合コン

    15 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/12/04(金) 14:03:31 ID:0Uq
    姉のあだ名が結婚式乞食だと知ってしまった。
    ご祝儀を1000円だけ包んで参列して、料理は同じ席の人のものまで「それ食べないなら食べてあげる!「と奪っているらしい。
    ドリンクはおかわりしまくって、時には見苦しいほど泥酔してスタッフが別室に連れ出したりもあるんだってよ…。
    以前、招待もされていない披露宴に料理目当てで入り込もうとしてつまみ出された事もあってみたい。
    あいつほんとシんでくんないかな…。

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/30(火) 21:36:45 ID:36CjzJdv.net
    めっちゃキレられた。
    キレるくらいなら送ってくんじゃねーよ。
    離婚届はブラフの道具じゃねーんだよ。

    368 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/01/11(金) 16:16:43 ID:ZFRayf3M
    大学からの男友達から絶縁された。

    去年の盆に暇だからと男友達(以下A)から連絡があり、会うことになった。
    Aは結婚しており、その時点で奥さんは臨月をむかえていた。
    とりあえずファミレスで飯を食い、俺の家で無駄話をする流れになった。

    その話の中で、Aは給料が低いから子供が生まれたら奥さんにも働いてもらうと言い出した。
    しつはこの話は以前からの続きで、二人で会う数ヶ月前に共通の友達数人で会ってたそきに
    Aが子供が生まれたら生活が厳しくなる、ということをしきりに話していた。
    その時も奥さんを正社員で働かせようと思うと、かなり自分勝手な作戦を話していた。
    しかし友人たちからパートでもいいだろと、言われて少し機嫌を損ねていた。
    ちなみに奥さんは39歳。

    で、俺と二人で会ったときに、この話が蒸し返されたわけ。
    俺は乳幼児がいる女の人を正社員で雇ってくれるとこはまず無いと思う。
    あったとしても、子供が突然の熱をだしたりとイレギュラーな事があった場合
    正社員なら責任もあるので、奥さんは自由に動くことが出来ないぞ。
    だから時間にも融通のきくパートで働いてもらうほうが、ベストだとおもうと話した。

    しかしAはパートだと給料もしれてるから、生活が厳しいどうしても正社員で働いて欲しいと折れない。
    そもそも生活が厳しいのは、Aが数ヶ月、長くて1年半で職を変えるからで
    生活苦の原因はAにあるのに、奥さんにそのツケを払ってもらおうと考えていた。
    しかも奥さんが妊娠中にも無職期間があったという、どうしようもないものだ。

    349 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/12/24(木) 11:51:01 ID:YnO
    「俺の後輩がクリスマス前に彼女が欲しいって~」と同期の男性.社員が声をかけてきたから
    こっちも同じく彼氏のいない女を集めて飲み会をした。
    幹事の私と、声をかけてきた男性.社員(既婚)は一次会だけ付き合う約束だった。
    男性.社員の集めた男側メンバーのうち2人だけがうちの会社の社員。
    女メンバーは全員が社外の人間だった。

    自己紹介タイムの時、男性.メンバーのうち1人が「無職です」と自己紹介した。
    ほかの男性.メンバーがいっせいに驚いた顔して「え、何言ってんの?」「いやこいつ公務員だから、ごめんね」
    とあせって代わりに弁解?していた。
    その時点で女性.メンバーは「え、変な人?」と引き気味だった。
    「無職です」と自己紹介した人は結局30分くらい「いや無職だから」と粘っていたが、
    途中で気が変わったのか「実は公務員です」と明かした。いやそれとっくに他の人から聞いたから。
    結局よくわからないまま、その人は輪から終始ちょっとはずれた感じだった。
    私は当初の予定どおり一次会で帰った。

    後日、男性.の幹事が謝ってきて、「無職→公務員」の彼は、ネットで見た
    「合コンの途中で医者だと明かしたら女の態度コロっと変わってワロタwwwww」
    みたいなネタを真に受けてたんだとわかった。
    でも公務員だと明かした後も女メンバーの態度が変わらず、むしろドンビキだったので
    二次会の途中あたりで男性.幹事に「俺失敗したかも」と泣きついてきたらしい。
    男性.幹事「悪いヤツじゃないんだけど世間知らずで…」と頭かいてた。

    ちなみに一次会で見る限り、普通に明るくて話上手な男の子が一番モテてました。
    神経わからんてほどじゃないけど、20歳過ぎたらネットのノリは信じすぎない方がいいと思う。

    952 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/04/21(木) 10:17:57 ID:C68aqFof
    近所の同級生の母ちゃんが原チャリで暴走していたのを目撃して「夕方から単独暴走たぁ現役だなババア!」って思ってたら、おそらく旗の代わりにたなびかせてたネギをポロッと落として行きやがった!

