病弱

    208 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/11/02(水) 23:58:01 ID:Lqm
    私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった
    まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある
    私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた
    そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた
    私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた
    いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ
    母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった
    私は声も出ず呆然とした
    感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる
    偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した
    たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した
    母は意識不明で生タヒを彷徨い、周りは病弱で親に甘えてばかりの私が弟か妹に嫉妬して突き落としたんだと考えた
    私は周りから「お母さんを押したの?」と聞かれ、最初は解らないと答えていたけど、きつい口調で何度も何度も聞かれて、私が母をおして杀殳したんだと確信した
    母は三ヶ月ほどして目を覚ましたけど、意識は戻らなかった
    話しかけたら目を開く
    動くものを目で追う
    音がした方に反応する
    そんな基本的な反応はするけど、喋ることも、ましてや私を認識することもできなかった
    そのまま半年が過ぎ、一年が経過し、二年が経過し、三年目で母が目覚めたと聞いた
    聞いたというのは、私が母を突き落としたことで今で言うサイコパスというのか、そんな扱いを受けて、子供の情緒を育てる的な特殊な病院に行っていて、母に会わせてもらえなかった
    動かない母を杀殳すのは簡単だから私が母を杀殳すことを懸念されたのかもしれないし、母に会わせてショックを受けさせるのを防ぐためだったのかもしれない
    今となってはわからないけど、母とは意識が戻ったあともすぐには会えなかった
    手紙を書くことは許されたので、病院で色紙にクレヨンで手紙を書いた
    おかあさんごめんなさい
    おしてごめんなさい
    とごめんなさいばかりを書いた手紙だった
    そうして時が過ぎ、私の小学校入学が目前となり、普通の小学校は無理なんじゃないかと大人たちが話していた頃に車椅子に乗ってガリガリになった母が訪ねてきた
    母は私のことを見てワンワン泣いた
    何度も何度も無事で良かったとつぶやいた

    大きくなってから聞いたんだけど、母を突き落としたのは近所のたーちゃんだった
    母は誰かに後ろから押され、咄嗟の判断で私の手を離したらしい
    転がって落ちる過程で全てがスローモーションで見て、たーちゃんが手を突き出した状態で立っていたこと
    そのまま私の後ろに立ったので私まで突き落とされると思ったことを話してくれた
    たーちゃんは私が遠くに行ってから、家のハムスターを杀殳したりして問題行動を繰り返していたことを父から聞いた
    母の意識が戻ってからたーちゃんと話す機会を作ってたらしく、なんで押したのか聞いたら「押して転んだら中から何が出てくるのかなと思った」と言われた
    私が普通の学校に行ったのと入れ違いでたーちゃんが病院にかかるようになったらしい
    たーちゃんの親たちは私達親子を恨んでいて、一時期すごく嫌がらせをされた
    私はその時まだたーちゃんのことを知らなかったから、人を杀殳した私が天罰を受けてるんだと思って修羅場だった
    母もまさか私が母を落としたと思い込んでるなんて思わなくて、知ったときは言葉通り絶句して声もなく泣いた

    368 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/09/02(火) 18:15:32
    夫は教師。
    クラスに病気で手術を繰り返している生徒がいたんだけど
    次に入院することがあれば、もう命が長くないと常々言われてたらしい。
    そしてついに、入院せざるを得ない日がやってきた。
    夫はその知らせを聞いた日、帰宅したら
    2歳の息子を抱きしめておいおい泣いた。ご飯も食べずに泣いてた。
    夫の泣くところを初めて見た。

    あれから6年たって、こないだの週末。
    その元生徒さんがうちに来た。可愛らしい婚約者を連れてた。
    彼らが帰った後、夫はもう小学生になってる息子を抱きしめてまたおいおい泣いてた。
    息子が嫌がって逃げて、走り回って遊んでる姿を見て、笑いながらまた泣いてた。

    565 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/02/05(日) 01:45:13 ID:68q
    3年生の時に初めて同じクラスになった同級生が、893の幹部の娘だった
    当然周囲は知ってるけど、俺は病気で2~3月に1回くらいしか出校できなくてボッチだから情報共有なし
    表向きは(本人曰く)「お父さんは建設会社の部長なの」ってことになってて
    893だってのは公然の秘密だったんだけど、俺はそんなことも知らずに建設かーなんてのんきに思ってた

    普段は病院の中の教室で勉強してるから、微妙にみんなと勉強の進み具合が違う
    ある日授業の内容が理解できなくて、隣の席だった幹部娘に「ノート見せて」って言ったら
    「しかたないねー」って机をくっつけて見せてくれた
    声のでかいガサツな女だと思ってたのに予想外に丁寧できれいな字で、しかも彼女からいい匂いがして
    その1日だけで惚れてた
    「こんなのもわかんないの?病院の教室ってどんなだw」って笑われても嫌な感じがしなかった
    その翌週、彼女が「これ試験範囲。学校出られるなら使いなよ」ってノートのコピーを持って自宅に来た
    小学校の頃からずっと幽霊同然な俺を見舞いに来た初めての子
    残念ながら試験日は検査で病院にいたので受けられなかったけど、お守りみたいにノートを持って行った

