ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~

🐶鬼女…2ちゃんねる 既婚女性板の事 🐶気団…2ちゃんねる 既婚男性板の事 🐶毒親…子供に対し悪い影響を与える親の事 🐶エネミー…自分の両親の味方になる夫や妻の事 🐶プリン…不倫の事 🐶ロミオ/ジュリ…恋愛小説で使われてそうな言葉で復縁を迫る男性/女性の事

    入院

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/06/05(水) 01:49:06 ID:MV9DOq170.net
    なんであんなにイライラしてたんだってレベルで落ち着いてる

    91 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/03(金) 22:58:56 ID:QXvzxufQ0.net
    現在私40代
    友人が27歳の時癌で亡くなった。まだ小さい女の子を残して
    旦那さんは友人が入院中に浮氣をしてて友人がなくなって数か月後に再婚
    数年後その旦那さんと新しいお母さんの間に女の子が産まれた。
    そしたら虐侍が始まったらしい。近所でもちょっと有名な位。
    何故らしい、かと言うと、丁度その時仕事で遠方にいた上に忙しくて
    帰省がほとんどできなかった。そして共通の友人たちも関わりたくないので
    誰も何も言わなかったみたい。

    友人が亡くなる時、娘が高校卒業する時、成人式の時、大学卒業する時、結婚する時、
    子供を産んだ時にこれを渡して欲しい、と、5通の手紙を託された。

    その手紙見当たらないんだよね。捨ててはいないからどこかにあるんだろうけど
    友人の子供は母親の違う妹とは仲良くやってるみたい(SNSを覗き見した)だし
    大学は推薦で海外に行ってるしまぁいっかーと
    今更見つけても高校卒業と成人式の手紙は時期が過ぎちゃってるからなー
    ごめんよーと思いつつ別に探しもしていない

    763 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/04/08(日) 07:39:51 ID:s7WanaZ1O
    入院中なので姪っ子たちがお見舞いに来てくれるけど
    子供の本や食べ物がないとすぐ帰りたがる。
    特に下の子。
    ある程度は病院にあったり頂き物があるけど
    完全に何か自分にとってメリットがあるからしぶしぶ来てる状態を見てると
    姪ながらイラっとする。子供ってそんなんだっけ。
    見た目は元気だけど薬の副作用で辛いのに
    「全然しんどそうじゃないやん(来なくても良かったんじゃないの?)」
    とママの顔をチラっと見たり憎たらしい。
    家が近いから子供だけで何かを届けてくれる時も黙って来ていつの間にか黙って帰る。
    姪に対する不満というより妹の躾に対する不満ですが。
    でも世話になってるので言えない。

    54 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/03/01(水) 00:05:00 0.net
    病院で会社の健康診断を行い
    「子宮癌の恐れ有り」と検査結果が来たのが1つ目の修羅場(私は♂です)

    再検査したら「大腸癌」だったのが2つ目の修羅場


    手術が無事終わって2週間
    入院生活に慣れてきて、ついムラムラして看護師さんのおしり触った瞬間
    病室に嫁が入ってきた時が3つ目の修羅場だった

    退院後1ヶ月口きいてもらえなかった
    今は奴隷権ATMしております

    みなさんも一歩手前で止まる勇気を!
    誤ると私のようになります

    564 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
    入院中の出来事
    隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男忄生の話
    この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
    最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

    毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
    薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
    「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
    男忄生は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男忄生に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
    「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
    「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
    「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
    「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
    「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
    「お前のせいだ、お前が悪い」
    これを来る日も来る日も繰り返してた
    男忄生はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
    なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
    長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
    「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
    「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
    「私が先天忄生の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
    「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
    「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
    「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
    という言葉を来るたびに繰り返してた
    娘さんたち、まだ若くて学生かな
    それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
    奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
    娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
    そのせいで俺が夜うなされたほど

    話をまとめると男忄生は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
    そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
    それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
    「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
    次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
    その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
    「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
    と返されていて同情心が吹き飛んだ
    これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
    こう言いつつも三人とも男忄生の身の回りの世話はしてたから女忄生ってすごいと思う
    俺は先に退院したけど、男忄生は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた

    100 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/05/05(木) 23:30:13 0.net
    第二子妊娠、切迫で入院してた。
    入院二ヶ月目に入る所で経過が良くなく正期産まで持たなそうでギリのとこを点滴と寝たきりで過ごしてた。
    私の両親は最近事故で他界、夫が激務の為
    1歳長女を小梨義兄夫婦同居の義実家で見てもらってたんだけど、
    たまたま暇で見てたSNSで私の知らない娘の写真が載ってて、みたら義兄嫁の最近作った育児アカウントだった。
    その内容がとにかく吐き気を催すもの。
    急いで旦那に連絡するも仕事中携帯を見れないため、連絡つかず。
    義実家の電話は誰も出ない。
    ウトメは自営で仕事をしてるのでそこへ電話したら、義兄嫁と長女が出かける予定は聞いていないと。
    義兄嫁の電話番号を聞いたけどかけても出ない。
    出来るなら点滴引っこ抜いて娘を連れ戻したい程、義兄嫁から今すぐ引き離したかった。
    どうすることも出来ずただベッドの上で、血の気引く感覚を味わいながらよせばいいのに義兄嫁のSNSを見漁った。
    そこで陣痛が始まってしまい点滴追加するも間に合わず出産、子は保育器私は出血多量で一度目を覚ますも4日間ICUで過ごした。
    起きた時夢だったんじゃないかと思ったけど
    携帯を開いたら陣痛が来てしまった時開いてたページのままだった。

