悲しい

    530 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/04/02(土) 12:51:01 ID:9WP
    皆の衝撃話に比べたらささやかなんだけど、自分が「ありがとう」「ごめんなさい」が全然言えない人間だって知ったとき。

    結婚2年目の嫁が思いつめた顔で、
    「あのね、話があるの。
     喧嘩したいわけじゃないから冷静に聞いて欲しい」
    と言う。聞けば、
    「あなたは、日常の中での『ありがとう』や『ごめんなさい』が全然足りない。
     小さなことでも絶対に必要なことだよ。
     例えば、あなたに頼まれて私が冷蔵庫からビールを取ってきたら、本来あなたは『ありがとう』って言うの。
     私は『どういたしまして』って言うの。
     あなたが私にぶつかっちゃったりしたら、あなたは『ごめん』って言って、私は『大丈夫だよ』って言うの。
     私たちにはそのやり取りが無いんだよ…」
    そう言われた。
    その時は全然そんなふうには思ってなかったから、
    「いや、言ってるだろ!」と言ったら、
    「喧嘩したいわけじゃないんだってば」と困ったように言われた。
    嫁が言うには、俺はありがとう・ごめんなさいの他にも、嫁のありがとうやごめんなさいに対する返答も疎かすぎるらしい。
    「私があなたのしてくれた事にありがとうって言ったら、せめて『うん』ぐらい返して欲しいよ。
     私がありがとうって言ってもあなたは無言だから、いつも少しだけ悲しいんだよ。
     毎回少し悲しい」
    と言われた。
    返してるつもりだった。
    口からでていなかったのか。とその時知った。

    次の日から、本来「ありがとう」「ごめんなさい」を言うタイミングで、嫁が「今だよー!ありがとうのタイミング!ほらっ」と笑顔で突っ込んでくるようになった。
    嫁が「あ、ごめん」と言った時につい無言でいると、覗き込んで「ねえってば、ごめんね?」と改めて言ってくるので、
    「おっ、おお、大丈夫だよ」みたいな感じで返すようになった。
    こうやって言われて初めて、俺は全然足りなかったんだと知った。
    しばらく経った今も、まだ習慣レベルで口から出るところまで行けていなくて、
    さすがにもう嫁の突っ込みはいらないが、
    頭の中で(あ、今ごめんのタイミングだ!言わなきゃ!)「ごめん!」ていう感じなので一拍置く感じになってしまっている。
    でも嫁は毎回すごく嬉しそうで、「結婚生活の唯一のモヤモヤがなくなった!もっと早く言えばよかったな~」だそうだ。
    悪いことをしてたな。
    ちなみに、「旦那 謝らない」でググったら、以前の俺のような旦那を持つ奥様方の愚痴や悩み相談がワンサカ出てきた。
    離婚に発展しそうな人までいた。
    嫁も悩んでる一人だったんだな。
    まだ下手くそだけどこれからちゃんと伝えていかなきゃ。

    360 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/04/25(土) 15:54:30 ID:1lb37ad+0.net
    普段あまり行かないお高めスーパーで買い物していたら、突然猛烈な腐臭がした
    息止めて周りを見回したら、美人で上品そうな40前後の奥様が発生源だった
    なぜか急に酷く気の毒になり悲しくなった

    汗というかワキガの匂いのはずだけど、
    そういう次元じゃなく生きながらに腐っているんじゃないかって臭いだった

    737 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/04/09(土) 18:34:55 .net
    旦那に家庭菜園を除草剤で枯らされた

    つきあっていた頃から、食事を作って振る舞う度によく「材料の原産地がどこか」と
    尋ねられたり、調味料でも「オーガニック」の表示があるととても喜んでくれたり
    していたので、そういうのが気になる人なんだなと思って結婚してからも節約を頑張って
    食材には気を配っていた。
    野菜のパッケージの「無農薬野菜」を見て喜んでいたので、レタス二種類と水菜と青じそと
    キャベツとブロッコリーを試しに自分で作ってみた。
    プランターだけどたたみ二畳分を超えるくらいの面積作った。
    土や肥料には気を遣ったし杀殳虫剤も無しでやってきた。
    毎朝のサラダに出せるくらい、おおきくたくさん育ってくれた。
    旦那も喜んで食べてくれていた。

    ある日旦那が「おわああああ!」みたいな叫び声を上げたので行ってみると
    「なんだよ!これは!」と気色ばんで怒鳴っている。
    レタスに点々とついた10匹くらいのアブラムシを発見してのことだった。
    CDや黄色テープや木酢液で予防はしていたけど、やっぱり多少は他所から
    飛んできてレタスにつくので、目につく度に手で駆除していた。
    無農薬だからそんな感じなんだと、それを伝えてももう頭の中が
    「虫!気持ち悪い!」で一杯みたいで
    「気色悪いキモイなんだこれ!うわ動いてるぞこれぇ!」をぶつぶつと繰り返していた。

    それから何日かたった日、私より旦那が先に帰宅していて
    「今日虫の薬買って来てさっきやったから」とだけ言われた。
    虫を見たときの嫌がり様があったので、仕方ないかな、と思った。
    でも3日くらいしたら菜園全体が萎れてきて、いろいろ調べたり手を入れたり懸命にして
    みたけど、全部枯れてしまった。
    全部いっぺんに枯れたのでおかしいと思い、旦那に尋ねたら最初はごまかしていたけど
    「実は杀殳虫剤ではなくて除草剤をやった」と。

    このページのトップヘ