美人

    894 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/01/21(火) 01:28:50
    終わったので書き逃げ
    俺42フツメン 嫁39超美人(過去形) 結婚20年
    子供 男(18)女(17)男(15)
    嫁とは仕事先で知り合った。女優みたいな超美人だった。
    俺は好きで好きでどうしょうも無くてデートもプレゼントも何でも望み通りにして付き合ってもらい
    一生幸せにする!と誓って結婚した。
    当時から高飛車だし馬鹿にされるし、他の男ともデートに行くし…でも子供が生まれれば
    幸せな家族になれると思って身を粉にして働いてた。
    おかしいなと思ったのは二人目の子が小学校に上がる頃。どうも俺に全然似てない。
    相変わらず男友達と遊んでる嫁だったけど、俺がタヒぬほど好きになって付き合って結婚してもらった手前、
    もしかしたら俺の種じゃない…?とか思ったけど考えないようにしてた。子供は俺に懐いてたしね。
    自体が転換したのが3年前、電車で高校に通うようになった長男が、学校帰りに友達と繁華街で遊んでたら
    嫁が知らない男と歩いてるのを見掛けたっていう。俺は表向き息子には「他人の空似だろ?」とか
    言ったけど、男遊びは見て見ぬふりしてたんだよね…っていうか考えないようにしてた。
    でも怪しい事に気付いた長男が友達と一緒に勝手に内偵?したらしく、宿泊施設まで行くのを

    926 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/02/17(月) 10:58:22 ID:xXo/UdCp
    もうタヒんじゃったけど、昔飼ってた雑種の雌犬「ナナ」の話
    大学の時、サークルで知り合った清楚系美人(A子とする)に告白され有頂天になって付き合ってたんだが
    A子を家に連れてきたらナナが尋常じゃないくらい警戒心をあらわにした
    もともと大人しい甘えん坊で初めての客や宅配便の兄ちゃんにもなでて?なでて?って寄っていくタイプだったのに
    さすがに吠えたり噛みついたりはしないものの「フッフッ」と鼻息も荒くA子の周りを遠巻きにぐるぐると回り
    自分の宝物スペースの確認に走ったりA子の一挙手一投足にびくっと過剰に反応したり忙しいのなんの
    俺から「人なつこい犬」と聞いていたA子はその態度に不機嫌になり「かわいくなーい」を連発
    俺としては今日こそ決めてやるぜ!と張り切っていたのだが結局何もできなかった

    21 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/21(火) 23:55:41 ID:vykUcxHB.net
    テレビ以外で、いわゆる成人女性.のぶりっ子を目の当たりにしたのが衝撃的
    うちの会社の別部署にヘルプに行った時、アラサーの可愛い女性.がいた。
    たしかに容姿はめちゃくちゃ可愛い。二度見するレベルで可愛い。本人もそれがわかってるからなのか、ぶりっ子しまくる
    しかし、私含む女性.に対してはマジで反応薄い。私が初めて挨拶したときも真顔で「あ、はい」終了。
    男性.社員や、男性.利用者(老人ホーム的なものを想像して頂けるといいかと)に対してはぶりぶりぶりっ子。
    例を挙げると、「ふみゅぅ……(凹む)」「ほむ!(よくわからん)」「じーーー…(見つめる)」をガチで声で発する。
    そして「○○さんと私、どっちが可愛いですかぁ??」って聞く。ちなみに○○さんはその部署の一番若い子。○○さんもかなり美人。
    聞かれた人が「○○さんかなあ」って答えたら、表情消して「趣味悪っ」と吐き捨てていたのを見てしまった
    なんであんな女が働き続けてるのか理解不能だけど、そこの上司(男)に上手く気に入られてるらしく、コミュ力は高いんだなあと変なところで感心した
    ちなみに私も地味ブスなりに絡まれた。「**さん(私)って彼氏っているんですかぁ?」
    結婚してるから、取り敢えず「(彼氏は)居ませんよ」って答えておいた。すると勝ち誇った顔してた。(ドヤ顔も美人)とにかく変に関わり合いになりたくない。

    981 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/08/25(金) 15:18:42 ID:Z1gzg7pH.net
    フェイクあり。

    私… 喪女。美術部
    A子…喪女。美術部
    B子…美人。帰宅部

    高校で知り合ってしょっちゅう3人で遊んでた。
    B子は誰もが振り向く美人で、イケメン歳上彼氏が代わる代わるできて、登下校は彼氏の車で、高校の中でもちょっと別格だった。
    なんで美人のB子が私ら喪女と仲良くなったかというと、笑いのツボや音楽の趣味が合ったから。
    高校卒業して、私とA子は別々の美大へ、B子は経済学の短大へ進学しても3人で遊んで、B子の彼氏のグチに笑ったり、B子も美大で起きた話に笑ったりしてくれた。

