介護

    965 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/01/20(木) 00:45:02 0
    トメが要介護になった(怪我→半寝たきり)。
    ウトメコトメコウトが唯一の嫁である私に介護させようと迫ってきた。
    はじめは制止していた夫も最後に「嫁子・・・頼む」と義実家の圧力に負けた。
    「わかりました。わたしがやりましょう」
    と言ったら、義実家の面々+夫の顔がぷわーっと明るくなった。
    「私はトメさんに料理捨てられたり嫌味言われたり(以下いびり内容)されてきました。
    介護しろと言うのは、この機会にトメさんにしっかり復讐しろという
    皆さんのご好意ですよね?ご期待に沿えるように最大限努力いたしますので」

    トメの大反対で私が介護する話はなくなった。

    336 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/11/26(木) 13:31:49 ID:eg/yOnYo.net
    うちは一人目が早生まれで、今年小学校入学し、発達障/害のグレーで様子見&支援学級なため私が仕事をやめました。

    思った以上に安定していてトイトレもようやく完了し、二人目に踏み出しました。

    散々旦那は一人でいい!といっていたけど、一人目の成長にも繋がるだろうと、前向きになり、妊活。
    無事二人目が出来ました。

    旦那が女児熱望でなかなか出来なかったけど、妊娠しなきゃ意味ないと思って関係なくしたら出来た。どっちか気になって仕方ないです。

    学年8つも違っちゃってるけど楽しみです。

    652 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/04/21(金) 15:59:48 ID:bvX
    前の結婚生活で姑の介護ほっぽりだして離婚して元旦那を退職させたこと
    元姑はまだらボケで、元夫の強い希望で私が仕事をやめて介護することになった
    それなのに元夫は私を寄生虫扱いしてきた
    仕事をしていたときは私のほうが給料高かったし楽しかったのかも
    寄生虫呼びに三回までは耐えて姑放って実家に帰った
    元夫は怒ってみたりなだめてみたり土下座してみたり忙しかったけど一年近くかかって離婚した
    元姑の介護で夫は仕事をやめて、未だに介護をしてるらしい
    人として最低のことをしたけど本当に逃げてよかったと思ってることも秘密

    63 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/01/25(日) 01:40:17 ID:Si8h2GcX0.net
    去年トメが亡くなり、ウトも大変だっただろうって旦那企画でウトと旦那と3人で百貨店に行きウトが欲しかった物を買い日帰りで温泉に連れて行った。
    気を使いまくりで疲れた。温泉はどうしても女の方が時間かかるから(髪乾かしたり肌の手入れetc)男同士でゆっくり行って来なよと行ったんだが「気使わなくていいよ!先に風呂出て親父と待ってるし!」と旦那が強行突破。
    気を使うなと言われてもそんな訳にはいかない。ウトも旦那も長風呂しないからゆっくり浸かる事無く終了。髪も洗えなかったからまた家でお風呂入り直し。
    そもそもトメの介護を一番してたの私ですが。葬式の段取りもタヒ後の保険や年金の手続き丸投げされて処理したの私ですが。
    介護してた日々だって義兄は独身で遠方住み、トメに「自分の時間を大切にしなさいと言われたから」と殆ど帰省せず介護は終ぞしなかった。コトメは週に1~2回、顔だしてお喋りして2時間くらいで帰る。
    しんどい事、面倒な事、義実家の家族は私におんぶに抱っこ状態。そんな私には日帰りで温泉に連れて行ってくれたりする訳でもなく「ありがとう」の一言で済ませるのね。
    一通り終わって溜まってたストレスや疲れで一気に体調崩して胃と十二指腸から出血して痛みと貧血でフラフラな私を年末年始義実家に連れて行って義兄、ウト、旦那のご飯の支度片付けまでさせやがって!お陰さまで体調悪すぎて年末年始の一部記憶飛んでるわ!
    その時も「気使わないで!しんどかったら横になりな!」って…義実家で嫁が堂々と横になれるか。気を使うなって言葉を言っておけばいいって思ってんのかな。
    トメを亡くしたウトを元気づけようとこれからは定期的に外へ連れ出すんですって。
    また来月も義姉の嫁ぎ先に私も連れて遊びに行くんですって。地獄かよ。行かねーよ。

    957 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/01/05(火) 20:41:01 ID:lP4
    友達Aさん(独身女性.)は20代後半の時、両親が相次いで倒れ、
    既婚の兄姉から介護を押しつけられ、仕事も辞めざるを得ず、
    ひたすら介護に明け暮れる日々を送ることになった。
    そしてそのまま40代になってしまった。
    やっと両親を見送り、不謹慎な言い方だがAさんは自由になった。
    じゃあ久しぶりに夜遊びしよう!と友達一同で飲み会を開いた。

    Aさんの慰労会なので、彼女の愚痴やつらかったことをいろいろ聞いていたのだが、
    酔いが回った頃、彼女が思い詰めた表情で爆弾発言。
    「私ねえ、介護で家からもろくに出られなかったから、お酒に逃げるようになっちゃったの。
    もうアルコール依存症かもしれない」
    私達「ええっ!医者に行った方がいいよ!1日の酒量はどれくらい!?」
    Aさん「毎日、缶ビールを夕食の時に1本…」
    私達「1本て、サイズは?」
    Aさん「これくらい…せめて飲みすぎないようにと思って、小さいのを」
    彼女が手で示したサイズは、ふつうの350ミリより小さい250ミリとかの感じ。

    私達は顔を見合わせ、Aさんの知らない、世間の重大な秘密を言わざるを得なかった(別に秘密じゃないけど)。
    「あのねえ、それは晩酌といって、飲める人はみんなやってるよ」
    「そうそう、仕事の後の風呂上がりのビール、そのために生きてるってくらいでね」
    真面目なAさんのびっくりした顔が忘れられない。
    両親が飲まない人だったので、晩酌の習慣を知らず、毎日飲む人=依存症と思ってたそうだ。

    今はAさんは仕事を見つけ、ずっと我慢していた猫も飼い、すっかり明るくなった。
    お酒とは縁が切れたようだ。切る必要もなかったんじゃないかと思うけど。

    このページのトップヘ