    ネギは後続車にひかれたが奇跡的に損傷したのは青い部分だけだった

    こんなグロネギを届けられたら精神ダメージ受けてババアの面白フェイスゲットだぜ!しめしめ!

    と、思い一際刺激臭の強くなったネギを届けて見た

    「あのぅ…ネギ落ちましたよ」(ババア!落下物処理させんじゃねーよ)

    「えっ!?すいません…あら?もしかして喪子ちゃん?まぁ…わざわざありがとう!助かったわ」

    …なんて負け惜しみ言ってやがった(`・ω・´)グロネギ食わされるハメになってザマぁぁあwww


    そしたら後日同級生がヨックモックもってお礼に来た…
    うちの母さんが悪いからって庭先のアネモネを数本お礼返しした

    それからその同級生の母さんとうちの母さんが話す様になり、「うちの喪子積極性.が無くてねぇ…リア子ちゃん(同級生)が誘ってくれたら明るくなるかしら?」とか玄関先で話してやがった(`;ω;´)

    そしたら同級生からメールが来て合コン行こうよ!だ…と…?

    なにこのわらしべ長者?

    今週末開催の合コン…ははーん私様を笑い者にして楽しもうとしてるリア獣共に屈するものか!
    (怖くて行けません)

    978 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/07/26(水) 11:59:52 ID:EZz7MBdd.net
    田舎暮らしに憧れ、田舎暮らし体験ツアーに参加した。
    集合場所に着くと参加者は私を含めて2~40代の独身女性.ばかり。
    バスに長時間揺られて着いたのは、山と田んぼしかない本物の田舎だった。
    将来はこんな所で自給自足してみたいと思ってたから、そこは問題無かった。
    しかし応募フォームにあった説明と若干違って
    夜は地元の人々の田舎暮らし案内と懇親会→農家の独身男達と合コン
    宿泊は古民家の民宿→一軒家の農家(牛と鶏付き)で、夕食はそこの農家の夕食に参加、宿泊する部屋は農家の息子の部屋に息子と二人きり。
    農家一軒当り女性.が一人ずつ振り分けられていて、早い話が体験ツアーと銘打った嫁探しだったみたい。
    結局参加者全員が移動できる台数のタクシーを呼び、その日のうちに最寄りの市まで移動して皆で温泉施設に宿泊した。
    主催が○○市だったので後日苦情を入れるも、「本当は××村が企画立案したのですが、名前だけ○○市の名前を貸して欲しいとの事でしたので…」と脱力するような回答しか無かった。

    305 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/09(日) 18:40:03 ID:ZP1kDqjWD
    旦那(当時は婚約者)がある社会人サークルに入っていた頃の事。
    サークルメンバーだった男性.(20代後半)が彼女がほしいと言うので旦那の幹事で合コンを開くことになり、その男性.Aと、旦那の同僚B子が携帯交換→付きあうことになった。

    半年くらいして、Aが実は既婚者で単身赴任しているだけだと判明した。
    Aはなぜか「合コンで知り合った。B子も合コンの幹事(彼)も俺が既婚者だと知っていて付きあい、セッティングした」と奥さんに話した。
    たぶん奥さんの怒りを自分からB子と旦那にそらすためだったんだろう。ねらいは成功し、Aと奥さんは弁護士を立ててB子を糾弾し、旦那のことも民事で訴えると言ってきた。

    Aは旦那に「不倫幇助罪で訴える」とか言ってた。そんな法律はないので最終的に有耶無耶になったが、長い間「訴える、訴える」と電話でネチネチやられた。
    今思えばAの方がよっぽど脅迫だったと思う。

    B子の方はもっと大変で、既婚者だと知らなかったと証明するまでに長い時間がかかり、親や職場もからんでの大乱闘になってしまった。
    Aはなぜか一貫して被害者づらでB子と旦那を責め、奥さんは途中からAの言いなりというか操られているかのようにAに従っていた。
    結局旦那もB子も訴えられずに済み(当然だけど)Aと奥さんはモトサヤ。
    しかしB子が不倫女不倫女と職場で騒がれたため居づらくなって退職。旦那も針のむしろで、責任感じて異動願いを出し受理された。

    どう考えてもAが一番悪いのだがこちらは火の粉を払うのに必タヒで防戦一方で向こうを責める暇もなかった。
    Aはサイコパスか?というくらい周囲を味方につけるのがうまい人だった。向こうが「これくらいで勘弁してやる」的に矛をおさめたので、こっちはほうほうの体で逃げ、旦那もB子も「もう関わりたくない」と泣き寝入りした。
    「知ってる」のを証明するのは簡単だけど、「知らなかった」というのを証明するのがあんなに大変な事だとは思わなかった。

    このページのトップヘ