閲覧注意

    324 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/02/13(月) 14:30:51 ID:PPd
    汚い言葉遣いや暴力表現が出てくるので、そういう言葉が嫌いな方はスルーで…

    私は他人から何か被害に遭った時に、"脳内"で罵詈雑言を吐いたり、暴力を振るって溜飲を下げている
    (ブ○、デ○、ヒョロガ○、ゴミク○、クソ○キ、○ジィ、○バァ、基○外、○沼、○ね、等ありとあらゆる
    罵詈雑言を吐きながら顔面殴ったり玉踏み潰したり刃物でメッタ刺しにしたり線路に向けてドロップキックかましたりetc…)
    勿論私に何もしてきてない人に対してはこんな事は思わないし、面倒な事になるだけなので口にも出していない
    ただムカつく事があった時に"脳内"で罵倒したりぐっちゃぐちゃに杀殳したりするだけ
    (勿論実際にやろうとは微塵にも思わない、あくまで溜飲を下げるため)
    正直ただの卑怯な小心者だと自分でも思うが、とりあえずはこれで溜飲が下がるから自分的にはまぁ良しとしていた

    先日、友達と飲んだ時に自分達が実際に会ったムカつく人間についての話になった
    そこで私は上記のストレス発散方法を言ったのだが、友達の内の一人が
    「そういうの性.格悪いから直した方がいいよ~?」と言ってきた
    上から目線ぽくて若干イラっとしたが、罵詈雑言の内容で不快にさせたのかな?と思い一応謝った
    そうしたら、「言葉自体は別に良い、ただどう見ても性.格が悪いから直した方がアンタのためだ」と急に説教かましてきた
    それを聞いてかなりカチンときてキレそうになった(火に油を注ぐだけだから我慢したけど)

    例えば被害に遭った時に、実際に文句を言ったor罵倒したor相手に暴力や仕返しをしたのなら性.格が悪いと言われても仕方ない
    しかし私は実際リアルでは何もしていない、"脳内"で罵詈雑言を言ったり暴力を振るっているだけで、
    傍から見たらただやられっぱなしで何も言わないおとなしい人間
    なのにこれで性.格が悪いだぁ?はぁ??
    じゃあ、あれですか?電車で座って寝てる時に顔面にカバン当てられても、電車降りる時に後ろからタックルかまされても、
    街中の映画のポスターを5秒見てただけでナンパされても、酔っ払いや精神障碍者に道でしつこく絡まれても、
    バスで毎停留所事に降りもしないのに降車ボタン押す奴に遭遇しても、会社でお局に散々物を壊されまくっても、
    スーパーで立ち止まってて子供が寄生をあげながら走り回って自分でぶつかってきたのくせに私が親に怒鳴られても、
    エスカレーターで前の人が急にもたついたせいでタイミングずれてやむなく1段空けられず
    ぴったり後ろの段に乗っただけで「キモッ!」と公衆の面前で4~5回叫ばれても、
    ぜ~んぶ文句1つも言わず思いもせずに許せってか?笑顔でいろってか?
    そんな聖母マリアみたいになれるか!!そんなんじゃこの土地でやっていけんわヴォケ!!!

    …って思ってはいるけど、何分小心者だから性.格が悪いとか面と向かって言われると若干凹むorz
    ただやっぱり、「思考がクズだ」とかなら納得出来るけど、「性.格が悪い」なんて言われるのは納得がいかないし、
    これが私の唯一のストレス発散方法なのに「直した方が良い」なんて正直余計なお世話なんだけど…

    どうなんでしょう、"脳内で"こういう事をするのは「性.格が悪い」のでしょうか?
    あと、その友人に「アンタみたいな奴他にいないよ!」と言われましたが、
    (ここまで酷い言葉や妄想内容じゃなくとも)こうやって溜飲を下げている人っていないのでしょうか?
    あっ、自分でも心配になって精神科にも行きましたが、検査で何も引っ掛からなかったので精神障碍ではありません

    784 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/19(水) 17:33:57 O.net
    後味悪いので注意

    私は自分の名前があまり好きではなく、10年と少し前に成人したのを機に改名した。
    いわゆるDQNネームとかキラキラネームではないんだけども、花子(えみ)といった感じで漢字とふりがながそれぞれ別の名前になっていた。
    だから間違われてばかりの人生で、うんざりしていたので親に黙って改名した。
    親に名前について文句を言った時、「いい名前じゃないの」と返されたこともあって親には絶対に反対される!と当時の私は勝手に親をDQN扱いしていた。

    そうして改名(漢字とふりがなのうち片方に合わせるという形)したんだけども、改名したことを親に伝えたら母が狂った。
    激怒とか号泣とかじゃなく、ただただ狂った。
    「ごめんなさいごめんなさい」と狂ったように繰り返した。
    それまで普通のどこにでもいる母だったのに家事も仕事もできなくなって自傷行為を繰り返しながら引きこもるようになった。
    鉛筆とか化粧用品でも無理矢理傷口をぐりぐりするので家の中からいろんなものを捨てた。

