事故

    828 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/09/05(木) 16:24:25 0.net
    義弟嫁:「ちょっとだけ事故起こしたので身代わりになってほしい(テヘ」
    私:「無理。というか事故なら警察にまず連絡では?」
    義弟嫁:「お金払うから。物損だし、ペーパードライバーなら影響ないはず」
    私:「物損ってことは被害者がいるはず。お金払うはらウチじゃなくてそっちに払うべきでは?」
    義弟嫁:「事情があって私は警察にいけないから」
    私:「私だっていやに決まってる。とにかく無理。絶対無理。じゃあ子どものお迎えの時間なので」

    その後しつこく着信・LINEが来るがスルー


    義弟:「もしもし?嫁が私子さんに車貸したら当て逃げしたらしいって聞いたけど?」
    私:「んなわけねーよ(以下説明)」
    義弟:「話が食い違ってるので、嫁ともう一度話するわ」
    私:「そもそも物損って何やったの?」
    義弟:「コンビにで他の車に当て逃げ」
    私:「コンビニて監視カメラあるし逃げられないじゃん」
    義弟:「ですよねーw」

    翌日、義弟嫁からLINEにタヒぬほど苦情がきてる
    (ちなみにこの段階でも警察にいってない)

    旦那:「弟から連絡あったけど、義弟嫁、無免許だってさ」
    私:「はぁああああ?」
    旦那:「絶対警察いきたくないってゴネてるらしい」
    私:「私が通報しようか?」
    旦那:「今日中に引きずってでも連れて行くって言ってるわ」

    直後に電話かかってきて「義兄嫁さんが身代わり引き受けてくれないから私が犯罪者になっちゃう!!バカ!!」と怒鳴られる

    いやー、すがすがしいほどにクズだったわ・・・

    955 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/11/14(水) 10:33:31 ID:5W31K2VA
    過去のせこケチママ話です。最近ちょっと思い出したので。
    小6の秋、事故で意識不明の重体になった。
    私が持ち直した後に「こんな人がいたんだけど」と伯母から聞いた話。

    事故の状況だけ聞けば、まだ生きてるほうが不思議なほどのレベルだったので
    『そのうちタヒぬかも+皆も気をつけましょう』と連絡網が回ったそうな。
    その後、同じマンションに住むクラスメイトとそのママがウチに来たらしい。
    留守番してくれてた伯母が対応したんだけど、そのママは挨拶もそこそこに
    「この間、娘さんが学校の発表会で着ていた黒のワンピースを貸していただけませんか?
    ウチの子黒い服持ってなくて、娘さんのお葬式に着て行く服がないんです」
    と言ったそうな。
    伯母は目玉ポポーンしながらも、自分は留守番で解らないからと
    断ったらしいんだけど
    「じゃあこちらで探しますから、家に上がらせてください。
    もしなら大変でしょうからお家のお掃除とかしますよ?」
    とか言い出すし、その子もしっかりした子で
    「私、×ちゃんと友達なんです!」と結構食い下がってきて
    伯母はそりゃあもう驚いたらしい。でも頑張って上陸阻止したそうな。
    実際はその子とは通学班が一緒なだけで親も親しくしていなかった。

    23 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/05/24(火) 00:28:10 ID:U7xD3sSb.net
    旦那が浮気してた。
    私にベタ惚れで、いつもかわいいよとか君と子供がいてくれて本当に幸せだ、ありがとうと言ってくれていて、私のトラウマ?も一緒に乗り越えてくれて本当に感謝してたし子供も私の親も旦那のことが大好きだった。

    でも浮気してた。
    10年以上前からの知り合いが相手だった。
    浮気がバレたときも土下座して「愛してるのは君だけだ。本当に申し訳ない。この償いはなんでもするから離婚だけは許してほしい」と号泣された。

    その日は頭が真っ白になって何も考えられなかったので子供連れて実家に帰った。
    家に着いて私の何がいけなかったのか、毎日言ってくれた言葉がウソだったのか、こらからどうしたらいいのか考えては泣いて、考えては泣いて繰り返していた。

    子どもにはバレないように、次の日も幼稚園に連れて行き習い事にも連れて行き普通に過ごした。
    でも、気を抜くと涙が出てきた。

    旦那から「20時にそちらに行きます。君にも君の親にも謝りたい。話し合いをしてほしいなんて今は望まない。せめて謝らせてほしい。どうか顔を見せてほしい」とメールがきた。
    返事しなくても必ず来る人だと思ってたから返事しなかった。

    でも旦那は来ず、次の日も連絡なかった。
    さすがに旦那も浮気の次の日に私の親に会うのは気が引けたかな。と思ってたら、旦那はうちに来る途中に事故に合ってタヒんでた。

