告白

    862 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/12/31(木) 11:11:01 ID:78F
    書き捨て。はじめて書き込むのとフェイクを入れたので矛盾してるところはスルーで。
    自分にはとても好きな女忄生・Aさんがいた。
    それを見抜いていたのがB先輩。
    この先輩は仕事はできて頭はいいが、自分に対して当たりがすごく強い人だった。
    反論しても「お前が全部間違ってる!」と押さえつけられるので、諦めて反論しなくなった。
    それで自分はナメられたんだろう。
    このB先輩が、自分に「Aさんに告白しろ!」としきりに言ってきた。
    しかし、当時の自分は告白する勇気なんかなかったが
    B先輩に「告白しなきゃ幹部になんてなれない!」
    とまで言われ、いろいろ 考えた末、勇気を出してAさんに告白することにした。
    後日、告白する事をB先輩に言うと、
    「実はお前が好きなAさんの事、俺も好きになったわ」
    と言ってきた。
    何でも、B先輩がAさんのメアドを聞く機会があり、それ以降メールでやり取りをしていた。
    ある時、AさんからBさんに届いたメールにハートの絵文字があり、
    「ひょっとしてAさんは俺に気があるのか?!」と思い、それから好きになったとのこと。
    そしてB先輩は俺にこう言った。
    「お前だったら勝負ができる!どちらがAさんをゲットできるか勝負だ!」と。
    ちょっと前まで「俺はAさんなんか興味ない」「Aさんと付き合うべきはお前だ」とまで言ってたのに。
    結果、AさんとB先輩が自分より先に告白し、交際することになってしまった。
    それを知ったときは怒りと悲しさと情けなさで一杯だった。
    それよりB先輩はさらに自分に対して当たりが強くなっていった。
    自分が少しミスをすると鬼の首を取ったかの様にはしゃいだり、
    自分が仕事で結果を出すと露骨にいやな顔をしたり、
    他の社員のミスは全部自分が悪いと言ってきて、ミスをした社員には何も言わなかったり、
    他の社員がやるべき仕事を無理やり自分に押し付けたりしていた。
    完全に浮かれたB先輩は自分を負け犬認定し、当時はまだAさんが好きだった自分の気持ちを分かっていながら、AさんとB先輩のプリクラをケータイの目立つところに貼り、それを自分の見えるところに置いたりしていた。
    B先輩が直属の上司だったこともあって誰にも相談することができずに悶々としていた。
    ただ「全部俺が悪い。くよくよして告白しなかった俺が悪い」と自分に言い聞かせ、仕事するしかなかった。
    でも大好きだったAさんとB先輩が付き合ってるという事を考えただけで夜も寝れず、食事も喉を通らなかった。
    それをみたB先輩は自分に対して指を差して笑っていた。
    しかし、「みんなの憧れるAさんと付き合ってる俺は勝ち組♪」と浮かれてし まったB先輩はすっかり仕事ができなくなった。
    そして誰もついていかなくなって役職も降ろされたのだが、自分に対する風当たりは相変わらずだった。
    自分より役職が下になって上司じゃなくなったのに上司ヅラされることが耐えられなくなった自分は鬱状態となり、
    「これ以上、ここで働く意義はない」と判断し退職した。
    B先輩からは「逃げた」と言われた。

    109 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/09/23(土) 20:32:33 ID:yCG3RlCz.net
    高校生の頃
    よくある、負けたら罰ゲームっていうのが流行った
    いつもはパシリにされたり、顔に落書して校内1週とかそんな程度だったけど、ある時一人が
    「参加メンバーの中で、テストの結果が一番悪かった人はA君に告白」
    って言い出した
    A君ってちょっとオタクで、一人でいるのが好きみたいな、クラスでもいじめに近いいじられをする男子
    何人かはそういうのは良くないからって降りたけど、私を含め6人くらいは参加
    因みに頭は参加メンバーの中で一番悪い

    それをわかってて参加
    A君が好きだったからどうしても告白したかった
    で、テスト結果は私が一番悪かった
    ベタに体育館裏で、他の子たちが見てる中告白
    A君からの返事はOK

    それが今の旦那
    旦那への告白が、いくら本音でも罰ゲームだなんて絶対言わない

    611 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/01/19(月) 16:25:19
    俺と嫁が付き合う前の話。

    職場の1コ下だった彼女を、忘年会の帰りに上司や同僚に言われ家まで車で送って帰ってる途中、ラジオでドリカムの『未来予想図』が流れた。
    彼女は、『こういうの憧れます。』って話してて、俺も『じゃあ早くいい人見つけろよ~』とか楽しい会話をしつつ、無事彼女を家まで送り届けた(彼女は実家住み)。

