ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~

🐶鬼女…2ちゃんねる 既婚女性板の事 🐶気団…2ちゃんねる 既婚男性板の事 🐶毒親…子供に対し悪い影響を与える親の事 🐶エネミー…自分の両親の味方になる夫や妻の事 🐶プリン…不倫の事 🐶ロミオ/ジュリ…恋愛小説で使われてそうな言葉で復縁を迫る男性/女性の事

    通報

    531 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/06/08(水) 13:19:23 ID:Wfi
    腹が立って仕方ないので、相談も兼ねて
    誰か、動物カフェ関係の通報ってどこにすればいいのか教えてほしい
    お休みを貰って人生初めての猫カフェに行ってきたんだけど
    でも人生でワーストってなぐらい嫌な日になってしまった

    行ったのは地元の口コミだと結構評判のお店
    社宅暮らしで動物が飼えないから行くまではとっても楽しみにしてた
    だけどもう入る前から危ない雰囲気だった
    こう、そのカフェが入ってる建物にむかって歩いていると少し手前からすごい動物の匂いがする
    こんなものなのかなーと思いつつ入店した
    入った瞬間、小学校のウサギ小屋を思い出すぐらいムッとする獣臭

    お店の中には店員さんが一人、小学生ぐらいの子ども連れとカップルが二組、それと大きなカメラを持ってる男忄生がいた
    それほど狭くないけど、猫の寝床みたいになってるカラーボックスが点在していたからか、少し手狭な感じがした
    おまけに猫たちはどことなく顔色が最悪
    お客もかなり異質な感じがあった
    カップルはそうでもなかったんだけど、子ども連れと男忄生がかなり違和感
    男忄生はカメラ構えながらずっとだらだら猫に餌をやってるんだよね
    ふつう、ご飯やお菓子ってお店側である程度制限が設けられてると思うんだけど、ずっと物を与え続けてる
    だから猫はその男忄生に独占されている感じだった
    子ども連れはといえば、かわいいソマリにかかりっきりで、ソマリがいやがって逃げようとしても子どもが通せんぼしたり
    お母さんが猫を抱き上げて子どもに与えたりする
    それをお店の人は見て見ぬふり

    651 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/08/13(木) 20:28:54 ID:qOTbGYoC
    女子高生だった頃、癡漢に集中狙いされてる友達がいた。
    泣きながら登校して来たのをみて、クラス全員がヒートアップ。

    次の日3グループに分かれてその子がいつも乗る電車に乗車。
    癡漢がスカートに手を入れた所で同じ車両グループが包囲。合図で前後の車両グループが移動。

    585 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/03/09(火) 20:53:18 ID:2M.hc.L1
    コロナ警察面倒クセェ…
    何で車乗って家に帰るだけでどこにも寄らないと言ってるのに「マスクして帰らない社員が居ると社外の業者から指摘がありました、車のナンバーは~」だよ。
    これとは別件で「業者の出入りが多いのに誰もマスクつけてないと近隣住民から通報がありました」
    ってあのさぁ。
    うちに出入りしてるトラックの兄ちゃんはほぼつけてないけどうちは指摘してねーよ。
    トラック乗り降りしてリフトで一人で倉庫作業やってる兄ちゃん達にマスクしろって何対策だよ。
    デカデカと業者名が入った長距離運送の10tトラックがコンビニやスーパーに寄れると思ってるのかアホか。

    つーかお前らうちの社員やトラックの兄ちゃん達の姿が目視できるってことはうちの会社の私有道路入ってるんだよな。
    通行止めにして通り抜け出来ないようにセメントで壁しようか本気で考えてるわマジ。

    15 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/05/28(月) 13:43:19 ID:uZJ
    流れ読まずにすみません。
    初めて書き込むので、色々間違ってる事があるかも知れないです。
    ご指摘・誘導、お願いします。
    あと、フェイクも入れたので辻褄が合わないかもですが、流して下さい。