    当時は携帯も普及してなくて、彼女とは2~3か月に一度会えるだけ
    たまに気が向いたら彼女のほうから「これノート」ってコピー持って会いに来てくれる
    俺の母親がお礼にお菓子用意してたら「これうまっ!」って俺の分まで食われた
    その顔を見ながら今度手術受けるんだ、うまくいったら付き合ってって言ったら
    「帰ってきてからもう一回ね」と言って帰って行ってしまった
    それから検査検査の連続でしばらく会えなくて、いざ手術となった前日に病院に母親が
    彼女からって言ってお守り預かってきた

    母親が「あの子と付き合ってるの?親がああじゃなけりゃいい子なんだけどねぇ・・・母さんは反対」って言いだして
    そこで俺が何のことかを聞いて、初めて彼女の親が893だと知った
    母親は俺が承知の上だと思っていたらしくて、俺がびっくりしてることにさらに驚いてた

    506 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/07/07(木) 13:27:59 ID:Wrc
    兄が結婚したんだけどその相手に対する愚痴
    結婚決まるなり私に親の遺産をすべて放棄しろと言われた
    私はとある理由から兄にめちゃくちゃ可愛がられてる
    義姉は付き合ってる頃からそれを快く思ってなかったみたいで、嫉妬してるのかなと思う態度があった
    でも兄の大切な人だし、兄は私に甘すぎると思っていたから我慢してたら、身内になるなりこの一言
    理由は私は病気持ちでこれまで年間10万以上の医療がかかってきた
    それにリハビリとか、より良い治療のために親は自費で数百万かけたりしてきた
    それを兄から聞いて不公平だと感じたらしい

    実は私の怪我も病気も兄が原因
    まだ幼かった兄は親の庇護を受ける私に嫉妬して、ちょっとしたいじわるから大怪我をさせた
    大怪我に至ったのは不幸としかいいようがない状況
    兄はそれを発覚するのを恐れて、私の怪我に落ちていた不衛生な布をつかって止血し、すぐに親には言わなかった
    溝の水を含んだ布から雑菌が体に入りこみ、私は生タヒの境をさまよって最後は後遺症がのこった
    6歳かそこらの兄に緊急時の適切な応急処置なんかできるわけもないし、そのことで兄を恨んだりもしていない
    でも兄はすごくすごく後悔していて、だから私のことを親以上に大切にしてくれた

    義姉はそれを知っていて理解してくたから結婚したと兄から聞いてたんだけど、どうやら話が違うみたい
    私に「昔のことでいつまで兄を縛り付けるの」「あんたは兄の疫病神」「あんたにお金をかけたから兄は長男なのに十分な教育を受けられなかった」と攻撃してくる
    兄の前では良き妻を演じてるけど、兄が仕事に行くなり本性.が出てくる
    私が病気のために一人暮らしを親に心配されて、ずっと自宅通学できる学校しか選択できなかったのに
    「兄とちがって私学の大学で親の金を食いつぶしてる」
    「大学生にもなっていつまでも家に寄生してる」
    「いつまで親に医療費払わせるつもり?」
    「難病だかなんだか知らないけど病気は自業自得」
    「いつまで寄生虫してるの?」
    「親に病院代も学費も払ってもらって十分遺産分は使い込んだでしょ」
    すべて理解して受け入れて結婚したはずが、家に私と二人きりになるとこんな感じ
    あと学費は奨学金借りてて、交通費と教科書代と受験のときの費用だけ親に出してもらってたけどそれも許せないらしい

    兄はこれまでさんざん私のために我慢してくれてたから今度は私が我慢する番だけど、我慢ってすごくすごくストレスがたまるし忍耐がいる
    働き始めたら独り立ちもできると今は学業に専念してるけど、親や兄の負担になってると言い続けられるのは図星を付かれ続けてて堪える
    早く家を出たいな

    954 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/01(火) 10:42:47 ID:W0H
    弟嫁が病弱らしくていつも薬包紙に包まれた粉薬を持ってる。
    よく咳き込んだり目眩が…ってフラフラ~としたりしてたからみんな気を使ってあげたり母は毎日弟嫁にご飯を届けてあげたりしてた。
    先日実家に弟夫婦が遊びにきたんだがそこでかなり激しめの喧嘩が起こってしまった。
    ヒートアップした弟嫁、自分のバッグから薬包紙を3包取り出しそれを一気に口に含んだ2包目あたりでみんなが止めたがなんか呼吸困難?になったから救急車呼んで病院行ったら弟嫁は至って健康そのものな上にいつも持ってた薬包紙の中身はただの小麦粉だった。

    このページのトップヘ