811 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2006/02/17(金) 08:35:00
    半年前、飼ってた猫がタヒんだ。23歳だった。

    両親は昔不妊治療をしていたんだけど、子供を諦めて飼い始めたのがチハルだった。
    母親曰く、女の子が生まれたら付けたかった名前だったそうだ。
    飼い始めて1年も経たない内に妊娠して(医者には奇跡と言われたとか)、
    待望の妊娠だったから親戚一同に「猫を処分しろ」って言われたらしい。
    でも両親は頑なに拒否して、そのまま俺が生まれた。
    チハルはかなり子煩悩だったらしく、俺をとても可愛がっていていつも一緒にいてくれた。
    昔の俺の写真には、必ずといっていいほど彼女の姿がある。

    どんなに遅く帰っても、玄関まで迎えに来てくれた。
    寒い日には布団にもぐりこんで来て腕枕。PCやってる時は膝の上。

    同級生の女子とか家に来ると威嚇まではしなくてもかなりそっけない態度だったよな。
    あれってやっぱり嫉妬してたのかな?
    でも、たった一人にだけは最初から懐いてたよな。ゴロゴロ鳴らしてさ。
    そう、今の嫁だよ。
    お前にはわかってたのかな?「俺のことをよろしく頼む」とでも言っていたのかな。

    彼女にプロポーズしようと思ってる、と打ち明けたときはまっすぐに見上げてくれたよな。
    そして彼女がOKしてくれたという報告の翌日に旅立ってしまった。
    「何でこんな時に」と思ったけど、考えてみれば「これでもう安心だ」と思ってくれたのだろうか。

    生前、両親はよく「尻尾が何本になってもいいから、できるだけ傍にいてね。でもちゃんと見送らせてね」
    と言っていた。
    あの時は「何言ってるんだよ」と笑ってたけど、俺も全く同じ気持ちだったんだ。
    ごめんな、素直になれなくて。

    チハル。
    今でも、これからもお前は俺の最高の「お姉ちゃん」だよ。
    これから生まれてくる甥っこ、姪っこの事見守ってくれよな。

    38 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/21(火) 11:13:19 ID:tHI
    初めて義実家に帰省した時、料理の仕方を巡って酷くしかられた。
    義母が煮物を作っている間に、私にサラダを作ってと言われたので
    まずキュウリをきろうとした。
    そしたら「なにやってんの」って言われて、普通にきゅうりを輪切りにしようとしてただけなので
    意味が分からず「なにかおかしいですか?」って聞いたら「何がおかしいか分からないのか」と言われ
    それでもやっぱり意味が分からない。
    「売り場で誰が触ったか分からないのに何故皮を剥かない!」と怒鳴られた。
    「え?きゅうりの皮を剥くって・・・???」と、反抗するつもりは無かったけど単純に疑問を口にしたら
    「口答えすな!」って、ビュッと持ってた包丁を投げてきた。
    元々ただの威嚇だけのつもりで投げたらしくて私には当たらなかったけど
    台所とリビングの間でまったりと寝ていた猫にモロに突き刺さった。
    猫はヒクヒクしてパッタリと動かなくなって、私はガクガク震えて腰が抜けて、動かなくなった猫を見て悲鳴をあげた。
    その後のことはあまりよく覚えてないけど、大騒ぎになって義母が義父にボコボコに殴られてたのは覚えてる。
    結婚してまだ一年も経ってなかったけど、その時のことが頭に焼き付いて離れなくて鬱になり、
    猫を杀殳したことも、嫁に向かって包丁投げたことも、義母が正真正銘のキチだったことも
    全部含めて思い出すと震えが来て、旦那には悪いけど無理過ぎて離婚した。
    もう15年ほど経つけど、その結婚が強烈すぎて未だに独身。




    816 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/04/19(木) 23:23:09
    子供(生後2週間)が猫にひっかかれて13針縫った…
    親戚の子が「ねこた~ん」と追い掛け回して猫がパニックになり、
    子供が寝ているところへ逃げて、ジャンプの踏み台にしてしまった。
    額パックリ。

    そして嫁は「猫を捨てろ!杀殳す!」と大激怒。
    猫は自分が同僚からもらってきて、世話してて
    嫁は時々撫でる程度。つまり俺の猫。
    捨てろとか無理です…orz
    実家も無理だしなぁ。とりあえず2Fに猫部屋を作って出さないようにした。

    もう全部自分の責任です。ごめんなさい

    430 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/03/30(月) 00:51:49 ID:OmwOH3JX
    404 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 02:00:30 ID:Dj/2STdN
    うちにいるデブ猫を飼いだしたのは、夜中に血まみれで道路の真ん中でジタバタしていたのを
    仕事帰りに通り掛かった俺が近所の動物病院に連れこんだのがキッカケだった

