墓場

    187 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/10/08(月) 19:13:29 ID:Kug1M2LP.net
    墓場まで持ちそうにないので少し吐き出させてもらう。
    15年前に嫁と籍を入れた。嫁はバツイチなので式はしなかった。
    色々あって8年前に身内だけで結婚式を行った。
    それから一週間くらいしただろうか、嫁から話があると。
    式をした何年か前に他県に住んでいる嫁弟家族(嫁弟、嫁弟嫁、嫁弟子二人)が新築した我が家に泊まりにきたことがある。
    その時に嫁弟にレ○プされたと泣きながら告白された。
    嫁は自分の胸の内で納めるつもりだったらしいが、結婚式をし新たな気持ちで生活を再スタートするのに、俺を騙しているようで耐えられなかったようだ。
    ただただ嫁を抱きしめた。
    嫁は前の結婚の時から鬱病を患っていた。嫁の心のケアを大切にするためと、
    嫁父嫁母が近くに住んでいて、絶縁すると負担が嫁一人にかかる可能性.を感じ嫁弟には何も言わなかった。何もなかったように生活を続けた。
    それから数年。
    嫁から普通に嫁弟の話が出るようになった。
    そして今度嫁父嫁母の老後のことについても話し合わなきゃいけないから、うちに泊まりに来るという。
    ???
    レ○プされたって泣きながら告白したのは何だった?
    嫁の中で割り切っているのかもしれないけど、俺に話してるのに。
    いい気がするわけ無いじゃないか。
    また何かあったらとか考えないのか。
    ひょっとして嫁の中では何も無かったことになっているんだろうか。
    嫁は鬱病ゆえ精神的に脆いとこがある。
    もし自己防衛のために忘れてしまったのなら、思い出させるわけにはいかない。
    嫁弟の話が出ようと、会うことになっても、
    どんなに怒りの感情がおころうと、表面は平静を装って普通に接することにした。
    もちろん警戒はする。
    こんな想いをずっと抱えてる。
    嫁弟の話がでた時とか強く思い出されて辛くなるがしばらくすれば落ち着いていた。
    でも3ヶ月前に嫁父が亡くなった。
    亡くなる前の危篤状態から葬式、その後の手続きで弟嫁が離れの家に5日ほど泊まった。
    それから後も初盆、嫁弟嫁の入院による見舞いと嫁弟と会う機会が続いてしまった。
    今までは少しすれば落ち着いていた不安感自己嫌悪がそれ以来止まらない。
    それでも嫁を守るために、嫁から告白された事、嫁弟に対する怒り、葛藤は胸の内にしまったまま墓場まで持っていかなければならない。

    106 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/03/01(火) 13:28:34 ID:nNUBW1qV0.net
    前夫と結婚した半年後に義理の姉が単独事故により亡くなったと連絡があった
    近くに住んでいたのですぐに夫婦で夫の実家へ行った
    すると実家には既に義理姉の祭壇があり、骨壷になっていた
    よくよく話を聞くと亡くなったのは一ヶ月前だった
    義理姉とは結婚式後も時々会い交流があったし、何より前夫とは異様なくらい仲が良かった
    だから義理の両親が息子にそれを一ヶ月も隠していたことに本当に驚愕した
    わたしはこれは事故タヒじゃあなくて自杀殳だったのかなと察した
    しかし、義理の両親は事故タヒを通していた
    それでいて嫁であるわたしにはこの事を誰にも口外しないようにと口止めされた
    それが原因ではないけど、それから数年もしないで私たち夫婦は離婚した
    今は再婚して数年経過して平穏無事だけど
    何故か無性.に前夫の両親のことが気にかかり
    あの一家の秘密をもう関係の無い私が持っていることが重く感じます
    かと言って誰かに話していいような内容でもなく墓場に持っていくしかありません

    304 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/02/03(木) 21:29:04 ID:Eux230cG0
    では私の黒い過去を・・・

    20年以上前の中学生の頃だが
    中身が詰まった財布を夜道で拾った事がある
    30万弱が入ってた
    30秒位ものすごく悩みぬいてパクる事にした

    千円札は即自分の財布に入れて大丈夫と判断したが
    1万円札は今使うのは危険と判断し時が熟すのを待つことにし、
    CDのケース裏に分散して封印した
    社員証や免許証も入ってたが、2ヵ月待って川原で燃やした
    悪用も考えたが冒険は冒したくなかったので。
    燃えカスと財布はさらに1ヵ月後にちょっと遠くの山に行って森に埋めた

