私は結婚しているわけですが、この会社に好きな人がいます。誰でしょう」というものだった。
    それに対して男性.社員の何人かが自分自身を指さして「答えは…俺!?」と茶化したりしていたが、
    皆その女性.社員に引いていたことは間違いない。
    彼女は「あなたたちではないです。実は、今日たまたま会社を休んでる上司のAさんが好きなんです。
    私はAさんと浮気しているわけではなく、私が一方的に好きなだけ。Aさんにはこのこと言わないでください」というようなことを言った。
    ちなみにAさんも既婚。

    ただでさえ毎週この脳のトレーニングタイムは皆テンション低めでグダグダになるのに、その時は史上最高に気まずかったわ。
    しかもAさんがいないところで「Aさんが好き」と告白し、それをAさんに伝えるなという展開は意味不明すぎた。
    もう誰も茶化すこともできず言葉を失っていたんだが、告白した当の本人はすがすがしい顔をしていた。
    そのうち誰かが、俺たちはどうすればいいのかと訊いた。
    そうしたら彼女は「緊張感をもって見守っていてください」というようなことを言った。
    Aさんに直接好きとは伝えず他の社員だけに伝えることで、
    今後その女性.社員とAさんが話をしているときなどに場が緊張する効果を狙ったらしい(そのように女性.社員が説明していた)。
    どこからそんなありがた迷惑な恋愛スキルアップ情報を仕入れたのか知らないが、
    とにかく次の日Aさんが出社した時から確かに緊張感は生まれていた。

    結局、緊張感が生まれただけでその後は何も進展はなかったようだが、
    あの朝礼の時はとんでもない爆撃問題を落とされたと思ったわ。
    正直、あそこまで負担をかけてくる社員は見たことない。

    このページのトップヘ