阪神大震災

    322 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/09/25(木) 12:49:55 ID:PvgiapBJc
    母にとってのたぶん修羅場w

    阪神大震災の時、私が住んでいたあたりは殆どの家が倒壊・半壊で
    近所の人達と共に公園で野宿していた。
    しばらくしてから食料品や生活用品などが支給されたけど母が元気がない。
    そりゃあやっと手にいれたマイホームがあんなことになれば元気もなくなるよなぁと思っていたが
    実はそれが理由ではなかった。
    父が一生懸命慰めてたけど聞く耳持たずって感じだったのでついに父がキレたんだが
    それに対して母が言った言葉が衝撃だった。
    「パソツに噛まれる気持ちがあんたにわかってたまるかっ!」
    パ・・・パソツに噛まれる・・・??? 意味分からん。
    が、それを聞いた姉が爆笑。
    姉にはすぐ分かったらしい。
    「だからダイエットしろっていつも言ってたじゃん!」って。
    要するに、支給される下着は大きいサイズでもせいぜい3Lぐらいで
    達磨体型の母の5Lの尻にはキッツキツだった。
    それでも汚れた下着よりはマシだと無理矢理穿いていたらしいが
    股のゴムがぎゅうぎゅう食いこんで痛くて、でも恥ずかしくて言えなかったらしい。
    だからって“パソツに噛まれる”ってwww
    結局姉が3Lのパソツのゴムを抜いて切りこみを入れるという機転をきかせて乗り切った。
    ちなみにあの震災のあと、5年ぐらいの間に母は20キロぐらい痩せたらしい。

    570 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/01/18(金) 14:14:58 ID:qi3jxdPi
    阪神大震災で思い出した。
    当日まだ被害も分からない地震直後に、弟が彼女を助けにバイクで飛ばして行ったら
    全壊して家族全員下敷きになっていたらしい。
    声をかけながら夢中で掘り返すと、家具の配置が良かったのか奇跡的に助けられた。
    聞くと前日に母親が急に模様替えをしたとのこと。
    そしてその母親だけが即タヒ…

    避難所生活を送る彼女さん一家をうちの家族が半年ほどお世話しに行ってたんだけど、
    何故か彼女さんの父がうちの母(未亡人)に惚れてしまうという仰天展開にw

    今思えば吊り橋効果的な何かだったんだろうけど驚愕した。

    768 :ぽめぷー速報 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/09/30(月) 02:28:08 ID:xe02L5rX
    スレ違いかもしれないけどここに落とします。
    長文でごめんなさい

    始めての会社での出来事、関東の学校を卒業して大阪の会社に就職した。
    四月に入社し関西の事情や裏の話、世の中の汚い事すら詳しくわからないまま
    次の年の一月に入った。
    そして阪神大震災
    会社の寮ということもありすぐに会社へ出てみた、机の上の物や棚がひっくり返っていたが
    とりあえず他の者が来るまで待っていた。
    車通勤ということもありほとんどの社員が出勤してきたが兵庫県から通っている課長が来なかった。
    そしてテレビ等で映像を見て状況に驚き、課長の安否を皆心配していた。
    そうしたら午後に専務が訪れ「本人は大丈夫」との事、
    専務はニュースを見て課長の事が気になり確認しに行ったそうです。、
    山登りが趣味とはいえ専務は堺から課長の家に歩いて行き安否を確認して会社に出てきたそうだ。
    しかし「課長の家は全壊している」との話も
    そして課長を支援する空気が自然に全社に湧いてきた。
    翌日には取引先にも広がり皆課長を支援しようとなった。
    そして地震から三日後、支援部隊結成して課長の家へ、
    陸路はダメだったので取引先の台船を使い近くの川から陸揚げ、
    人は動けるところまで列車に乗り、そこから徒歩・・・20キロぐらい歩きました。
    駅から課長の家に向かうにつれ阿鼻叫喚の世界が広がって来ました。
    課長の家に着いたら2階建ての家が完全にぺちゃんこ、奥さんは無事だったそうですが
    病弱だった親父さんが助け出されましたが亡くなったそうです。

    このページのトップヘ