拒否

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/11/09(金) 21:42:00 ID:K0+g4rvC0.net
    俺→25歳、人妻→38歳
    これから離婚に向けて行動していきます

    113 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/10/01(土) 00:08:34 0
    次の子はまだか、週末○○に遊びに連れてけ、コトメ子の世話しろ、
    同居しろ、しなくても大トメの介護しろ、
    などなど要求の多いウトメにいちいち拒否して文句言われるのも癪だったので

    「いいですよ。お金ください」

    って返事するようになってから何も言われなくなってきた。

    369 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/11/04(月) 11:16:00 ID:zv4Rstfd0
    親にやった復讐とは言えないかもしれんが書き込む。
    父、母、姉、俺の4人家族で、姉がいつも可愛がられて、俺は適当な扱いばっかりだった。
    好きな物を買ってもらえる姉と、少ない小遣いの範囲でやりくりしていた俺。
    服はいつも綺麗な姉と、何年も買い換えてくれず、腕とか腹がおさまらず恥ずかしくていつも下ばかり向いていた俺
    外にもあまり出にくいし、やることもないから早く自立しようと必タヒで勉強していたよ。

    270 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/02/21(土) 21:05:45 ID:tME
    姪っ子が留学したいらしい。
    「だからお金出してねー。」と、さも出して当たり前な態度で言われたわ。
    お母さん(兄嫁ね)が事故で亡くなって父1人子1人の家庭(しかも兄は彼女が出来て姪っ子はほぼ放置)が哀れに思えるからこそ学費援助したりご飯作ったり外食に連れてってあげたりしてるのに。
    やってもらって当然!な顔されたら手を出す気が無くなるわ。

    306 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/07/28(月) 10:11:49 ID:7RKV7lN7X

    先生から話を聞いたところ、
    ドMな彼は、アレルギーでもないのに麻酔を拒否したらしい
    歯を削るだけでも痛いので、先生もお願いだからと説得したけど
    彼は頑なに拒否をした
    患者が拒否してる以上、勝手に麻酔はできないらしい

    その日は簡単な虫歯処置ではなくて
    神経を抜く治療だったので
    先生もスタッフもお願いだから麻酔をと何度も説得したけど
    「どこまでの痛みなのか経験しておきたい♪」と拒否したらしい

    涙を流して耐えていた彼だったけど、治療途中で気絶
    意識不明ではなかったので救急車は呼ばず
    そのままスタッフみんなで抱えてソファベッドに運んだ とのこと

    もう恥ずかしくて恥ずかしくて、平謝りして
    数発ビンタして強引に彼を起こして連れて帰った


    今回の歯医者での事件や
    「樹海で迷子」の野望や数々の痛いドM行為
    こんな人とは人生を歩いて行けない
    っていうかこの人が夫になったら面倒見れない
    結婚して子供ができて、子供にも遺伝してドMだったら
    そんな家族に囲まれて平穏に暮らせないと自分の中で結論が出たので別れてもらった

    きっと今頃彼は「彼女に捨てられた可哀相な(ry」で絶賛陶酔中

    縛ってとかムチで叩いてとかのSMなら受け付けないと偏見を持ってたけど
    こんな奇行を繰り返すドMと比べたら
    叩いて縛っての方が平和だと思った

    以上長文失礼いたしました

    537 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/12/13(火) 17:41:54 ID:WB5KzGBq.net
    小姑が腎臓2個ともやられて完全に腎不全になった。
    「もし適合するようならお前の腎臓を妹(小姑)にくれんか?」と夫に言われた。
    その時は「うん、わかった」と承諾したが、自分の腎臓を摘出される場面を想像したり
    もし摘出後に今度は自分の残りの腎臓が悪くなったらもう後が無いじゃんとか
    考えたら後からジワジワ恐怖感が湧いて「ごめん!やっぱり怖い!」と
    適合検査の協力願いの話を拒絶してしまった・・・
    小姑や夫や姑は私の薄情さを責めるようなことは一切無かったが
    透析生活になった小姑には当然ながらずっとすまなさと疚しさがあった。

    しかし後々になって気付いたら、小姑が腎不全になって以来
    夫や姑自身は適合検査なんて全くしてないんだよね。
    腎臓移植なんて成功の可能性.が一番高いのは当然血を分けた親族。
    それでダメなら他のドナーを探すのがまぁ普通だろう。
    なのに、夫と姑は自分の腎臓を本気で提供する気はなかったのか
    検査すらしてみずに、私には「腎臓クレ」と気軽によく頼めたなぁ・・・

    このページのトップヘ