    大学に入って上京した時解禁して少しづつ堅実に使った
    完璧。

    墓場まで持っていくつもりだったけど
    このスレなら告白してもいいよね
    落とし主さんごめんなさい そしてありがとう

    725 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/09/07(金) 19:12:01 ID:2aqT0aMF0.net
    もしかしたらよくある話なのかもしれないけれど

    中絶したけれど流産だと周りに言っていること
    それなりの年で、ちゃんと夫と話合って妊娠に至った
    私は元々望んでいなかったから夫の願いに折れた形ではあったけど
    それでも覚悟をしたつもりでいたし、出産育児のことを前向きに考えて過ごしてた

    でも6ヵ月目の健診で性.別を告げられた瞬間、
    はっきり心の底から「要らない」と思った
    あの感覚は忘れられない
    もう中期だし出産して養子に出すことも検討したけれど
    夫の家族にどう伝えるかとかどう騙すかとか難しくて
    (一人っ子の初孫で大フィーバー中&高齢の祖父母も相当喜んでた)
    結局流産と伝えて中絶がいちばんショックが少ないだろうということで
    本当にギリギリで慌てて病院を探して中期中絶をした

    夫婦二人で墓場に持っていく

    81 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/12/22(木) 23:06:10 ID:7jXv21lF
    幼なじみのA君と結婚した本当の理由。
    周りは「幼なじみと結婚なんてホントにあるんだ~。ロマンチック~♪」みたいに言ってくれるし
    うちの両親も高校時代の彼と別れて以来ずっと男っ気のなかった私がようやく結婚したことで安心してくれている。
    A君は父子家庭で、「ずっと苦労かけてた息子にようやく幸せが訪れてくれた」と喜んでくれている。

    だからこそ、A君は実は女性.に全く興味のないガチの同性.愛者で、それを隠すための結婚だということは墓場まで持っていく秘密です。

    376 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/27(月) 00:52:48 ID:OsmIEF+B0.net
    叩かれるかもだけど投下
    微妙にフェイク入れてます
    初めてなんで文章変だったらすみません

    高校生だったころ盗っ人してました
    当時近所は凄い田舎で普通に玄関とか
    窓とか開けっ放しで、セコムとかも無かったので
    家の人間さえいなければものを盗むのも
    特にこれといった障/害はなかった。
    (本人がいる場合でも、嘘で家の人の知り合いの〇〇です。とかいえば簡単に入れた)

    それを利用して私はお金が無い時とか、
    欲しい物あったりする時に人ん家に入って
    よく物とかお金とかこっそり持ってってた。

    今はかなり罪悪感あるけど、当時はサイコホラー系の小説とかに嵌ってたのもあって
    罪悪感はかなり薄かった

    基本的にやるのは夜だった。
    (田舎で電灯も少なかったので
    姿見えづらいし、親も寝てるので)
    キャラクターとかの真似で黒いワンピとか
    コートとかで出掛けてやってたり、
    刑事物のドラマとか見てたので真似して
    指紋がつかないように手袋とかしてたりした
    今となっては本当に痛い奴過ぎる

    長すぎと注意されたので分割します

    860 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/05/12(木) 12:15:01 ID:ggX
    仕返しってほどじゃなく黙らせただけだけど。
    「相手の言うことを“自己紹介なんですね”ってオウム返ししつづけたら黙った」
    という話を読んだことがあったから、同僚相手に試してみました。

    同僚(たぶん30代後半?の男性.)は「結婚は墓場」「男は搾取されるだけ」という持論をいつも主張している。
    べつに彼に結婚を薦めている人はいないし、見合い話を持っていく人もいない。
    そもそも彼女もいないっぽい。
    でもいつも「結婚とは男にとって~」と演説している。
    あなたには関係ないと思うんだけど。

    普段はああそうですか、で流してます。
    しかし忙しい時は「わかったから仕事してよ!」とイライラしてしまう。
    先日、納期が迫ってみんな杀殳気立ちながら残業していたら、いつもの「男は搾取されるだけ~」が始まったので
    イライラがピークに達して
    「そうですか、同僚さんのお父さんてお気の毒ですね!
    同僚さんと同僚さんのお母さんで搾取し続けてたんですね、可哀想!」
    と言ってしまった。
    一瞬静まり返る課内。

