出産

    177 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/07/13(水) 16:42:34 0.net
    義弟嫁が切迫流産で入院した時に上の子を預かった(3年前)

    義兄嫁が今年15年ぶりに出産、中3の義兄子をうちで預かれ
    受験時期だから体調に気を付けろ受験の面倒も見ろ弁当も作れと
    「出来るでしょ?義弟嫁の時もしてたんだから」と命令口調で言ってきたので
    「当時義弟子ちゃんは2歳で義弟夫婦は預かり賃として5万包んでくれたので
    義兄子君は5万×7.5=37万5000円、大まけにまけて15万で面倒見ますよ」
    と言ったら「お金取る気?」と言われた

    出産と受験が重なったのは気の毒だと思うけど
    義兄もいるんだしなぜ私に無料で頼めると思うのか理解できない
    100歩譲って預かったとしてもお願いする立場だろうに

    155 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/06/15(木) 17:35:13 ID:r0dZ6rQK.net
    里帰りするなら自分の母ちゃんに頼れよー、こっちに頼むなよーと思う私は姑。
    私は現在離婚して、ずっと住んでみたかった場所に独居老人してる。この家は元々私の両親の別荘だったんだけど、相続した後も家から遠過ぎて持て余していたのを改築したもの。
    ぱっと見住めそうだったから、子供達が巣立った後にちゃちゃっと引っ越そうと離婚したんだけど、引越しの荷物を送る前に下見に行ったら水回りが軒並みタヒんでた。
    もう離婚しちゃったから元の家に居候するのも、この歳で兄弟を頼るのもなーと思っていたら、妊娠中の娘から住み込みの家政婦を期間限定で頼みたいと言われた。
    こりゃ渡りに船だわと快諾した。
    生活費は娘夫婦の負担で、お給料も貰えたしね。寝床もあるわ生活費も浮くわで感謝しかない。
    在宅の仕事をしているのでそれも家事を終わらせたらできたから、実は離婚前より当時の方が稼げてた。

    娘も無事出産して、私はお婆ちゃんになりました。しばらくは娘のところで家政婦を続けていたけど、家の改築も終わり孫の保育園も確保できたので、私の家政婦生活はそこで終わった。
    で、その話を息子から聞いた息子嫁が私を自分の家にも呼びたいらしい。
    ご両親が亡くなってるとかならまだ考える余地はあったけど、息子嫁のご両親ばっちり現在で毎年お中元を私にも送ってくださってる。
    他人である私を呼びたい意味が分からない。
    自分の実家が田舎にあるとか知らないよ。
    面倒だったので娘はお給料くれたから勿論いただけるのよね、と返したらもごもごされたよ。

    351 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/06/18(月) 05:22:04 0.net
    先日義兄嫁の2人目出産祝いでみんな集まった時、「赤ちゃん抱っこして!抱っこしたら◯ちゃん(私)も子供授かるよ!」と何度も大声で言われた。私が持病あって何年も不妊治療中って知ってるのに、こういうデリカシーないところが本当に本当に嫌い

    649 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/10(木) 00:04:34 .net
    嫁が二人目出産して六ヶ月。
    産後は元気だったのに、最近ずっとぐったりしてる。
    旅行に行きたいとよく言われるんだけど、そんな状態なら余計しんどいだろう。
    と言うと無言で黙るけど、まずかったかな?

    帰りは待っててくれて、夕飯も作ってくれるんだけど基本ぐったり。
    俺としては、新生児を乗りきったんだから後は楽だと思うんだけどしんどそう。
    本当は再来月から仕事復帰する予定だったのに待機児童で入れなかった。
    なんか微妙に鬱っぽいけど、フォローの入れ方とかあるだろうか。

    528 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/08/30(土) 15:34:10 0.net
    義兄嫁が第一子を出産して、私たちと同居中の義母が産後の手伝いに行ってるが
    今朝「私ちゃん、もうおうちに帰りたい・・・・」と義母から泣きの留守電が入ってた
    消え入りそうな義母の声の後ろでは
    「○○子(義母の名前)!どこ行った!くぁwせdrftgyふじこ!(解読不能)」
    と言う怒号が聞こえていた

    ・・・・何があったんだ・・・・・(夫がさっき迎えに行った)

