結婚

    193 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/05/16(水) 23:18:31 .net
    788 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 01:20:27.62
    俺が高校出て就職して2年目、新卒の女の子が入ってきた。
    俺より上は男しかいないようなむさ苦しい職場だったが、
    俺以外の同期も後輩数名もみんな女の子で、一気に会社が華やかになった。

    研修期間が終わり、秋。一人の女の子がうちの部署に配属となった。
    横顔がタヌキみたいに見えた。なんかいつもピョンピョコフワフワしてた。
    滑り具合に定評のある俺のギャグにも、顔をクシャクシャにして笑ってた。
    めちゃくちゃ幸せそうに笑うもんだから、一発でその笑顔の虜になった。

    その年の暮れの忘年会、偶然席が隣になったので、ここぞとばかりに沢山話した。
    もうすぐ来るクリスマスがちょうど誕生日だと言うので、翌日プレゼントを買いに走った。
    似合いそうな可愛いヘアピンを買った。クリスマスの日も仕事だったが、
    渡すタイミングを伺ってたら、一日が終わってしまった。

    結局渡せたのは年が明けてからだった。苦笑いと嬉しさが混ざったように「ありがとうございます」
    と言ってくれた。翌日からずっとそのヘアピンをしてた。知ってる限りは毎日ずっと。
    次の春、連休に食事に誘った。
    「男性.と二人で食事にいったことなんかなくて、緊張します」と断られた。
    絶望したね、1ヶ月くらいハイパーブルーだった。

    その年の夏、女の子は泣きそうになりながら、というか泣いてた。俺に話しかけてきた。
    「もらったヘアピンを壊してしまいました」ものすごく落ち込んでた。
    何を言おうか混乱して、おもわず告白してしまった。
    恥ずかしいから内容は伏せるが、女の子は驚いた顔を見せて走って逃げた。
    パワハラ兼セク八ラをかましてしまったと思い、またハイパーブルーになった。

    120 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/20(火) 10:37:35 ID:6om
    今から数年前、私達の結婚式で出会い→結婚まで行ったカップルが数組いたため、
    「いい人がいたら紹介して!」と頼まれる事が増えていた。
    当時38歳だったAもその一人で、どんな人がいいのか聞いたら
    「子供が欲しいので20代前半の健康な人。子供が手が離れたら働いてほしいけど、
    それまでは家でじっくり子供達を見ていてほしい」
    独身主義で結婚に夢は持ってないと言っていたのに、なんで急に子供をと思ったのか聞いたら
    「老後が不安。あと親を喜ばせたい」
    流石に20代前半で紹介できる人はいない事と、
    老後の面倒を見させるためと、舅姑を喜ばせるために子供産む女性は今時いないよと伝えたら
    「分かった。それでも誰かを紹介してほしい」と言うので、
    当時28歳だったBを紹介した。
    Aは顔も収入もそこそこだし、この時までは性格だって悪くないと思っていた。
    Bも家庭的で穏やかな人。
    上手くいくだろうなーと思っていたけど、後日Bから駄目だったと報告された。
    なんでか聞いたら「子供ができてもギリギリまで働いてほしい、出産後もすぐに復帰してほしい、
    子供は最低でも三人は欲しいが、年齢を考えて34歳までに産みきってほしい、
    子供達には母性が必要だからしっかり見てやってほしい、
    両親と同居、両親に楽させてやりたいから家事は全部お任せしたい」と言われたそう。
    私に言ってた話と違い過ぎるじゃないかと思ってAに連絡をとったら、
    「前半も後半も同じ20代だと思って会ったけど、やっぱ28歳はそれなりだった。
    焦ってる行き遅れ貰ってやって、子供産める環境整えてやって、育てられるだけの金出すんだから充分だろう」
    と耳を疑うような事を言われた。
    嫁をがっつり働かせておいて「育てられるだけの金を出す」って内訳どうなってんだと思ったけど、
    聞く気にもならずに電話を切って、Bに平謝りした。
    幸いBは気にしてないと言ってくれて、それからも変わらず友達付き合いは続いているけど、
    一歩間違ったらこっちの信用もなくなると分かって、私は友人知人を安易に紹介するのをやめた。
    でもってこの三連休、すっかり疎遠になってたAから「もう一度Bさんを紹介して」って連絡があった。
    アフォかと思って放置してるんだけど、着信履歴がすごい事になってて地味にイラッとする。
    121 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/20(火) 12:46:34 ID:BuK
    友人の義弟(ご主人の弟)も、やっぱり38.9歳で
    「女の30すぎはあり得ない」とか「妥協するつもりない」とか
    ふざけたこと言ってるし、40近くまで独身の人って男女問わず
    頭いかれてんじゃないかと思うようなこと言うよね
    うちの旦那の会社の40になる女性社員も、似たようなこと言うみたいだし
    123 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/20(火) 13:38:18 ID:vmN
    さっき旦那のLINEに返信しようとスマホいじってたら、
    タイミング悪くAから着信があって出ちゃった。
    仕方ないからはっきり迷惑だって断ろうと思って話をしたんだけど、
    「あなたに紹介できる人なんていないよ」
    「そう言わずにもう一回Bさんと橋渡しをしてほしい」
    「もうとっくに結婚してる」
    「じゃあ他の人でもいい」
    「無理、みんな結婚してるし」
    ここでちょっとした好奇心が出ちゃって、「どんな人を希望してるの?」って聞いたら
    「どうしても子供が諦められないから20代前半の健康な人」だってよ。
    38の時無理だった希望が42になってかなうわけないじゃん!
    しかもその条件でなんでもう一回Bさんなんだよ!
    無理無理無理って連呼して着拒したけど、
    また連絡してきそうでめんどくさい!
    124 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/20(火) 14:14:09 ID:5Hy
    Aの親が体調崩したんだな
    125 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/20(火) 16:33:44 ID:qrT
    >>123
    ゴネてどうにかなるもんでもないでしょうに…
    126 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/20(火) 20:14:03 ID:bQk
    >>123
    こういうのは後進国の外国人嫁をもらえばいいんだよね
    そしたらお望み通りの若い嫁が手に入る
    そのうち財産持って子供置いて逃げられるけど、
    一時でも若い嫁もらえたなら満足するべきだろう
    引用元:http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1472184550/