    浮気されたショック、旦那のタヒ、そして旦那がいなくなって8年経つ今でも旦那が忘れられないのが修羅場です。

    278 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/03/09(日) 14:11:50 ID:/Spfb1c8.net
    3年前のGW中、弟がオートバイでのツーリング中に事故にあった。
    一緒にツーリング中だった弟友人と警察から連絡を受けて
    祖父を自宅に残し、両親+私とで大急ぎで約100キロ離れた病院へ向かった。
    弟が運び込まれた病院へ行くと、弟友人と警察官+ジャージ姿の男性.がいて
    父がいきなり、「人の息子に何してくれとんじゃ!!~」と怒鳴りながら
    ジャージ姿の男性.にドロップキック、母がバッグで男性.を殴りそのあと往復ビンタ
    あわてて警察が止めに入るもぎゃーぎゃー喚きまくって話にならない
    弟友人が大声で、「その人は助けてくれた方です~~」と叫んで
    両親が我に返ると、男性.は鼻血だらだら流して、胸を押さえてうめきながら倒れた。

    189 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/13(木) 02:58:35 ID:ypH8iZXKn
    昔の話だけど
    とある社会人サークルで仲の良い3人グループがあった。
    その3人は住んでる地域も近かったので家の行き来もあり
    とても親密そうだった。

    私は住んでる地域が全く違ったので時々会う程度だったのだけど
    ある時からそのうちの1人(A)がグループから抜けた。
    Aさんは、私たちに多くは語らなかったけど
    「考え方の違いがあって。それに私鬱もちだし・・・」
    と言っていたが、その後Bがすごい勢いでAの悪評を立て
    「鬱なんて甘えだよね。せっかく誘ってあげたのに!」
    と言ってるのを聞いてしまい、AともBとも関わりたくないな、と思っていた。
    Cさんはどっちの味方にも付かず仲良し3人グループは解散していた。

    その後、私たちの地域に住んでいるDさんがCさんと仲良くなり、次の集まりで
    浴衣を着ていきたいという話になっていた。
    私とDさんも仲が良いので、一緒に着ていかない?と誘われたが、
    「恥ずかしいけど自分で着れないから・・・」と言うと、Dさんが
    「任せて!」と言ってくれ、Cさんの着付けも引き受けると言ってくれた。

    それでCさんかDさんか覚えてないけど、他のメンバーに
    「次は浴衣3人組で行くね~」と宣言したらしい。

    620 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/12/12(木) 20:27:57 ID:5D2
    ある日、インターホンがなったので誰なのか確認してみると、なんと警察官が二人いた
    なにごと?!と思いつつ出てみると、1年前くらいの自動車事故のことで聞きたいことがあると
    これまで、ゴールド免許で、事故の経験なんて無いし、まさに寝耳に水だった
    クルマをぶつけたこともここ10年位はないし、全く何のことかわからない
    それで話を聞いてみると、1年ほど前に高速道路で事故が起こって、そのことで聞きたいことがあると言われた
    最初からそう説明しろよと、まるで自分が事故起こして逃げたみたいな言い方には腹が立つ
    それでその警察官が言うには、1年ほど前に暴走バイクが原因で起きた事故があって、それの事情を聞きたいらしい
    それで思い返してみると、たしかに1年ほど前にクルマを運転中、バイクに絡まれたことがあった
    普通に運転してると、急にバイクに煽られて、車体を叩かれたり、ミラーをおられそうになった
    その時はすごく怖くて必タヒに逃げたけど、まさかそのバイクが事故を起こしてたとは・・・
    そしてその警官が言うには、私がバイクから逃げた直後に事故が発生したと
    それもシボウ者が出るような重大なヤツ
    詳しく聞いてみると、バイクから逃げようとした私のクルマを避けようとして後続の車が急ブレーキかなんかをして玉突き事故に
    それにバイクも巻き込まれたらしい
    らしいってのは当日は深夜で、バイクの人は植物状態、事故の当事者もシボウしてて状況が全くわからないとのこと
    その事故の詳細が聞きたいと言われたんだが、いや、バイクに急に絡まれて逃げただけでなんもわからんし・・・(-_-;)
    そんなこと言って帰ってもらったけど、
    冷静になって考えてみるとまさかそのバイクがそんなでかい事故引き起こしてたなんて思いもしなかった
    警官が帰って少ししてから自分ももし巻き込まれてたらと考えると怖くてすごく震えてたwww

    689 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/04/12(火) 12:28:27 ID:D9E
    私は看護師で、夫とは数年前にタヒ別している。
    義実家とは現在まったくと言っていいほど付き合いがない。
    面倒なので以下「元」は略します。
    義実家は現在、姑、義姉、義弟の三人暮らし。
    義姉はパートで働いているが未婚。
    義弟は無職未婚。
    この義弟は姑と義姉に非常に可愛がられて育った末っ子で
    高校中退したあとはぶらぶら暮らしを続け、バイトすらしたことがない。
    救いは義実家が不動産持ちで裕福なこと。
    義弟を無職のままにさせておいても、まあ一生分ギリギリ大丈夫かな?くらいの資産はある。