    639 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/07/02(金) 01:01:44 ID:zpU1Qv3k
    出産した次の日に赤に会いにナースステーションに行ったら赤がおらず、
    看護師に聞いたら間違って違うお部屋のお母さんの所にいた…。
    ふざけんなよ。抱っこも初乳もまだだったのに…赤の他人に連れてかれてたなんて…。
    ムカつくムカつくムカつく

    19 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/16(火) 14:42:19 ID:4kb5UiWf.net
    10年前、幼馴染みに近い友達Aと縁を切った。
    私は初めての子どもを出産し、実家に退院する前日にAは共通の友達Bも連れてお祝いに来てくれた。
    Aは私の夫とも知り合いで、「二人の子どもを抱けるなんて嬉しい!赤ちゃんかわいい!!」ととても喜んでくれたのだが…
    翌日退院した私のところに、Aが泣きながら電話をかけてきた。
    「生理が来ない。妊娠したかもしれない。」
    聞くと、独身のAは既婚の元カレと不倫中なのだとか。
    友達とはいえここまでお馬鹿だったかと呆れ、同時にそんな話、今はあまりじっくり聞いてあげるエネルギーを捻出できないんだけどな…と思っていた。産後8日目で、新生児抱えながら電話してて。
    「既婚元カレには話していない。どうしよう。どうしたらいい?」
    とAが聞くから、どうするつもりでいるの?と聞き返した。
    Aは、「どうするも何も、出来てたら堕ろすに決まってんじゃん」と。
    その言葉が私の頭の中を駆け巡って、カーッと血が頭に上っていくのをはじめて感じた。
    その言葉を今の私に言うのかと。私は、放っておいたらタヒんでしまう我が子をいかに守るかに全神経を使ってる。我が子をもしうっかりタヒなせてしまったらどうしようと怖くて不安でたまらないのに。
    昨日この人は私の子を抱きながら、堕胎のことを考えていたのかと。しかも自分の中で結論が出ていることを、堕ろすとわざわざ出産したばかりの私に伝えてくるその無神経さが全然理解できなかった。
    同時に、こんな人と友達なんてもうやれない、そう思ってしまった。仲が良かったとき、お互いの友達観について「尊敬し合えることが大事」と言っていたのに、それが一気に崩れていったのを感じた。
    続きます。

    89 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/10/16(日) 11:11:58 0.net
    コトメちゃんが出産したんだが、
    義両親はともかく、旦那より先に友達や元カレに赤ちゃんを抱っこさせたのが解せない!

    旦那は夕方来たから仕方ないのかもしれないが、私たち叔父叔母でさえ先に抱っこするのは気が引けたが、薦められたから断れなかった

    でも、友達は明日でいい、と思った

    それに、元カレは呼ばなくていいんじゃない??

    786 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/12/19(月) 19:39:43 0
    もうすぐ娘の誕生日なので思い出した私がやったんだけど、
    私自身には記憶が殆どないDQN返し

    結婚して丁度1年くらいたった頃、妊娠が発覚した。
    義実家とはスープが冷める程度の近距離別居だったけど、
    それまでは程良い距離をおいてのお付き合いだったのが、
    そこから義実家、特にトメコトメの過干渉が始まった。
    私は割とダラだったので家事とかやってもらえるのは有難かったんだが、
    義実家はデリカシーないところがあって、あんまりプライベートなとこまで
    踏み込まれるのはやっぱり嬉しくない。トメには色々嫌味も言われてたし。
    それでも出産終わるまでと思って堪えていた。

    で、臨月近づいてきて、早産の可能性.があるってことで入院した。
    初めての出産ということもあって一人じゃ不安だったし、
    なんとか自然分娩で夫の立ち会い出産希望だったんだけど、
    仕事の関係で無理そうで、トメコトメが立ち会うと言い出したんだが、
    丁重にお断りし、少し年の離れた3児持ちの実姉に来てもらうことになった。
    (実家も近距離ですが、実母は私が高校生の時に亡くしてます)

    そしてやってきた陣痛。お昼すぎくらいだったと思う。
    病院から姉と夫に連絡してもらい、最初に姉が到着。
    夫は出産に間に合うかどうか分からないが来てくれることになった。
    が、しかし。ほっとしたのも束の間、丁度出産が始まろうとしたまさにその時、
    現れたのはウトメコトメ。

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/07/18(木) 10:32:56 ID:BflzRGq70.net
    現在嫁(36)、俺(30)なんだがもうめっちゃババアや…
    若い子がいい…

    このページのトップヘ