    父から聞いたんだけども、母にはふたりの姉がいて私が生まれる前に母と三人で交通事故に巻き込まれて亡くなったんだそう。
    その際にふたりは見るも酷い状態になっていたとかで、当時の母は今と同じ状態になったとのこと。
    そして私の名前はふたりから取ったものだった。母の姉の存在は知っていたけども名前までは知らなかった。
    私を姉ふたりと重ねているわけではなかったんだけども私の名前は「拠り所」のようなものだったらしい。
    当時、母は姉ふたりからしか愛されておらず、両親や親族は姉ふたりだけを溺愛して母を虐げていたのも母が狂うに至る一因だろう、とのこと。
    すっかり普通のお母さんだったので父も母が未だに立ち直れずにいるとは思わなかったそう。

    その後母は帰らぬ人となって、父も母を助けられなかったと悔いてそのまま事故タヒした。

    何故改名したのか、何故名前の由来を聞かなかったのか、聞かれなくとも教えてくれてもよかったのではないか。
    自分と父、母を責めて責めて責めてばかりの10年でした。
    これからもこのままなのかな、と思うともう疲れた。

    ごめんなさい

    143 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/11(土) 14:21:09 ID:cu2I4W540.net
    嫁の49日が過ぎたのでうさ晴らしに記念書き込みです。

    ・報告者の年齢職業 37歳 教員
    ・嫁の年齢職業 36歳 教員
    ・婚姻期間 11年
    ・子供の人数 4歳(男)
    ・間男の年齢職業 20歳 学生(俺の元教え子)
    ・過去の不倫の有無 俺無 嫁は不明
    ・タヒんだので自動消滅です。

    341 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/02/17(金) 01:08:58 ID:W++mbTjW.net
    爺ちゃんが拷問のプロだったこと。

    小学生の時、いじめられっ子の俺は日々イジメに耐えていたのね。で、ある冬の下校途中にイジメっ子数人に凍てつく寒さの川に落とされた。
    もがいたけどカラダ全身に針を刺されるような痛みで失神。目が覚めたら病院のベッドにいた。ベッドの傍らには両親と祖父母。

    たまたま、俺が川に落とされるところを目撃した大学生の方が助けてくれたらしい。

    つづく

    838 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/05/13(日) 06:19:37 ID:LcFdxDHv0.net
    26年間ずっと良い夫婦だと思ってたお

    妻は発覚する寸前まで、ずっと私に対して変わらずにいた
    母親としてもちゃんとしていたし、家事をこなしていた
    朝起きて、朝食頂いて、いつも笑顔で私を仕事に送り出してくれていた

    226 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/05/20(木) 10:41:54 0
    流れは読めない。

    私が出張中にバカ夫が遠距離別居中のトメを夫婦の自宅に上げ、家事をしてもらってた。
    夫もかなり多忙なため仕方がないことかもしれないが事前に断りも何もなかった。
    というか、ばれなきゃいいと思っていたらしい(私が出張に出るたびに新幹線の距離を呼び出し&その間ウト放置)

    うまく書けないので箇条書き。
    ・ たまたま出張が1日早く終わり、驚かせようと思って昼過ぎに帰宅
    ・ ベランダ(道路に面していてご近所から丸見え)に派手な下着がたくさん干してあった
    ・ 玄関上がるとトメが当然のように家事をしている
    ・ 「あんな派手な下着、恥ずかしい、恥を知れ」と延々罵られる(ご近所に見えるように干していたことは棚上げ)
    ・ 夫帰宅、トメは「こんな恥ずかしい下着云々~」(勝ち誇った顔で)
    ・ 私「これは私の下着ではありません」(サイズも違う)
    ・ 夫を問い詰めたところ、マッチング系サイトで使用済み下着を購入していたことが発覚
    ・ しかも、相手はほとんど高校生、中には中学生も。全部、「直接会ってその場で脱いでもらって」から購入したもの
    ・ 更に、その内の何人かと肉体関係を持ったことも認めた(携帯を取り上げ、証拠写真を見つけた)
    ・ 何もかもが気持ち悪くなって、その場で離婚を突きつける
    ・ 泣き付かれてぐだぐだ→結局弁護士を立てる→話し合い→こじれる(警察沙汰)→更に話し合い→半後やっと離婚成立

    トメが何もやらかさなかったら、多分気が付かなかった。
    夫を問い詰めて「使用済み下着購入」のくだりでトメ真っ青。夫、吐くまで号泣。
    それでも世間体を気にして離婚を渋った。ばっかじゃないの。

    最後の話し合いのときになぜか当然のように元夫と一緒に弁護士事務所まで来た元トメに、
    「夫婦の自宅を家捜しするような姑は最低だと思ってましたけど、今回ばかりは本当に心から感謝しています」
    と言ったときトメの顔色が紙のようにサァッと白くなったのが、心の底からスカッとしました。