    じゃあな~★
    ってUターンして角を曲がるまで、彼女は家に入らずずっと手を振ってた。俺は微笑んで前を向き直ったら、目の前にイノシシがいるんだよ。
    彼女の家の地域は田舎じゃないけど、よくウリ坊とかイノシシが発見されてニュースにもなる。
    俺焦ってバックして角曲がったら、まだ彼女は家の前に立ってたんだよ。んで俺の車がバックしてきたの見て、忘れ物か何かだと思って近寄ってきたんだ。
    で、イノシシはイノシシで車のライトにびっくりしたみたいで、俺の車を避けて彼女がいる方に猛ダッシュ。まさに猪突猛進。

    俺はイノシシの気を引こうと、クラクションを
    『プププーーーッ!!!プーー!!!!!(俺的の「危なーい!!」)』
    って鳴らした。

    悪いけど続くorz

    115 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/06/09(土) 18:59:54 ID:b84jOK1e
    高校のころの話です。
    ある日の放課後、同じクラスの女子(以下S子とします)から手紙で呼びだされました。

    自分の顔はすごくブサイクで、女子達からは「キモ夫」とか影で呼ばれてるらしくて
    まさか告白はないだろう、と思いましたが、
    やっぱりちょっとは期待していたのでニヤニヤしながら指定の場所に行きました。

    そこにはもうS子がいて、「前から好きだった、付き合ってほしい」といわれました。
    もう天にも昇る気持ちですごく嬉しくなってしまい、
    「僕でよければよろしくお願いします」と返事をしました。(カミカミでした) 
    その後、すごくテンパってしまい、とりあえず一緒に帰ろうかとS子の手を繋いだら
    「ぎゃっ」とか変な悲鳴あげて振りほどかれて突き飛ばされて、
    「もうギブ!」とかってS子が泣き出しました。

    そしたら、脇の部室のベランダから同じクラスの女子4人が出てきて
    「よくやったよ、Sちゃん」とかなんかポンポン肩抱きながら励ましだしました。
    ポカーンとしてたら、女子たちがこっちをキッと睨んで
    「あんたSちゃんになにしてんだ、泣いてるじゃん」とか怒鳴られました。

    よくある話だけど、結局自分への告白は、女子たちの罰ゲームだったみたいなんで。
    何の罰かは忘れました。

    「無理矢理手を繋ぐなんて癡漢だ」「キモ顔の癖に本気にするな」
    「とりあえずSちゃん泣かしたから謝れ癡漢野郎」とかいろいろ罵声を浴びせられました。
    S子は泣きながら「キモいんだよ!」と手をハンカチでゴシゴシしながら怒ってるし
    取り合えず何も言い返せず、S子に向かって本当にごめんなさい、と謝ったんですが
    「土下座しろ」とか言われる始末・・・。失恋もちょっとだけ混じってショックでした。

    232 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/11/27(火) 11:22:31 ID:lH9IpGtk
    ちょっと前に勘介に付きまとわれた事があった。
    勘介の容姿が良かったせいか、周りからは「顔良いんだしOKしちゃえば?」と茶化されて本当に嫌だった。
    勘介本人も自分の容姿に自信があるせいか、私が勘介からの告白を断ると、
    「俺が振られるはずがない、(私)は恥ずかしがって告白を断ってしまったんだ。
    だから俺を振ったのは後悔しているに違いない!」
    に脳内変換…。
    変に顔が良いからか、自分が振られたのを認めたくないようだったよ…。

    どうも、新入社員歓迎会で勘介の酒が来てないのを店員に伝えたら、
    「俺の事が好きなんだ!」と勘違いされたらしい。

    しかも店員には「すみません、○○のお酒がひとつ足りないんですけど…」と普通に伝えただけなのに、
    勘介の脳内では
    1.店員を叱ってその態度を改めされるに変換。
    2.(私)がそんなに怒っているのは俺の酒が無かったせいだ。
    3.即ち(私)はよっぽど俺に惚れているんだろう!
    になっていた。
    私は幹事から酒集計を頼まれて自分が店員に酒を頼んだから、勘介の酒が来てないのがわかっただけなのに…。

    902 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/10/13(土) 00:31:14 ID:cPhG6pNQ
    ちょっと前に書かれてた。mixi事件を見て私も思い出した。


    学生時代、すごく好きだった男忄生に告白し振られた。その男忄生とは友達だったし、今までの関係が壊れてしまうから、自分が告白したせいだが、すごい悲しかった。

    それで連日mixiの本音投稿ポエムコミュニティに
    『あぁ私から手を話してしまったようなもの…』(詳しくは忘れた)や『もう一度あのひとの胸に飛び込みたい』(抱きついたことは実際ない)
    『あぁ…なんとかなら、私に振り向いたの?また私に笑いかけてくれる?』等べらべら書いていた。