    家の真近くに駐車場があり、我が家から見える。
    その駐車場に半年位前から見かけるようになった軽自動車について。
    まだ寒かった頃に長時間エンジンかけっぱなし(長い時で2時間)、中でDⅤD?テレビ?を見てるようで、音漏れが酷かった。
    管理会社さんに相談して、暫くは収まった。
    1ヶ月位して、音は小さくなったものの、エンジンかけっぱなしが時々あるようになり、ある日、夕方に帰宅したら、車中でキスしてるカップルが…
    友人に冗談っぽく話したら、「酷くなるなら警察に通報か相談したら?」と言われたのに、大事にするのも…と思い、様子を見ていた。
    更に数週間後、真昼間なのに車中でいかがわしい事をしている様だったので、管理会社に連絡、「車中での事なので、こちらでは対応出来ない」と言われてしまい、友人に言われた事を思い出し伝えると「(通報・相談)して下さい」との事だったので、警察に通報。
    もたついてたせいか、車がいなくなってから警察が到着。
    来て頂いた警察に相談した所、またこのような事があったら直ぐに通報して良いと言われました。
    しかし、年中見張っている訳にも行かないし、見たくもないものを張ってたくもないし…
    夜になると車の通りが少ないものの、住宅街で近くには公園もあるので、子供の目に触れる可能忄生もあるので、この状況は絶対に良くない!
    あまり人に相談できる事でもないけど、どう対処したらいい物か分からず困ってます。
    撃退とまで行かなくても、予防になる何かいい方法などありますでしょうか?

    588 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2006/09/08(金) 23:21:42 ID:dVeFFPOe
    大学の研究室で、夜まで残って研究してたら、
    やたらとうるさい。凄い叫び声とかが外から聞こえる。

    窓から覗いてみると、大学構内の芝生広場で、
    40~50人くらいが飲み会をしてた。
    まあ飲み会くらいいっかと放置していたが、
    0時を回ってもなお大音声で騒ぎ倒してる。

    周辺住民からの苦情で、
    大学構内とはいえ酒飲んで騒ぐのは禁止、
    と大学から通達が出てたことだし、
    1回だけ説教しにいって、それでダメなら…と思ったが、
    どうも叫び声の内容を聴くと、
    先に飲み会で馬鹿やって
    二人タヒなせてる糞部活らしいと判明。

    なんの反省もしてねえのかこいつら、
    1回の情けもかけるもんかと、
    警察に直で通報。
    こんな時間まで集団で暴れてる馬鹿がいる、
    うるさくて生活が妨げられてる、蹴散らしてくれ、と依頼。
    それから、警察が来たあとになるように、
    のーーーんびり時間をとってから、大学付きの警備員と守衛にも通報。

    自分は警察不信があるもんで、
    どーせ数人来て、口頭注意する程度だろうとは思ってたけど、
    まあそれでも警察沙汰になれば、
    当人らが、それ以上に大学側が、ちゃんと規制に動くだろうと思って。

    そんで、警察が来たら誘導しようと、大学の入り口へ移動しました。

    638 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/18(火) 21:43:08 ID:8UF0XOwe
    今更に>>1から読んでて、最初の方に話してた内容と似たような経験があったので。
    大学時代、学校で有名なタダ酒ハンターがいた(ちなみに学年は上)。
    ラグビー部の筋肉クズで、変なノリで乱入し飲むだけ飲む、食うだけ食う
    それで飽き足らず、酔ったふりして女の子の胸を触るという正真正銘のクズだった。

    ある時俺が幹事になったため、いい加減に鉄槌を喰らわせようと画策。
    全員先払い(会費制のパーティー風)にした事にして飲み会を開始した。
    で、いつものように変な歌をかまして変なテンションでノコノコやって来たので
    『今日は各自で先払いですから』と言うと、誰に言ってんだと言わんばかりの無視。

    そんでもって、お約束のたらふく食って飲んで、さてドロンと決め込んだので
    レジのスタッフ(知り合いです)に『お金頂いてないのですが…』と言ってもらって
    得意の『オレ○○部じゃないから』と十八番を披露したところでソッコーで交番に通報。
    その間、猛獣を何とか引きとめとくのが一苦労だったが、お巡りさんが来て好転。
    一気に大人しくなり『本当は今払おうとしてた』とか『知り合いだからオゴリと…』としどろもどろ。
    そして俺に『な、そうだよな』と助けての視線を送ってきたので『こんな奴知りません』と鉄槌!
    『嘘だろ!』と言う猛獣に『お前、○○部じゃねーって自分で言ったじゃん、知らん』と返答。
    それでとりあえず交番にお持ち帰りしてもらった。正義は勝ったとなってめっちゃ盛り上がったのだが…

    288 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/12/14(水) 21:39:29 .net
    夫が転職で海外行くんだが、夫を好きではないし海外なんか行きたくない
    なので頃合をみて、通報しようとしている
    夫は大昔から麻薬やってて栽培の装置やら種や葉や花を隠してるのも知ってる
    麻薬仲間は私にとってはただの良い友人な人も多いが、多分芋づる式に警察送りになるのは申し訳ないけど仕方ないな
    自分まで巻き添えに捕まらないように色々考えている、子どもいるので