    元夫?未成年に手を出すような犯罪者で変質者の顔なんて、視界に入らなかったのか覚えてません

    65 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/06/28(土) 00:18:02 0.net
    旦那ウト公認dqnをば

    トメご自慢のXperiaスマホ&タブレット、Nexus7とサーフェスでネットを使えなくしたった。パソコン系に詳しい()私!のトメでも流石に無線LANで足止めを食らっているとは思ってないだろw 私達は繋がってるしね。

    91 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/07/16(水) 00:51:57 ID:ukT/5r+N0.net
    酒の力借りて書く
    当時のスペック
    自分   31歳ー自営業2年目
    元カノ  27歳ー小学校の教師
    犬猫里親探しのボランティアで初めてあって、
    何度か打ち上げの席で隣りになって親しくなり付き合い始めた。

    583 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/03/06(日) 12:57:16 ID:coM
    リアルでは言えないので吐き出させてください。
    酷い暴言かも知れません。不愉快になられる方もいらっしゃると思います。
    最初に謝っておきます。ごめんなさい。

    震災から5年と言う事で、被災者の現在の心境等が各局で流されている。
    その中で防潮堤についての町の人々の不満があった。
    町の景観がとか海が見えないとか・・・気持ちは分かる。
    きっと以前は素晴らしい景色の中で生活してたんだろうし。
    でも「あんなもんいらん」という言葉にイラッとした。
    その町は海から少し離れたところの土地を嵩上げして町を作る計画で
    切り崩した山の土を運んで住宅地を造ろうとしているのだが、
    それについても「あんなところに町はいらん」と。
    私なんかには分からない複雑な気持ちもあるんだろうとは思う。
    でも。

    震災の直後、幸運にも夫が買った宝くじが当たった。
    2等1000万。
    リアルで言えないのは、この件もあるからなんだけど
    私たちはそれを2つの団体に寄付した。
    惜しくなかったと言えば嘘になる。
    でも夫と話し合って、まさか本当に当たるとは思ってなかったし
    アテにしていたお金ではないから、なくても生活に支障はない。
    いわば“あぶく銭”。だったら寄付しようってことに。
    ところが、それから半年後、息子の難病が発覚した。
    その為に私はパートを辞めざるをえなかった。
    ああ、寄付なんてするんじゃなかったという思いと
    そんなふうに思ってしまう自分の心の狭さに葛藤もした。
    それでもあの1000万がきっと役に立っていると思ったから
    あれで良かったんだと思うことができた。
    それは強制されたわけでもなく、私たちが自分の意思でやったことだから
    恩に着せるつもりもないけれど、
    多くの寄付金や多くの税金を投入して、
    二度とあれだけの犠牲者を出さないようにとやっていることに対して
    「あんなもん」「あんなところ」という言い方をされてしまうと
    復興が遅いだのなんだの文句も言うなと思ってしまう。

    言い過ぎだったらごめんなさい。

    781 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/07/12(木) 10:18:50 ID:wxU5nN7E
    小学校にあがる前のこと、母と一緒に電車で病院に行った
    向かいの座席を見ると、端の方に白い杖をついた男の人が座っていた
    母に「おじーちゃんじゃないのに杖を持ってるよ」と言うと、
    「目の不自由な人なんだ」、「変だって言っちゃダメだ」と耳打ちされた

    そうかと思い、あとは外の景色を見たり、吊革の揺れ方を見ていた
    母は居眠りを始めてしまったので、自分は
    「早く降りる駅が来ないか」と静かに座っていた

    次の駅で三人の女子高生が乗ってきた
    三人は盲目の男性.と少し間をあけて座席に座り、
    大きな声で話を始めた

    しばらくして女子高生が膝の上に乗せていたカバンを
    座席の横に置こうとしたら、そのカバンが軽く男性.にぶつかった
    女子高生はハッとして男性.の方を見たが、逆に男性.の方が
    「すみません」と、何度も頭をさげて申し訳なさそうに謝っていた

    それを見た三人は顔を見合わせ、なにかコソコソと話し
    一人は男性.の隣に密着するように座り、あとの二人は
    男性.の前の吊革を持って立ちふさがった

    そして三人はワザと男性.の身体にぶつかり始めた
    女子高生がぶつかるたびに、男性.は「すみません」を繰り返し、
    その身体を小さくしていた身体を小さくしながら何度も謝る
    男性.を見て、三人はずっとニヤニヤしていた

    すると酔っ払いっぽいおじさんが「なにしんとんじゃぁああ!」と一喝し、
    女子高生の一人をひっぱたいた
    逆切れして食って掛かる残りの2人の髪の毛を掴んで引きずり倒し
    説教をはじめたと思ったらゲロを吐いた。
    吐瀉物まみれの女子高生を残し、おっさんは車掌さんに連れて行かれた

    このページのトップヘ