葬式

    532 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/08(火) 22:59:14 ID:H43Cppkt0.net
    小学6年生の時、不思議な体験をした。

    あまり幸せな話じゃないし、うまく言えなくて、まとまってなかったり、分かりにくかったりするかもしれないけど、誰かに聞いてほしいので書かせてほしい。

    659 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/27(水) 09:07:21 ID:dhpVAeUQ.net
    姪御さんが1歳にならずに突然タヒしてしまったらしい知人
    なんかよくあるらしい?原因不明で朝起きたら…だったらしい
    それは痛ましいことだし、話聞きながら同情してたけど
    「これがね、お葬式の写真なの」
    ってアルバム出された時はさすがに「いやどうしろと!?見るのこれ!?」と内心パニック
    赤ちゃんだし、文字通り眠ってるみたいで痛ましいけど…○体じゃん……写真って…
    本音はぎゃああやめろバカ!ながらなんとか平静を装ってアルバムを開いて
    視線だけさりげなく外し気味にめくってたら
    「ほら、ここの前髪がこんなにかわいくて…」
    って、確かに赤ちゃんだからかわいいけど、だからお棺の中の○体…

    なんとか終わってホッとしたら、2冊目が出てきた(涙)
    (涙)←ほんとにこの記号を使いたいほど泣きたかったんだよ…
    堪えて2冊目を見てるふりしながらうんうん頷いて終わらせる

    3冊目も出てきた
    なんかもう言葉もない体験だった

    196 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/02(金) 19:05:58 ID:4VG
    数年前に父が亡くなったんだが、その葬式の席で言われた事。
    父は複数の病を同時に患って二年ほど寝たきりになった後、帰らぬ人となった。
    二年の内、入院期間は転院を重ねて一年弱。その間、親戚はもちろん同業者も大勢お見舞いに来てくれた。
    で、葬儀の日。
    同業者の中でも父が一番可愛がっていた若者が来た。普段から自分こそが父の一の子分だと言ってたやつだ。
    そいつが開口一番、こう言った。

    「なんで病気が重いことを教えてくれなかったのか。教えてくれなかったから見舞いに行けなかった」

    母も俺もポカーン。いや、病名言ってあったよな。
    寝たきりになった時に噂好きの同業者も見舞いに来たから、近況も絶対伝わってたよな。
    そいつは重ねて言い放った。
    「ご家族が大丈夫大丈夫と言うから安心して行かなかった。
    仕事が忙しかったのもあるけど、そんなに危ないなら教えて欲しかった」
    危なくなければ見舞いに来ないのか、お前は。
    普通一年も入院してりゃどっかで見舞いに来られるだろ。
    お前一度も来なかったよな。
    とはいっても、本当に時間を取れない事情があったのかも知れないよな。
    それで取り返しのつかない後悔する事だってあるよな。
    そんな人を責めるつもりはないよ。父の付き合いに口を出すつもりもない。
    だがな。

    遺族のせいで見舞いにいけなかったと遺族に向かって言い訳するバカがいるとは思わなかったわ。

    一応書いとくと、父は最後の半年は危篤と回復を繰り返してて、微妙な病状だった。
    危ないと言えば危ないが、かといって明日にもあの世に行くという状態でもなかった。
    このまま少しずつ良くなっていくかもと家族も希望を持ってたから、最期は家族にとっても急だった。

    まあ自分の保身しか考えてないお悔やみの言葉だったな。
    口先だけの見栄っ張りが露呈したって他人は大して失望しねえよ。
    いいから黙ってひっそり恥を忍んどけ。

    907 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/10/10(木) 20:59:19 I
    いつもロムってましたが初カキコ。

    家庭柄色んな修羅場がありましたが、ふと思い出したのを。

    ウチは父、母、姉、自分、妹の五人家族。
    年始によく父と兄弟三人で父の実家に行ってた。
    つっても祖父祖母は亡くなってるのでいとことかに会いに。
    何故か母は毎年ついてこなくって、仕事が忙しいんだろうな。程度に思ってました。

    んで、毎回自分と十以上はなれたお兄さんとそのお母さんと食事をしてました。
    この時点で自分的にはいとこのお兄ちゃんとかと思ってたんですが
    いつも気まずい感じで、お兄ちゃんもおばさんもあまり自分ら兄弟とは話してませんでした。

    なんか、会うのやだな。程度に思ってたんですが
    高校生の頃、父が喪服を着て出かける準備をしてて
    「あら、葬式?」って聞くと父が「あ、うん。前の奥さんの。」

    この時点ではぁ!?って感じだった。父に前妻いたとか知らなかったし。

    「え、そんなん初めて知ったよ?」っつったら
    「いや、毎年会いよったや?ほら××(お兄ちゃんの名前)
    のお母さん」

    もう大パニック。イトコと思ってたお兄ちゃんは腹違いの兄。
    おばちゃんはお父さんの前妻。

    知らんかったし、父も前妻と息子の前に今嫁との子供連れてくなよ…
    母が来ない理由もわかったわ。

    他の人とくらべて対した修羅場じゃないけど。

    838 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/05/13(日) 06:19:37 ID:LcFdxDHv0.net
    26年間ずっと良い夫婦だと思ってたお