    同僚は「俺はそういうことを言ってるんじゃ…」と言いかけたけど
    「同僚さんのお父さんにとって結婚は墓場だったんですよね!同僚さんと同僚さんのお母さんが
    搾取し続けたからですね!ただのATM扱いだったんですよね!そりゃ家庭が墓場になりますよね!」
    とまくしたてた。
    もう引っ込みがつかなかったのもあるw
    そうしたら他の社員たちからも
    「そうだよな、おまえが父親をずっと“金を稼ぐだけのロボット”だと思ってたってことだよな」
    「おまえにとっちゃ家庭は墓場なんだもんな。すさんだ家庭環境だったんだな」
    「“男は寄生されるだけの哀れな生物”でしたっけ?同僚さんたちってお父さんに寄生してたんですねー」
    「“ブタを飼うほど男はヒマじゃない”同僚さんって実のお父さんにブタと思われてたんですね。
    ブタを飼い続けた同僚さんのお父さんカワイソー」
    と続々と声が上がった。
    「同僚さんが育った家庭環境は墓場」
    「同僚と、同僚母という寄生虫を買い続けた同僚父は可哀想」
    と2,3分くらい言い続けていたら、同僚が黙った。なのでみんなも黙った。
    その日はその後、とてもスムーズかつ静かに業務が進みました。

    同僚は今もブツブツ言ってるけど、声の大きさが以前の1/5以下になったから快適です。

    156 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/02/18(金) 12:50:59 0
    トメが夫に「何で嫁子ちゃんとなんかと結婚したの?」と聞いたとき
    「結婚したんじゃなくて、し て も ら っ た の。土下座までしたんだぜ(エッヘン)。」
    と夫が言ったら(事実w)
    いきなり泣き出したトメなら、うちにいます。

    思い込みの激しい夫が、勝手に他にもライバルがいると妄想しただけなんだけど
    そう思わせてるほうが何かと都合がいいから
    黙ってるだけなんだけどね。
    それ以来トメは私に絡んでこなくなったので、墓場まで持っていこう。

    298 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/08/14(月) 23:28:05 ID:TqkGDgpH0.net
    会社の先輩に聞いた話 彼女との一夜

    彼女と酒飲んで終電逃した夜だったよ。
    時間つぶしに長々散歩して、通りすがりのバーによって
    また散歩して、歩き疲れた頃にホテルに入った。
    全然知らない街まで来てた。バーは感じ良かったし
    ホテルもキレイだった。こんなの久しぶりだねって
    彼女も本当に楽しそうだった。

    一緒に仲良くシャワー浴びて、ベッドに入ってから
    名状しがたい違和感に気付いた。
    彼女とは体の相性.も良いし、とにかく好きなんだよ。
    でもその時は、そういうのとは別に怖ろしいほど興奮した。
    彼女も俺にしがみついて凄い声出してるし。
    異様な違和感に追われて、追い詰められてるみたいだった。

    目が覚めた時は、窓からしらしら明けの光が差してて
    彼女はもう起きててぼんやりスマホいじってた。
    抱き寄せても、キスしても何だかぼうっとしてるんだ。
    寝起きで機嫌悪いのかな、こいつにしちゃ珍しいなと
    思って放っといたら、そのうちこっちに乗り出して
    夕べ変なことがあったって真剣な顔して話し出したんだ。

    「夕べは途中から変なことに気が付いたの。
    お願いだから頭おかしいって言わないで。
    ちゃんと聞いて、すごく怖かったんだから。
    でも言いたくても言えなかった。声も出ないし。
    とにかく変なことばっかりだったよ。○○君だって
    変だったよ。ホントはわかってたんでしょ」

    635 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/24(日) 19:24:10 ID:6Zi
    2-1 父と娘が「墓場まで持っていった黒い話」!
    昔のことなので、説明が多くてごめんよ。

    約60年前。太平洋戦争が終わったのが70年前だから、
    まだ日本中が貧しくて、食べていくのが精いっぱいだった時代。
    マリコ(仮名)が学校を卒業して、就職した。
    マリコは長女で、食べ盛りの妹弟がいっぱいいる。
    自分が就職したら家にお金を入れて、両親にも一息つかせてあげられる。

    待望の給料日。お金の入った封筒を大事にバッグに入れて(昔の給料は手渡し)、
    会社を出ると、物陰から父親がぬっとあらわれた。
    今も昔も、ろくでなしの父親が子供の給料を巻き上げていく話はよくある。
    マリコもそれかと思って身構えたが、自分の父親は真面目な勤め人で、
    酒も賭け事もしない。
    父親はもじもじしながら一言。
    「なあマリコ、ケーキおごってくれんか」
    ズコーとなるマリコ。

    子沢山の家で、父親の稼ぎは全額生活費。息抜きに使えるお金は一円もない。
    そして、お酒も当時流行していたマージャンもやらない=社会人としてダメ、
    という世間の風潮で、職場で友達もいない。
    せめて甘いものが食べたい……というわけで、マリコにたかりに来たのだった。
    父と娘は生まれて初めて喫茶店に入り、差し向かいでショートケーキ
    (昔はケーキというとシュークリームかショートケーキの二択)
    とコーヒーをいただいた。

    このページのトップヘ