    大学卒業後、私はグラフィックデザインの会社に、A子はカメラマンアシスタントに、B子はなにかの会社の営業に就職した頃から、
    B子がおかしくなってきた。

    彼氏の話をする事があってもモテ自慢なんてしなかったB子が
    「彼氏にこんな高い物を買ってもらった。」
    「社会人合コンでチヤホヤされた。」
    とか、お前らより私はこんなに充実してるぞアピール話しかしなくなった。
    もともと美人のB子と私たちじゃ格が違う自覚あったから私もA子もポカーンって感じ。

    私やA子が仕事であった事の話をするとあからさまに欠伸したり話の腰を折ってくる。

    で、後でフェイスブックで
    「今日のごはんつまんなかったー!!」とか
    「あの時は言わなかったけど、高校の頃2人は◯◯で、本当クリエイター志望って常識ない」
    とか過去を蒸し返して私たちを攻撃してきた。
    そのくせ遊んで欲しがるので私もA子も
    「どうすればいいんだろう」って感じだった。

    887 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/09/22(土) 21:51:19
    俺「滅茶苦茶可愛いですね」
    嫁「!?」

    趣味の集まりの飲み会で嫁見た瞬間にドストライクで思わず声掛けてしまった。
    男女比が7:3くらいだったがほぼ全員嫁狙いの状態だというのを聞いていたが納得の可愛さだった。
    170cm越えでスリムなモデル体型。というかモデルw
    着てる服はゴス□リをちょっと抑えた感じ。

    二次会の途中でケーキを食べに抜け出し色々話した。
    しかし遠距離でなかなか距離が縮まらず、2年後に嫁から告白されて一回断ってから付き合い→結婚。

    相変わらず美人で30代半ばだが20くらいにしか見えん。
    昔からの友人達からのあだ名は魔女w

    522 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/02(日) 11:06:50
    この間PTAの集まりで、前から美人で裏山と思ってた嫁2人の旦那を初めて見た。

    一人は美人タイプじゃないが可愛くて若く見える。ショートの髪がよく似合う。
    スラっとした手足なのに爆乳。年は40くらいらしいが30過ぎくらいにしか見えない。
    で、その旦那はサッカーの中田ヒデ似で細マッチョみたいな感じ。体格もほぼ同等。
    有名大卒(東大早慶あたり)で大手企業の研究所で課長という話。

    もう一人は原幹恵をさらに良くしたような美人で笑顔が可愛い。年は30くらいらしいがとにかく美人。
    その旦那は身長180以上あって総合格闘技やってる人みたいな体格。顔は穏やかで爽やかな感じ。
    こちらも有名大卒らしいが自分で会社を作って経営してるとのこと。
    町内に幹線道路沿いの一等地に500坪くらいの庭付きでデカイ家があるんだが
    どうもそこが自宅らしい。


    美人嫁の旦那はブサやDQNが多いという話を聞いて内心wktkしてた俺は激しく打ちのめされた。

    344 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/08/15(金) 01:09:57 0.net
    ピザなコトメが私(骨太でややがっちり気味、BMIは標準範囲内)にたいしてデブだブスだと言うので
    「コトメさんは痩せたら綺麗になりそうなのにその体型ですもんねえ……
    本当、ウトメさんも旦那くんも顔立ち整ってるから痩せたら綺麗になりそうなのにぃ」
    って言ってやったらなんか全力でダイエットはじめた

    みるみるうちに痩せていって、本当に美人になった
    いやもう写真見比べて別人かと思うレベルで
    ダイエットの過程で骨太がどうのというのを知ったらしく、あの時はごめんなさいと謝ってくれた
    脂肪と共に黒い部分も落としたらしく、以前とは打って変わってすごくいい関係を築けてる
    デジカメとか携帯に残ってる写真をみては「もう2度とこの体型にはなりたくない」と自分に言い聞かせてるらしい

    484 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/01/08(水) 14:53:12 ID:pwJqpybP
    病気が治って退院したら自分が可愛いとわかった事