    574 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/05/09(水) 22:33:25
    嫁が台湾からの技術留学生で俺の会社に来て俺が教育担当になった
    嫁の祖父が日本統治世代で日本語ができて両親もその影響でペラペラだから
    嫁も祖父や両親から日本語を教わったので
    最初から会話が成立するので意志疎通には苦労しなかった
    2ヶ月位経った時に買い物につきあって欲しいといわれて休日に出かけた
    留学生数人とで出掛けると思っていたら何と2人きり
    重たい荷物かなと思ったが別に重たい荷物は無かったし
    訳も分からず彼女の買い物につき合っていたら
    その日の別れ際にまた来週どこか行きませんかと誘われた
    3回位そんなのが続いたので俺は嫁の事を嫌でも意識し始めて
    4回目のデートの時に嫁に思い切って俺の事が好きなのか聞いてみた
    外国人特有のオープンさと言うのか顔色一つ変えずに好きですよと言う嫁
    俺のどこがいいんだと聞くと嫁は満面の笑顔で「俺さんは優しいし、仕事できる男の人ってカッコいいじゃないですか」と言い切る
    生まれてこの方女の子にカッコいいと言われた事の無い俺はもう夢かと疑う始末
    この後に嫁に告白されて付き合う事になった

    664 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/12/17(日) 09:12:59 ID:YcORPmka0.net
    出会いは俺21 、相手は18歳
    北海道のとある田舎町
    路駐してクルマを降りたオレを向かい側の喫茶店の窓から見かけて一目惚れされ、そのあとニコニコしながらオレのクルマを追う彼女。
    面識ない人だし、ヤンキーっぽい風貌だし、ちょっと怖かった。
    友達と合流してから、その子のクルマを停めてなんでオレは追われてるの?って聞いたら
    『名前、〇〇っていう人でしょ?カッコイイね!』なんて言われてしまい気になる存在に。

    とは言えオレに付き合って3年の彼女がいて、さらに彼女の実家で同棲中。
    相手も付き合ったばかりの彼氏がいた。
    でも隠れてこっそり会った。
    オレのこと大好きオーラ全開で、いつもニコニコしてくれてた。
    それでもお互いやりたい盛りの年齢だったけどキスしかしなかった。
    二人で朝の公園を手を繋いで散歩した。

    出会いから2年経った頃、突然その子は街を出て東京に行ってしまった。
    オレもその1ヶ月後には同棲中の彼女と入籍。


    (長いんで続きますよ)

    939 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/01/07(木) 10:28:01
    以前、派遣社員をやっていた会社で似たようなことをしでかした上司がいた。

    当時私は28歳、同じ時期に派遣されてきた25歳の女性.と仲良くしていた。
    上司が43歳で独身男性.。
    最初は私に声かけてきたけれど、それとなく「来年結婚が決まってる」という話をしたところ
    翌日から露骨にガン無視w
    そしてその頃から今度は25歳の彼女の方に声をかけて、「遊びに行こう」「飲みに行こう」と誘うようになった。

    …が。実は彼女は同じ部署の男性.(上司からみると直属の部下)と既に付き合っていた。
    お互い職場内恋愛ということもあり、上司にはいえなかったので誘いを断わるのに苦労したとか。

