他人のせい

    717 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/04/22(火) 20:37:06 0.net
    うちが似たような感じで、義兄嫁が入院した時に義兄家の一人っ子を半月ほど預かった
    甥は1歳で私が在宅の仕事だったから預かれたけど、新婚で子なしだったから大変だった
    それなのに義兄嫁は「入院でかわいそうなアテクシ」「子供と引き離されたアテクシ」で頭いっぱい
    退院して少し元気になた頃に、溜まっていたであろう恨み言を言われた

    もっと子供を連れてきて欲しかった
    子供にTV(NHKの幼児向けです)をみせるなんてひどい
    一人でスプーンで食べさせるとか勝手なことしないで

    説明しようにも「子供がいないから私の気持ちなんてわからない」

    で、とりあえず夫を介して「以後は預かりません」でその話は終わり
    その後私も妊娠出産した(私は里帰りしました)

    甥が3歳の時に義兄嫁妊娠
    切迫気味とかで、おいの預りを頼まれ断固拒否
    向こうは忘れてるフリしてきても、私は覚えてます

    義兄嫁がお腹さすって泣きながら「それでも人の子の親なの」とか叫んでたけど知らない
    義兄が有給とったり、甥を託児所にいれたけど流産したそう
    初期流産は胎児の側の問題が大半なのに、義兄嫁の中では私のせいらしい

    うちが二人目妊娠出産の時にわざわざ「うちをあてにしないでね」と言いに来て
    私の母と鉢合わせして発狂して帰った

    923 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/01/26(火) 12:05:59 ID:dfV
    今回の大寒波ほどじゃないけど、12月に地元を寒波が襲って
    80過ぎた年寄りでも「こんなの初めて」っていうほど寒くなったことがある
    その時ちょうど私は結婚の準備中で、
    式場での打ち合わせと、気温が下がると警告されている日がバッティングした
    担当の方に電話したら
    「道が凍ったら危険だから打ち合わせは延期した方がいいでしょう」と言うけど
    彼氏は「来週は忙しいから前倒しの方が助かる」って意見
    結局、本来は金曜日にするはずだった打ち合わせを一日早く変更した
    木曜日は天気も普通だったけど、金曜日の朝からどんどん気温がさがって
    どっさり雪も降ったから「打ち合わせを1日早くしといてよかった」と安心してた

    でも、その大雪&激寒の時に彼氏が仕事でミスをして
    何百万単位の損害を出したのを私のせいにされた

    彼氏の仕事は運送業者の配送を指示する係で、
    木曜の昼に近所のA社で積んだ荷物を
    金曜朝に県内のB社に納品するよう決まっていたのに
    その手配をする書類を作り間違えていたらしい
    よりによって木曜の昼に積んだA社の荷物はお歳暮用の果物
    運の悪いことに、A社もB社も最初は
    「雪のせいで入荷が遅れてるんだろう」と思ってたらしく
    品物がトラックに積んだ状態で運送会社に置かれてるのがわかったのは金曜日の夜
    滅多に雪も降らない地域だから防寒対策なんて特にされてない、
    外の駐車場に置いたトラックの中で果物は凍ってダメになり、彼氏の会社は弁償を要求されたらしい

    714 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/28(金) 15:16:52 ID:???
    亡くなった姑がとても頭のいい人だった。
    中学しか出てないから自分で「学がない」と言ってたが、読書家で漢字に強かったし、
    計算も「398円の品を144個買ったらいくら」などという計算が電卓なしで瞬時にできた。
    1を知って10を知るというタイプの人で、万事に飲み込みがすごく良かった。
    ご近所トラブルになった時、弁護士さんが新米なせいか話がヘタで、法律用語満載のすごくややこしい説明しか
    してくれなかったのだが、姑だけは一発で話を理解して、以後弁護士さんは姑を完全窓口として対応した。
    学校の成績がいいとかじゃなく、「聡い、賢い、目端がきく」って感じの頭の良さだった。
    人を見抜く目もあって、姑がこっそり「あの人は曲者」と言う人は、決まって本当に曲者だった。
    クイズ番組なんか見ているともう姑の独壇場だった。ただし偉ぶりたがりの舅の前ではおくびにも出さなかった。
    私たち夫婦(妻が姑の長女)は恥ずかしながら、姑の生前は頼りきりだった。

    そんな姑がおととし亡くなった。
    7ヵ月後、舅は再婚した。相手はスナックのママだった。
    この後妻、店やってるだけあって如才ない人。50過ぎてるが美人。
    舅は「中卒の学のない女房から、もっといい馬に乗り換えた」と公言し、鼻高々だった。
    この時点でうちの夫婦は舅とは疎遠になった。舅からも「勘当」のありがたいお言葉をいただいた。
    現在舅は金使いでも家のことでもいろいろとボロが出て、周囲の信用を失ったり、呆れられ始めている。
    以前は姑のフォローがあったが姑はもういない。
    後妻に「なんで中卒ババアにやれたことがおまえにできない」と当たりちらし夫婦仲も悪くなっている。
    生前から姑のことを「中卒、中卒」「おれがもらってやらなきゃ野垂れタヒんでた」と笑ってたが
    本当に本気で姑さんをバカだと見下げてたんだなあと改めて脱力。
    あんな賢い女性.見たことないってくらい、聡い人だったのに。
    そして今の後妻さんもけしてバカじゃない。姑ほど完璧に舅のフォローができないというだけで十分やり手の部類。

    後妻、近所の人に「結婚前はあんなじゃなかった」とこぼして
    「そりゃあんたと結婚する前は、観音様がついてたもん。観音様にあの世に逃げられちゃった時点でもうだめよ」
    と笑われたらしい。
    しかし舅は今でもタヒんだ姑の悪口を言い続けている。姑が老後のためにとかけてくれた年金も保険も解約してしまった。
    今自分が面白くない状況にいるのは全部タヒんだ姑と「なってない後妻」のせいらしい。本当にずうずうしい。
    よりかかられちゃ困るので、来春引っ越す予定だ。

    169 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/01/30(金) 17:17:17 0
    うちのトメは、みんなで出かけたときに
    「嫁子さん、疲れたでしょ。休みたいでしょ」と自分が休みたいときに
    人のせいにして休む、という癖がある。
    お正月に義実家に行って、みんなで初詣に行ったときも
    「嫁子さん、疲れたでしょう。今の人はあまり歩かないものね。
    便利な世の中に育っているから」とはじまったので
    「いえ、私はぜんぜん疲れていませんよ。ふだんからできるだけ歩くようにしているので
    これくらい平気です」と言った。
    それでもトメは「そう?でも顔が疲れているわよ。」としつこい。

    ウトが「お前が休みたいんだろう!休みたいならそう言え。
    人を出しにするな」と言ったら、トメは「私は別に…」と不満そうなトメだった。
    でもウトが「それならまだ休憩はしない。」と言ったら慌てて
    「ちょっと休ませて…」
    「最初からそう言えばいいんだ」と言うウトがまぶしく見えたw

    このページのトップヘ