    三歳の時に病気で入院してからほとんど病院のベッドで暮らして来たような生活してた。
    13才で手術するまでは、家族と病院の人とテレビしか知らなかった。
    姉はいつも私に付き添いながら「(私)は可愛いから、大きくなったら美人になるよ」と励ましてくれた、母も同じ。
    看護師さんも大きくなったら~、と言ったけど どうせ私の手術時に暴れたり泣いたりの面倒がないようにする為だと思った。
    元気になって二年遅れて高校に入った時に自分が本当に可愛いかったんだと知った時すごく衝撃だった。
    理由は単純にモテた事と美容室に行くとヘアモデルしませんか、と毎回言われる事。
    自由に動ける身体って素晴らしい。
    但し胸はない

    847 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/06/29(日) 12:42:00 ID:???
    本州西端の田舎町から東京の大学に入学した。
    普通に可愛い子が多いので本当にビックリした。
    都会の子は、なんでもない感じで当たり前みたいに
    なんとなーく可愛い、作り込んでいないのに垢抜けてる
    本人達も、自分が可愛いなんて思ってないみたい。
    その上優しくて出しゃばりじゃなくてびっくり。

    私の地元では、
    美人とそれ以外で明確な線引きがあって
    美人側は、メイクばっちり!スタイル強調!
    ネイル、香水、ハイヒール!女優な振る舞い!
    オラあたいたちは美人だろ!!!オラァ!!
    という感じで、それ以外は地味良い子、
    オタク、ガリ勉で都会デビューを夢見る、
    そんな感じにだいたい分かれていた。
    (美人側が嫌な奴と言う意味では全くない)

    でも都会の可愛い子はなんて言うか、
    美人でしょ!!な感じじゃないのに可愛い…、
    宮崎あおいや堀北、綾瀬みたいな人もいる…。
    すごーい… って思ってた。

    やがて、その普通に可愛い彼女達が
    サイボーグなみに卓越した技術と
    日々弛まぬ地道な特訓を己に下してきた
    トップアスリート集団なのだと知った時が
    衝撃だった。
    あの「普通になんとなーくとっても可愛い」は
    並々ならぬ技術の結晶で、彼女達は
    言動全てセルフコントロールした上での
    なんとなくとっても可愛い、だった。
    化粧に二時間かける田舎のギャルや
    キャバ嬢とか目じゃなかった。

    あのド根性.の人達が企業人になれば
    力強い日本を作って行ってくれそうなのに、
    「おうちでちょこっと趣味を仕事にしている
    専業主婦」を目指すんだよね。居場所間違えてるわ…。

    513 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/04/09(土) 02:23:03 ID:nb5Acv4l.net
    新婦が一番不幸だった
    私はスカッとしたけどね

    新郎は女は自分の権力の象徴、アクセサリーと思ってるタイプ
    すっごい性.格が悪くて大嫌いだったけど、私の従兄弟だったせいで強制的に受付と裏方をやらされた
    新郎は昔から女を差別してブスに人権は無いと言ってたんだけど、招待客の中に悪友に混じってさんざん虐めてたA子が含まれてた
    我が目を疑ったが、確認しても確かにA子だった

    式当日、どうなることかとハラハラしたら、かつての悪友の一人と一緒に美女が来た
    昔視力が悪くて目の大きさが変わるくらいのメガネをしていたA子は、成長し、コンタクトをしてお化粧をしたらまごうとなき美女に
    新郎が散々自慢しまくった新婦よりも更に美人
    新婦は雰囲気美人みたいなところがあったけどA子は本物
    新郎が女性.から嫌われまくった結果、招待客の8割が男性.のゲストルームに
    淡いピンクのドレスを着て男性.にエスコートをされてやってきたA子は注目の的
    「A子凄いじゃない、頑張ったねえ、ほんとに頑張ったねえ」と伝えるとにっこり微笑んでくれた
    その後式では新郎に何かやれと強要されていたA子がヴィオラを可憐に演奏
    更にA子を連れてやってきた悪友によって「新郎はかつてこんな素敵なA子さんをイジメまくってたんですよ」と冗談めかして黒歴史を暴露
    昔の悪行を知らない人にまで知れ渡った結果、新郎新婦祝福モードは完璧に消え失せた
    新郎両親は震えており、新婦両親は新郎と新郎両親をギラギラした目で睨みつける
    式後もA子が主役のようになり、ひたすら新婦が可愛そうだった
    式前に新郎が悪友たちに「A子と新婦並べて新婦引き立てようぜ」とか言ってたらしく、悪友に無理やり実行された新婦が可愛そうでならなかった
    幸せそうに笑うA子と口元引きつってる新婦じゃもう絶対に新婦がA子の引き立て役にしかならなかったから

    このページのトップヘ