    夜中の流れの速い道路の真ん中にいたら、轢かれてタヒぬのは目に見えていたので
    とりあえず道路の端にでも移動させようと車を停めた
    実際に近くで見ると結構出血していて重症っぽかった
    置いておくわけにもいかず、抱き上げて車に乗せようとすると、
    これぞ肉食獣!という感じで歯を剥き出しにして俺を威嚇しまくり抵抗した
    トランクにあった毛布をバサっとかぶせて包み、助手席の足元に置くとぐったりしてあまり動かなくなった
    素人目にもこれはヤバいと思い、うちの近所にオープンしたての動物病院があったのを思い出し
    警察に捕まったら確実に免許が無くなりそうな走り方をしてその病院に急いだ
    自宅兼動物病院に着き、呼び鈴を連打すると若い女の人(奥さん)がインターホンに出て
    少ししてパジャマ姿の若い院長先生が目をこすりながら出てきた
    ぐったりと抵抗もしなくなった猫を車から降ろし検査をしたところ、後ろの両足が折れ尻尾が潰れていた
    左足は骨が突き出し、そこからかなり出血していた
    車に撥ねられたようだった

    500 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/01/15(金) 17:36:55 ID:rcB
    愚痴です
    私は猫がとても苦手です
    幼い頃に野良猫集団に追い掛け回され後が残るほど噛みつかれたせいで、画像を見ると一瞬固まるほど怖いです
    そんなわけで猫を必タヒに避けて生きてきたのですが、のっぴきならない事情で猫を引き取る事になりました
    夫は何度も頭を下げてくれ、「本当に無理だったら保健所に」とまで言ってくれたのですが、事情も含めて(夫の親友でその猫の飼い主が亡くなった)そこまで言われると断われません
    最低限の世話はするがあまり近寄らないという約束で猫を飼い始めたのですが、その猫がびっくりするくらい私に懐くんです
    歩いていたらぐりぐりと擦り寄って来るし、ソファに座っていたら膝に乗ってくるし、夜はベッドに入ってきます
    相変わらず猫は怖いままですが、半年足らずでその猫がすっかり大好きになってしまいました
    その話を猫好きの友人にしたら、「もしかしてその猫はあなたに嫌われていると思っているから、追い出されないよう擦り寄っているんじゃないの」と言われました
    確かにそうかも、と頭を殴られたような衝撃を受けました
    我が家の猫は愛しているのですが、やはりまだ怖く自分から近寄ったり撫でたりできません。
    いきなり近寄られると悲鳴を上げてしまうこともあります
    主人を失って、人間の都合で主人を変えた猫に窮屈な思いをさせているのだと自己嫌悪で一杯です

    745 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/09/14(土) 07:40:19 O
    旦那の勤める会社の社宅にずっと住んでいたんだけど、やっと戸建ての家を建てた。
    娘はとても喜んで、猫を飼いたいと言い出した。
    娘は内向的な子どもで、ひとりっ子だし、私は実家で猫を飼っていた経験もあり、
    旦那も私も猫を飼うことを了承した。
    家が多少傷付いても、娘の心の拠り所になればと。
    しかし別居ウトメが大反対。
    理由は、よく預かるコトメ子×2を連れて、我が家に泊まりで遊びに来たいから。
    コトメ子は喘息持ちだから飼うなという理由。
    だったら、我が家に来なきゃいいし、
    ウトメ宅に出向く時は、コトメ子が帰った後の時期に私たちが出向けばいいと思う。
    しかしウトメから、嫁は非常識だと責められている。
    私って非常識ですか?
    私にしてみたら、ウトメこそ横暴じゃないかと思うんですが?
    ちなみにコトメ自身は何も言いません。
    ただウトメを止めもしないので、ウトメに同意なんだと思います。

    163 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/12/23(水) 16:09:52 ID:enx
    草むしりしてる兄にお茶を持っていこうとしたら、




    なにこれ

    24 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/08/02(水) 23:50:59 ID:Sh7
    父がかわいそうな話。

    うちの父親、生まれてこのかた40年以上ペットを飼ったことがなかったらしくて、私が犬や猫を飼いたがっても首を縦に振ってくれなかった。
    あまり動物が好きなわけじゃなかったし、経験がないので臆していたらしい。

    でも、私が離れた市の中学を受験するために母とホテルに泊まっていたとき、母が私の受験中に勝手に犬を買ってしまった。ペットショップで一目惚れだったらしくて、家族には事後報告。
    母に甘い父は仕方なく許して、「俺は世話しないぞ」と言っていた。…が、一週間後には一番散歩にいくようになったw