    373: åç„¡ã—さん@おーぷん 2014/08/13(æ°´)08:54:56 ID:ymiMzemaz



    私が小学1年生の頃、母が出ていった。私は母が制服着た男の子と(たぶん高校生)と浮気しているのを知っていたので、母に不信感を常に持っていた。

    父は「どうして学生なんかと・・・」と涙していた。私を抱きしめ、「母ちゃんがいなくても、お前は立派な人間に育てるからな。楽しい所も連れていってやるからな。」と言ってくれた。



    私は21歳のときに結婚し、その二年後に父が死去。32歳のときにマイホームを建てた。このときまだ子供はいない。




    そんなときに母が私に接触してきた。どこからどのように情報を仕入れたかわからないが、マイホームに凸。

    旦那は困惑、私は激怒。だって、浮気相手の高校生の両親に無理矢理別れさせられ、勤め先の上司の息子に手を出し解雇、その後介護職に就いたが、鬱病を発症して仕事をしていないから養えだと。

    その日はとりあえずお引き取り頂いた。

    380:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2012/08/19(日) 14:49:29.02 ID:e9/qmLxQ



    うちは田んぼを貸してるからあげ米(お金のかわりみたいなやつ)貰えるため米を買ったことがない。

    買わないからお店でもよく見た事なかった。



    その日も米が無くなったけど明日米が来るからと買わずに冷凍してたご飯をチンして夕飯にした。

    冷凍ご飯があと1個しかなくて旦那の分のみ。

    当時2歳の息子は「おなかい~っぱい!」と言うので安心してたがご飯を食べてから2時間後くらいに「ごはんいるー」と言い出した。(ご飯好き)

    パパの分のごはんなくなるからパン食べようねって言ったら「息子のごはんないー!息子のごはんないー!」とギャン泣き。



    息子にごはん(米)食べさせてあげたいけど旦那の分が~ちっちゃいおにぎり作ったて食べさせてあげようか~でもそれじゃ旦那の分が足りない~!

    と思ってあわあわしてたのが第一の修羅場。












    米は500gから売ってるって知らなくて「明日お米150キロくるのに今日30キロも買えないよ~!お米っていくらくらいなの?」みたいな感じの事を考えてた。



    そのあと旦那にスーパーとかでご飯買ってきて貰えば良いんだと気付いてまだ「ごはんないー」ってギャン泣きしてる息子にごはんを食べさせ旦那にメールした。



    ぐすんぐすん言いながらごはん食べてる息子を見て落ち着いたところでピンポーン。

    旦那かと思って「ごはんごめんねー」と玄関開けたら警察wwwww 第二の修羅場が始まりだった。

    (゜д゜)ゞ「子供にご飯食べさせてない、子供が凄い叫び声をあげてると通報あったから来た(要約)」なん…だと?



    違います!お米がなくてですね~

    と言い訳中息子が来て「息子のごはんない」と俯き加減に警察に報告 。もうなんか凄い悲しそうに報告。警察私を疑う。

    ごはん食べたよねっ?ねっ?と息子に「ごはん食べた」と言わせようと必死な私を見て警察更に私を疑う。

    涙目で誤解を解いて帰って貰った。

    その後帰ってきた旦那に話したら爆笑された。笑い事じゃないよ…。



    翌日、数人に「お子さんにちゃんとご飯食べさせてあげてね」と言われたのが第三の修羅場だった。マンション住みだけどどこまで聞こえてたんだろう…orz



    くだらないけど私の中では凄い修羅場だった。

    それ以後 米が切れないようにしてる。チンするご飯は非常食だと思ってたんだけどご飯足りない時に便利で感動した。

    72 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/16(日) 09:26:05 0
    私が18歳の頃、父親の様子が明らかにおかしかった。
    夜は寝ないし目は虚ろで、一緒の家の中で生活しているのに、母に対してス㋣ーカー行為。
    気に入らない事があれば、毆る蹴るのDⅤが始まる。
    私は、その光景を妹達に見せないように外へ連れ出すのに必タヒだった。
    これが2・3ヵ月に1回のペースなら、まだ誤魔化せたかもしれないが、殆ど毎日続き精神的に参っていた。

    そんな時、父の豹変の理由が判明した。

    このページのトップヘ