    半年ほどして彼女が妊娠してしまい、デキちゃった結婚。
    時期ハズレだったこともあり2ヵ月後に簡単な挙式と披露宴を行った。
    その席上で上司がやらかした。

    「散々目をかけた部下に先に結婚されるとは思わなかった」と冗談口調で始まったのは良いけれど
    後になるにしたがって、興奮したのか酷い内容になっていき
    最終的には何故か新婦が自分に言い寄ってきて付き合った後部下と付き合い始めたことに話がなっていて
    「僕のお古を大事にしてやってください」で締めた。

    ムカついたので同じテーブルに座っていた新婦友人に真相をぶちまけたところ
    その中に友人代表としてスピーチをする予定だった女性.がはいっていて、私に確認を取ったあと
    自分のスピーチで「先ほど、新郎新婦の上司がたちの悪い冗談を言ったようですが…」と訂正し
    その後さらに「自分の好意をもった女性.を部下にとられたからといって嘘をついてまで貶めるような人を選ばなかった新婦の選択肢は正解」
    「まぁ、そういうとこみたら40過ぎて独身なのもわかりますよね」なんて言って笑いをとっていた。

    ただ、私の隣に居た39歳独身の女性.の先輩の笑いだけが引きつっていた…

    400 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/11/16(水) 21:35:50 ID:zn4
    双子の姉の彼、姉のふりして借りた。
    かなり具合が良かったので、姉が別れてから、ゲットして、今夫。
    ちなみに借りたのはあの1回だけ。

    どっちにも内緒。

    125 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/12/30(金) 10:28:26 p.net
    黒い過去とは違うけど学生の頃に散々虐められた同級生の女の兄と結婚した
    義妹はブラコンだったからわざとアプローチして結婚までしてやった
    付き合ってるときは嫌がらせが凄かったし姑にも目の敵にされた
    でも地道に味方につけて今は義妹が実家を出て行く形になった
    最近は義妹とわずかだけど仲良くなってきたように思うけど
    油断できないから常に一歩引いた関係を保ってます

    29 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/01/23(土) 14:21:38 .net
    では、>>11さんが帰ってくる幕間に、こちらもおっさんの話

    アフガニスタンからソ連軍が撤退を開始したころ。

    当時の勤務していた会社の取引先は、テナント雑居ビルの3階にあった。
    そのビルの1階は洋菓子屋だったが喫茶室も併設していたので、
    取引先は来客があるとそこからコーヒーなどの出前を取っていた。
    俺は取引先には週に3~4回訪問していたので、週に最低1回はコーヒーをご馳走になっていた。
    出前に来る女性.はだいたい決まっていたので、自然と顔見知りになっていた。
    出前にコーヒーにはサービスでいつも小さいカップケーキが付いていたが、
    甘いものが苦手な俺はいつもそのケーキを残していた。

    ある日のこと。
    取引先に行く際に出前の女性.と同じエレベーターに乗り合わせたのだが、
    軽い会釈の後にその女性.がこう言った。

    『ケーキはお嫌いですか?』
    「あ、すんません。甘いものはちょっと苦手で・・・」

    ちょっと気まずい雰囲気だったがすぐに3階に到着したので、
    俺は逃げるようにしてエレベーターを降りた。
    しかし、取引先はいつも通り俺にコーヒーの出前を注文してくれたので、
    数十分後にまた先ほどの女性.と顔を合わせることになった。

    いつも無表情でコーヒーを運んでくるその女性.は、そのときは珍しく笑顔だった。
    『今日のケーキは私が焼いたんですよ』
    「あ、そうですか。では今日は残さずに頂きます」
    取引先の担当者(年配の女性.)はなぜか俺をニヤニヤしながら眺めている。
    『どうですか?お口に合いませんか?』
    「い、いや、甘ったるくなくて美味しいです」
    少し不安そうだった女性.は満面の笑みに変わった。

    女性.が帰った後、担当者は俺に質問をした。
    「どう、あの娘?」
    へっ?
    「さっきの娘よ。一度デートしてみない?」
    あ、はぁ、まぁ、いいですケド
    「じゃ、決まりね。今度の週末は空いてるかしら?」

    そんな感じで初デートを迎えることになった。

    1 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/03/05(土) 22:41:49 ID:mae
    親がめちゃ泣いてるww

    808 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/04/08(火) 21:46:38 .net
    俺と嫁の出会いを淡々と語っていく
    質問や意見は語り終わるまで流すぜ~

    当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった
    いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった
    そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた
    歳は高校生くらい
    まあそれが嫁だ
    嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた
    俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った
    それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった
    まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた
    それでも不思議に思っていた
    いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた
    それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた
    さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

    このページのトップヘ