    友達がそのコミュニティ入ってないはずなのに、名前検索をして全てみたと、わざわざ報告してきたから、
    笑ってやり過ごしたが、内心毆りたかった





    そして、もう書かないときめた

    563 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/12/08(火) 09:39:58 ID:5bBWEA8v0
    今家を建ててる、年内引き渡し
    しかし!!!!昨日現場で大工さんに告られた

    心臓バックバク うろたえてしまい、どうやって家までたどりついたか
    覚えてない・・・今も気がそぞろ・・・
    旦那にさらっと言うつもりが言えなかった 結婚4年目にして
    初めて秘密を持った、かも知れない
    でもなんで?わからない なんでなんでーーー
    もうすぐ差し入れの時間だけど、無理だーーー

    220 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/11/25(水) 13:40:25 ID:YvGAJhAt0
    私の場合は、忄生的に逸脱してたとかそういう話は全然無いんだけど...
    ある意味それよりもっとヤバい。頭が悪すぎて、人間とは思えない。
    特に高卒後~旦那に会う直前が、まさに池沼同然の人生。
    旦那には、高卒後に就職、その後1回転職したのみであとは平凡な高卒OLやってたことにしてる...
    大学入学直後から、どうしても毎朝起きられなくて通学できず...
    結局1年足らずでやめた。退学手続きにも行ってない。郵便で除籍の知らせが来ただけで終わった。
    だらだらコンビニでバイトとかして定職に就いてなかった。
    バイトが見つからないときは、わざわざちょっと離れた街のショッピングセンターまで行って、ひとりぼっちで時間を潰す日々。
    1日中同じところに座って本とか読んでたら、ホーム乚スとか、池沼とか、万引き犯に本当に間違われた。
    その間、頭の悪さに目をつけられて、卒アル見て自宅に電話かけて来た人に誘われてネズミ講にひっかかって、
    浄水器とか健康食品とか、ありえない量の変な物を買わされた。
    その後何を思ったか、人生やり直そうと複数の底辺大学を受験したけど落ちた。
    その後4年間、似たようなレベルの複数大学を受験し続けたけど、
    どんなバカ大学でも、試験問題ほぼ全部不正解じゃさすがにダメみたいで、
    結局1つも受からなかった。
    受験に必要な高校の卒業証明書を、いい年した女が何度も取りに来るから、
    さすがに高校の職員の人に覚えられて笑われて辛かった。
    友達いなくて遊びに行くこともないから、バイト代の貯金だけはたまって、受験料とかは払えたけど。
    バイトはどこへ行っても必ずひどいいじめに会うから長続きしない。
    その後やっと普通の事務の正社員になって、その頃、仕事とは全然関係ない場所で、旦那に出会った。
    実はその事務をやってた時も、ものすごいいじめに会ってたけど、
    イジメでボロボロになってる奴だとバレるのが怖くて、旦那にはいじめにあってたことは秘密にしてる。
    他にも書き切れないぐらい、どうしようもない生活してた。
    やさしい旦那だけど、よくこんな池沼と結婚しようと思ってくれたもんだ...

    37 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/12/27(火) 15:42:41 d.net
    若い頃、N宮氏と同じやつをやりまくってたこと。
    留学してたメキシコで覚えて五年くらいやってた。
    元々体にあわないのか、やった回数の半分くらいしかうまく気持ちよくなれずゲロ吐いて昏倒したりしたことの方が多かったし、
    就職した所に知り合いも誰もいなくて手に入らなくなって自然にやめた。
    特にフラバも無い。
    今は普通の3児の母やってるし、当時一緒にやってた女友達も皆足を洗ってただのママ友になってることはタヒぬまで誰にも言わない

    575 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/02/21(日) 22:59:07 ID:Xa2ngRqZ.net
    長いと言われたのでわけて記載します。

    ずっといいなと思っていた人に冷めた話。

    自分語りだめと1に書いてありますが、
    状況の説明に必要な自分語りだけ許してください。

    社会人になって数年たち、アラサーになった頃、
    突然、原因不明の難病を発症しました。
    日本での患者数がとても少なく、
    運良くとてもいい先生に出会って、病名をつけてもらい
    治療を開始することができたものの、
    1年以上入院、闘病生活が必要でした。

    有給と傷病休暇を使い果たす寸前でなんとか社会復帰を果たしたものの、
    症状をおさえているだけで、治ったわけではありませんでした。
    どうしても納得できなくて、
    自分で病気の勉強をしたいと考えるようになりました。

    それからは、ひたすら給料をためると同時に、
    平日の残業がない夜と週末は予備校のサテライト講座に通いました。
    友達の結婚式で彼と出会ったのはそんな頃でした。
    (便宜上「彼」としますが、付き合っていたわけではないです)

    このページのトップヘ