    夫が事故タヒした時、「お前が代わりにタヒねばよかったんだ!」だの
    「保険金杀殳人だろう!」だの姑と義姉がギャーギャー騒いでくれたので
    心置きなく婚姻関係終了届(だっけ?)を出して縁を切った。
    自分の食い扶持は問題ないし、義実家は裕福だから手を貸す必要はない。
    サクサク自分の地元へ引っ越し、すぐ就職して
    孤独ながらも気楽にやっている。

    しかし先日、実家に義姉から電話があったらしい。
    とったのは80過ぎの祖母。
    この祖母がウッカリ「困ってたみたいだから…」と私の携帯番号を教えてしまった。
    そして私の携帯に細切れで以下のようなCメールが届いた。
    「義弟が透析しないといけなくなりました」
    「糖尿悪化です。入院したけど治らなかった。隠れて食べるの」
    「医者に脅かされた。足切断?嘘ですよね?」
    「私達には難しい。付いてきて一緒に話を聞いて」
    「プロの手助けが必要です。家族にプロがいて心強いです」
    「透析すっごいお金かかるの!」
    とまあ、義弟の看病して!面倒見て!お金稼いで来て!という内容。
    知らんよ。義弟を甘やかして甘やかして、
    暴飲暴食させて野放しにして糖尿にさせたのは貴方がたじゃないの。
    唯一義弟の心配をして説教もしていた夫はもういない。
    夫がもし生きていたなら、夫にできる範囲で手助けすることは止めなかったけど
    私自身が何かしてやる気にはなれない。
    義弟は義弟で「不健康になってもポックリ即タヒできる」となぜか思っていたらしく
    「足切断?そんなはずじゃなかった!」と私にCメールしてきた。
    サックリ携帯を買い替え、実家に「祖母に番号教えないように」と釘をさして終了。
    簡単に書いたけど、けっこうストレスで吹き出物が増えたよ。

    652 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/11/01(木) 22:52:57 ID:YrViI4d6
    だーいぶ前にここかバイク板に書いたような気がするが

    俺が原付で十字路信号待ちしてたら後ろから、ビチビチビチっと下品な音を立てて原付がやってきた
    ノーヘルで2ケツ、前はロン毛の茶髪、後ろは茶髪の馬鹿そうな女
    (あーあ、ノーヘルか、自損でタヒぬのは勝手だけど、車にぶつかるなよ・・・・)
    と思ってたら、スイっと前に行き右を確認したなぁ、と思ったら信号無視して右折
    (あーあ、信号無視かよ、馬鹿だなぁ・・・・まぁ注意するだけマシかぁ・・・)
    と思ったら左からそこそこのスピードのレガシーが直進してきてドカン!
    (うわぁああああマジかよ!目の前で人がタヒぬのは見たくねぇよ)
    と思い、信号が青に変わってから、衝突現場に急いだ

    5 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/12/13(木) 18:32:26 ID:n2wVcBn7
    いきなり報告いいですか?

    117 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/11/10(木) 11:50:42 ID:/acAZ0xc
    自分は40男です。20代前半のころに出会った放置娘のことでも(かなり長くなります。脚色あり。
    20年近く前のバブル末期、某地方都市の郊外に職場を借りて、自分は週末から週明けまで、
    そこで寝泊まりしながら、在庫の管理や配送の手配などをやっていた。
    仕事はとても暇で、なにもないときはテレビ見たり本を読んだりして過ごし、
    それでいて給料もよく、実に快適な短期出張だった。
    職場の大家さんが隣に住んでて、そのお孫さん(年長~小3)たちとも仲良くなったりして、
    いちおう目の届く範囲でお孫さんらと外遊びしたりした。
    すると次第に、お孫さんが友だちを連れてくるように。地方都市とはいえ田舎の郊外で、周囲は古くからの住人ばかり。
    今だとありえないが、子どもと遊んでくれる優しいお兄さんみたいな存在だったかと。
    子どもたちもスレのテンプレ子と違い、躾けもきっちりされてるお利口さんばかり。
    でも友だちが友だちを呼び寄せるようになると、もはや扱いきれないので、定員を決めたりもした。
    自分はもともと子ども好きで、男児相手にはサッカーしたり、女の子には手品みせたり、みんなで隠れんぼしたりと、
    暇つぶしにはもってこいだった。
    そんな中、ある女の子Sちゃんが、新しい友だちを連れてきた。「Mちゃん」(小3女)。本編の主人公です。
    (つづく)

    このページのトップヘ