    妻は発覚する寸前まで、ずっと私に対して変わらずにいた
    母親としてもちゃんとしていたし、家事をこなしていた
    朝起きて、朝食頂いて、いつも笑顔で私を仕事に送り出してくれていた

    91 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/07/16(水) 00:51:57 ID:ukT/5r+N0.net
    酒の力借りて書く
    当時のスペック
    自分   31歳ー自営業2年目
    元カノ  27歳ー小学校の教師
    犬猫里親探しのボランティアで初めてあって、
    何度か打ち上げの席で隣りになって親しくなり付き合い始めた。

    510 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/04/15(金) 15:53:54 0.net
    去年の夏旦那の祖母が亡くなった。かなり暑い日ではあったし
    九十八での大往生だったので、和やかな宴席みたいな葬式だった。
    が葬式でミニスカート(一応黒だが胸もとからチュールで透けるところ多々あり))
    靴が8cmピンヒール(一応黒だがエナメル)でバックがシャネルで金具金色はまずいでしょう。
    しかもその人跡取りの嫁(義兄嫁三十二才)だったんです。

    跡取りと言っても、同居じゃ嫌でしょうとと義両親の計らいで
    便利なとこにある義父の持ち物のマンション住まいで
    義兄もまだ修行中で関連会社勤務。結婚してから一度も義実家へ正月やお盆でも
    顔を出さない人だった。それについて義両親の内心はわからないが
    表立って文句を言ってる風はなかった。

    通夜も義兄だけで義兄嫁は来なかったので、義兄は親戚に言い訳してた。
    具合が悪いとか言っていたよ。
    義兄嫁は葬式にも遅刻して来て、上記の格好だったわけ。
    すでに一般参列者の焼香が始まっていたから、義兄嫁に誰も言えなかったけど
    骨あげの前に義母が義兄捕まえて「嫁を着替えさせるか、できないなら
    二人で帰宅しろ。」と言ったらしいわ。
    着替えも帰るのも拒否した義兄嫁は、最後の精進明けまで居座った。
    何にもしないで飲み食いしただけだけど。

    779 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/11(土) 14:03:08 0.net
    義兄嫁の祖母のお葬式って出るもの?
    私たちが参列しなかったことを泣き泣き責められてる真っ最中でかなり不愉快
    義兄も出てないのに、なんで私が出なきゃいけない?
    こんなことなら義兄嫁位実家までの送迎頼まれたとき断ったら良かった
    ちょうどそちら方面に用事があったから仏心出したのがよくなったんだな
    次回は多分喪明けに、乗せてって言ってくるだろうから、用事もないし絶対断る!

    286 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/11/18(日) 11:09:11
    姉の結婚式での事

    新郎新婦、どちらも似合いの二人
    周りにも祝福され、めでたく結婚する事に

    そして式当日。
    多少新郎友人の悪ノリも遭ったけど、式は普通に進行
    無事終わりかけた頃、何と新婦の祖母が倒れた
    体調良くなかったのに、孫の晴れ姿が見たいあまりに無理したらしい
    すぐ病院に運ばれたが、祖母はそのまま亡くなった
    新郎新婦はすぐに新婚旅行をキャンセル
    祖母の葬儀に出席することにした
    特に新婦は祖母に可愛がられていたため、口も聞けないほど
    一番幸せな日に大変なことになったと落ち込む一同
    そこへとんでもない知らせが来た

    新婚旅行先に大津波が来て現地は壊滅状態
    もし予定通りに現地に着いていたら、
    新郎新婦は丁度津波の真っ最中にその場に居たはず
    式は不幸だったけど、お陰で新郎新婦の人生は不幸にならずに済んだ

    438 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/01/10(月) 13:27:55 0
    吐き出しとく
    文章力ないからおかしな日本語はスルーしてください
    もう十数年まえのこと
    伯父さん(独身)が亡くなった時、遠い親戚と紹介されてた人が来てなかった
    そこそこ頻繁に家に出入りしていた人だからおかしいなとは思っていた
    当時学生で暇と思われてた私が遺品整理を命じられた
    綺麗に整理された出来れば見たくなかった写真と手紙が出てきた
    伯父もその人もそんな雰囲気はまったく感じなかったのでかなり焦った
    どうしようか悩んだが、手紙にあった電話番号に連絡して取りに来てもらった
    ずいぶん憔悴して、お礼言われるやら謝られるやら
    葬式にも顔をだしたかったけど、どうしても行けなかったんだと
    伯父よりも年上の男に延々泣かれて、どうしたもんかと困惑した
    それからしばらく必要なことのみ連絡していた
    墓参りなど家族親類が行く日を教えて重ならないようにとか
    修羅話でなくてすみませんでした

    このページのトップヘ