    その後、私が高校一年のとき、家族でペットショップに寄ると、そこにめちゃくちゃ可愛い子猫がいて私が一目惚れ。
    父にせがむが、私には甘くないので暖簾に腕押し。「猫は家を傷つけるから駄目だ」と断固拒否していたけど、こんな美人な猫はいないんじゃないかってくらい可愛い子猫だったので、記念に抱かせてもらい、父にも抱っこさせた。
    それでも駄目だの一点張りだったので、私はすっかり諦めていた。…のだが、一週間後に子猫をもらってきたww
    ペットショップの店員さんによると、一週間ずっと仕事帰りに寄っては抱っこしていたらしい…父よ……。

    そして私が大学三年生のとき、またペットショップで可愛い犬(同じ犬種)がいた。
    ヨーダみたいな顔してたけど愛嬌があって、性.格もすごく良さそうだった。
    二匹目は無理だとわかっていたので、抱っこだけさせてもらい、流れで父にも抱かせた。
    うちの犬もあんな頃があったね~なんて話して帰り、その後すっかり忘れていた。……が、三日後に買って帰ってきたww
    「抱っこしたら駄目だな…」と言いつつ顔はデレデレ。
    あんなにペットを嫌がっていたのに、今では家族で一番かわいがっている。
    おやつも一番あげてるし、一番世話もしてる。
    なのに、なぜか犬猫三匹とも父に懐かないんだ…抱こうとすると逃げるんだ…
    「おやつを持っていると来てくれる!
    朝ごはんもねだりに来るんだよ!」と嬉しそうに言ってお世話を頑張る父の努力が報われてほしいけど、多分無理だろうなぁ

    933 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/26(土) 12:04:48 ID:FD5
    彼の部屋に初めて、そして最後に訪問した時。
    そこはアパートの1階で、洗濯物を干せるぐらいの小さな庭があった。
    その庭に出る吐き出し窓の横に置いてあるカラーボックスの上に
    空き缶が置いてあって、その中に石ころが5~6個入ってた。
    うずらの卵ぐらいの大きさのやつ。
    「これ何?」って聞いたら「ああ、猫よけ」って言われて
    「え?これおいておくと猫が来ないの?」って聞いたら
    「いやいや、猫見つけたら追い払うやつ」って言われた。
    なんか庭に猫が入って来ることがあって、見つけたらすぐ対処できるように
    この場所に置いてあるんだって言ってるそばから猫が入ってきて
    彼が石を掴んでヒュンッ!て投げるスピードにもビックリしたが
    見事に命中して高速で逃げて行く猫を見て、なんだかわかんないけど
    自分がぶつけられたみたいにヒッ!となった。
    彼が猫が嫌いだってのはしょうがない。
    猫が好きだろうが嫌いだろうが、庭に来られるのが困るのも
    粗相するとしたら腹が立つのもよーく分かる。
    本当に嫌だろうし、ここにきたらこういう目にあうぞ!と教え込む(彼氏談)というのも
    分からないでもない。
    だけど・・・!!
    高校時代、野球部でピッチャーやってた彼氏、
    ニコニコ笑って「俺、コントロールいいだろ?」って言いながら
    上に書いたようなこと言われて「そうだね」とは言えないよ。
    彼を一方的に非難するのは違うと思ってるけど
    (首輪してたから飼い主がいると思うし)
    それでも「好き」って気持ちがその日を境に無くなってしまった。

    53 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/10/25(木) 13:00:28 ID:kxuq/YkDO
    670:おさかなくわえた名無しさん :2007/10/24(水) 08:34:03 ID:ahEFYFMK [sage]
    ある雪の降る日の午後、近所の懇意にしている野良猫が一匹の子猫を咥えてうちにやってきた。
    子猫を置いて、どこかに消えた。子猫、瀕タヒ。
    母と俺とは大慌て。「とにかく、暖めてみよう」
    子猫はなんとか生き延びた。が、鳴き声を発しない。
    「仮タヒ状態になった時、脳をやられたのかな…」と思いながら、育てた。
    餌は食べた。天窓の小鳥を目で追いかけていたから、視覚も大丈夫そうだ。
    雀が好きで、声を聞くと窓の側に行っていたから聴覚もOK。
    外に出さなければ生き延びられるだろうと思って、家飼いをしていた。

    しばらくして、その猫が時々口を開けるのに気づいた。
    猫が甘鳴きする時のような開け方。
    声がでるのか?DKWK。そして数日後、とうとう猫は声を発した。

    「チュン!」

    衝撃的だった。

    このページのトップヘ