    今日旦那に見せて、みるみる青ざめていった旦那は義実家へ。
    色々あったみたいで義兄嫁は今実家に返されたそう。
    明日義兄と義両親総出で見舞いに来たいと言ってるみたいだけど断った。
    ただただ娘に会いたい。

    26 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2006/12/12(火) 13:07:43
    離婚決意しました。
    日曜日に母が倒れて入院。時間の問題といわれて付き添いをし、
    疲れて帰ってきて眠っていると妻の声が・・どうやら電話で妻の母と話してる様子。
    「お母さんタヒんだら、遺産とか入ってくるんだ。楽しみ!!」
    「早くタヒんでくれないと、年賀状の予定立たないし・・・」
    「葬式とかめんどい。でも泣いてる振りして良い嫁をやるから大丈夫。」
    怒りすら沸いてこんなかった。
    その後も妻は母がタヒんだら二世帯住宅を建てて一緒に住む計画を立てたり
    どうせなら秋にしてくれればよかったとか話していた。
    俺が起きたことに気づいたらあわてて電話切ったけどもう遅いよ。

    490 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/27(月) 19:28:24 ID:guI0PfDa0.net
    俺バカだから文章下手です

    嫁とはレス1年目の頃、スマホチェックしたら嫁が浮氣していた
    子供も生まれたばかりで嫁とは離婚したくなかったので間男だけ追い込みかけた
    そうとも知らず嫁は、突然間男と音信不通になってアカラサマに憔悴している
    そんなに間男のことが好きだったのかと思い
    嫁を自由にしてやることにした
    子供もを俺親に預けて嫁をデートに誘った
    行き先は間男が入院している病院
    嫁は「お友達の見舞い?」と聞いてきたので
    俺「お前にとって掛け替えの無い人の見舞いだよ」と
    間男の部屋まで案内した
    嫁は誰だろう?と頭傾げながらついてきた
    入口の名札見ても誰かはわからない様子

    461 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/05/11(月) 19:10:59 ID:ZuKN0JCTO
    今妊娠5ヶ月なんだけど2ヶ月前から別居し旦那が不イ侖してるのわかった
    子ども欲しくて二人で計画して作ったのに中絶強要し生活費も渋って入れてくれない
    責任放棄したくて罵倒や罵りは続き妊娠中に胃腸壊し倒れ手術、入院した
    うちの親から連絡がいき病室来たのは一回だけ、しかも始終むすっとし大丈夫かの一言もなしに10分くらいで帰った
    その後、入院中に苦しんでる間いつも通り責めたり罵ったりするメールしかなかった 
    罰があたったとか言われた。
    保険もちゃんと手続きすると言ったのに結局何も手続きもしてないし払ってもなく生活費を女に流してる 
    両家で話し合いした際も始終うちの親や私に揚げ足ばかりとり無理やり離婚させようとしたり金も出さず今すぐでてけと怒鳴り拒めば
    騒ぎだした

    因果応報ってあるのかな 
    向こうはピンピンして私や子を捨て女と遊び、金もよこさず楽しくしてて
    私は心労で私ばかり体壊して倒れてばかりいる 

    因果応報ってあるの?

    504 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/20(日) 19:55:28 ID:Fvp
    流れは無視する

    入院をしていたときのこと
    突発的な入院でなく、予定を立てて手術のための入院をした
    初めての長期入院だったので女友達にお見舞いに来てねーと言いまくって
    男友達には元気になったら連絡するよーて感じだった

    入院して女友達は約束通りお見舞いに来てくれた
    手術後2週間ほど個室隔離の上ベッドから動けずに暇を持て余していたので嬉しかった
    入院前にも言ってたけど、いま本当にパンツさえはけないんだよ
    布団はいだらすっぽんぽんだよーwと現状をネタにきゃっきゃと話をした
    動けないことのストレス解消になってとても楽しかった

    後日、その中の一人(A)がまたお見舞いに来てくれた
    Aは彼氏(A男)も連れてきた
    ずっと個室で寂しいだろうからーっていやいやいやいや
    親族でもない男にはすっぽんぽんで寝てる部屋に来て欲しくないから
    女友達は同性だから良いけど、すっぽんぽんですっぴんなんて状態で
    友達とはいえ異性に会うのは普通に嫌だから
    A男、扉の近くに居て寄って来ないことへの気遣いは有難いが
    Aの暴走は止められなかったのかよ
    デートの最中に近くに来たからって寄ってくれんでも良いよ
    とは言えず、わー、また来てくれてありがとうねーと対応したけどさ
    一応恥じらいとかいろいろあるんだよ

    有難迷惑ってこういうことなんだなと実感したので
    また入院した時は本当に親しい友人にしか知らせなかったけど
    普段姉御肌で面倒見の良いのAが
    実は距離感なしの常識知らずだったことが衝撃的だった

    このページのトップヘ