道に迷う

    576 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/12/04(水) 01:51:48 0
    しょぼいけど。大阪へ転勤になって車で新しい家に行く時の話
    初めての町&下町のごちゃごちゃした道で助手席の嫁が地図を読み、
    俺が運転してた。因みにオンボロだからナビはない。
    目的地は近くなんだが曲がる角がわからない。
    かなりゆっくりした速度で運転してたら遮断機で足止めされた。

    で、ふとバックミラーを見たら後ろにはいかにもなデコトラが。
    そしてそこに乗っているパンチパーマで色付き眼鏡の
    オッチャンがバタンッと勢いよくドアを開けて降りて
    肩で風切り一歩一歩こちらの車に近づいてくる。
    あ、やべえ杀殳られる。と瞬間的に悟った。
    ヤバイ。後部座席にはよだれ垂らして寝てる可愛い我が子が!
    助手席には愛しの嫁が!守らねば!っつーか平身低頭謝らねばっ!
    と、頭ん中でパニックになってたら睨み効かされつつ
    ウインドウをコンコンッと叩かれた。

    覚悟を決めるしかないとウインドウをさげた次の瞬間
    『自分どこいきたいん?まよっとるんやろ?』
    …怒られなかった。
    「あ、えっとここなんですが」
    と、地図を指差すと、事細かに場所を
    教えてくれた。
    「ここはじめてか?わかりずらいやろ~!
    ほなきぃつけてや」
    と言ってトラックに戻っていった。
    人は見かけによらんと感動したけど
    トラックからこっちに向かってくるのを見たときは
    脳内妄想修羅場だった。あと嫁と自分も心臓ばくばくで
    結局オッチャンの説明覚えてなくその後長いこと迷ったのもプチ修羅場。
    大阪離れるから記念カキコ

    424 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/03/27(木) 09:55:16 ID:qOCUNpCo.net
    花火大会のよく見えるマンションに引っ越したのでホームパーティーを開き、高校時代からの友人らを呼んだ。
    そのうちの一人(A子)が当日仕事なのでパーティー開始時刻に少し遅れる可能性.があると言ってきたので、
    他の参加者の家が少し遠いので飲み食いを花火の始まる前からして花火が終わったらその子が帰るけど
    それでもA子がいいなら問題ないと返事をしたところ、いいという返事があった。
    直後に突然彼氏(一応同じ高校卒だがほぼ面識なし)を連れてきたいと言ったのでこれもまた了解した。

    するとその直後に車で行きたいと言いだしたが、うちは場所柄車で来ても駐車場が確保できない旨を説明し、
    うちの周りは入り組んでいて迷うし徒歩20分近くかかるけど先に消えている人がいるので迎えに行けない。
    最寄駅では花火の直前にタクシーが拾えるとは思えないから、
    最寄駅の少し手前の駅からタクシーで来るように言ったところメッセージの返信が途絶えた。

    返信が無いまま当日になったので結局どうするのか質問したところ、「え?車で行くつもりだけど」などと言われ、
    無理だと答えると「じゃあ間に合わない」と言いだし、直後に「最寄駅でタクシーを拾う」と言い連絡が途切れた。
    結局最寄り駅でタクシーを拾えず彼氏と二人で歩いてきて「迷った」と言いながら終始不機嫌だった。
    しかも招待していた友人全員と「(料理と食前酒と普通のビールはこちらで用意するから)お酒を持ってくる」
    という約束をしていてA子も快諾していたのにA子らだけは何も持って来ず、
    飲み食いしたうえで花火の最中に「(私が)友達が少ないと思ったからせっかく来てやったのに」
    とA子が彼氏に話していたのを聞いてしまいくよくよ悩んだがFO。

    後日談だがA子の小学校の頃からの友人のB子(私とは高校からの友人)と先日飲みに行ったところ、同じ頃にB子もA子をCOしていたことが発覚。
    しかもB子がA子をCOする数年前にA子が「友達は利用するための存在」というような話をしていたことを教えてくれたのでFOして正解だったと改めて思った

    209 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/05/28(木) 21:42:06 ID:825cseyP
    趣味で炭焼いてんだけど、山菜を採りに来て迷った連中をおとしいれるのがもう一つの趣味です


    叔父んとこの炭焼き小屋なんだけど、叔父が腰を痛めてからは時々暇な時に焼いてる
    大体春と秋
    山の中腹にあるんだけど、一族代々凝り性.なのかそうとう快適な空間が出来上がってる
    来るまでの道も舗装まではしてないけど、普通に軽トラ通れるし
    電線、水道は引いてないけど、近くの沢からひいた水があるし、その水を利用した水車となぜかあるソーラーパネルで明かりと携帯や電池の充電くらいはできる

    それで小屋のある山は町から山1つ越したとこ(村にしか見えんけど、自称町)
    で、道がしっかりしてるからよくハイカーやら山菜泥やらがくるわけよ
    ちなみに俺や叔父が入っていないときは、道の入口にあたる場所に杭があって車は入れなくなってる
    入口にはちゃんと「ここより先私有林立ち入り禁止 山菜、猟禁止」みたいな看板がでかでかと立ててある

    でも、みんな入ってくるわけですよ
    古くからいる連中は暗黙の了解的にすみわけができてるからまず入ってこない
    入るのは新参かよそからきた連中

    317 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2004/06/22(火) 14:41:00 ID:IG0DN0zF
    初めての土地を一人で旅していて道に迷い、ジャングル並みの草むらに入り込み、
    草を掻き分け掻き分け歩いて、やっと視界が開けたと思ったら、真下が海の崖だった。
    真夏なのに一気に汗が引き、ガクブルで後ずさってなんとか大きな道に出て、
    人っ子一人いない道を歩き続け、遥か彼方の草むらに白い服を着た人を発見。
    「助かった…」と気力を振り糸交って近づいてみたら、ヤギだった。
    命の危険を感じたのは初めてだった。

    このページのトップヘ